01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

SNSの見直し

2020/07/25
新型コロナのせいで外出自粛が続いた。今もむやみに出かけることは避けている。
幸い、家にいてもできる趣味というか、やりたい事もたくさんあるので、「外出できなくて辛い」ということもないし、「人と会えないから寂しい」というこもない。もともと一人でも楽しめる人なので。

ただ、人との付き合い方を考えるきっかけにはなった。
今は直接会わなくても、遠くの人とでも、簡単に連絡がとりあえて会話(声だけじゃなく文字でも)もできる手段がたくさんあるのはありがたい。

それだけに、私もいろんなSNSに手を出して、それぞれを使い分けてきた。そして、ずーっと家にいるのでいろいろ考えることもあり、SNSの見直しを考えるようになった。自粛期間中に断捨離に精を出していたことも関係する。断捨離はモノだけの話じゃないってね。

過去にはfacbookをやめちゃったこともある(アカウントは残してあるけど、最近はいっさい見てない)。
そういえば中国の微博にもアカウントがあったんだけど、あれももはや生きているんだかどうだか?全くアクセスしていないのでわからない。削除の仕方もよくわからないので放置している。アカウント登録に使ったメアドもそれ以外には全く使っていないフリーのアドレスなので、いざとなったらメアドごと削除しよう。

微博を見なくなったことでもわかるように、興味の対象もどんどん変わるんだよね。私の気が変わりやすいというのもあるけど、こうして外に出ず、人にも会わないでいると、入ってくる情報にも変化があって、それによって興味の対象や深さも変わってくる。

漠然とした話で申し訳ない。ともかく今やってるブログとかインスタグラムとかツイッターとか、あと何があったかな?それらの見直しをしようと思ってますという話でした。

お友達もブログの更新やめちゃった人が多い。あ、やめたんじゃなくて、私同様「長いお休み」なのかな(笑)
14:36  ◆デジタル | コメント(2)

ついにフリマアプリ デビュー

2020/07/20
またまたまたブログ放置。
なんと、びっくり!二ケ月近くも更新なしでしたよ!

あいかわらず、仕事と近所への買い物以外、ほとんど外出しないで過ごしている。人とも会っていない。
娘が引っ越しをしたので、その手伝いに行ったくらいかな。

前回のブログで「家を片づけている」と書いたけれど、断捨離も勢いづいて、ついにフリマアプリデビュー!
前々から「やろう、やろう」と思っていたのだけど、なかなか勇気が出なかった。始めるのはいいけど、ちゃんとやれるのか?売れたものの梱包だの発送だの、買ってくれた人とのやり取りだの自分にできるのか?不思議な「マイルール」も存在するらしく、そういうのに振り回されてストレス感じまくりになるんじゃないのか?なんていろいろ考えて踏み出せなかった。

でもね、ようやく一歩踏み出せたよ。
某SNSで見知らぬ人たちと同じテーマでワイワイやってて(別アカ作っちゃったもんね)、そのお仲間たちの頑張りを見て、背中を押された。

我が家にはもともとブランド物もお宝もないので、たいした物も出品できず、売れても入るお金はスズメの涙。でもそんなことより家の中から不要品(特にどう処分していいかわからない物)が減っていくのが快感。当分の間はこれに熱中するので、もうしばらく引きこもり生活が続きそうです。
23:24  ★Housekeeping | コメント(0)

家がきれいになっていく♪

2020/05/24
25日にも緊急事態宣言が全面的に解除されるのでは~と言われている。
私は「大丈夫なのかな?」と少し不安に思うけれど、「助かった!」と思う人もいるのだろうな。

5月頭にパートを辞めて、派遣の仕事も入れないでいたので、ここ三週間ほどほぼ無職となった。最初のうちはボーっと過ごしてしまう日が多かったが、だんだん慣れてきて今ではすっかり家にいる生活を楽しんでいる。「楽しんでいる」というのはちょっと違うか。別に映画を観たり読書したりお菓子作りしたりなんてことはしてなくて、ひたすら家の片付け&掃除をしている。それがちょっとおもしろくなってきた。

今までが汚な過ぎた我が家なんだけど、その自覚はあるものの見て見ぬふりをしてきた。それが「明日もあさっても何も予定がない。出かけなくていい。」という毎日になって、ようやく本腰入れて片付けようという気になり、あちこち手あたり次第に引き出しやタンスの「全部出し」をして整理をし、不要物の処分をし、そして掃除をしている。
もちろん大の掃除嫌いなので最初は仕方なくやっていたんだけど、家の中が少しずつキレイになっていくにつれて楽しくなってきた。

マスク作りのために久しぶりにミシンを出したのをきっかけに、カーテンを縫ったりして、これまた楽しい。

そのうち気分がのってきて、部屋の大模様替えをしたいと大それたことを考え出してしまいましたよ。おいおい。
結局、手をつけたまま途中で挫折しそうな気がしないでもない。6月からは仕事に行くことにしているし、今みたいにもう自由な時間はなくなる。束の間の「毎日が日曜日」だったなー。家がきれいになっていくとはいえ、まだまだ手付かずの個所がたくさん残っている。大模様替えはとん挫しそうだな。

でもまあ、せっかく気分がのっているので、やれるところまでやってみる。実は模様替えや大改造は今までも考えなかったわけでもなく、それどころかあれこれ材料を買ったりもしていて、なので敢えて買い出しにいかなくても材料は揃っているのである。

「家の中を整えると気持ちがいい」という至極まっとうな感情を、STAY HOMEのおかげで思い出した。「いや、それ、ちゃんと整ってから言えよ」と自分につっこみつつ、引き続き家に引きこもってゴソゴソ片付けしたいよー、仕事行きたくないよーと思う今日この頃です。

そんなわけで家にいるのにPC触る時間があまりなくて、インド旅行記も進んでいないけど、旅用instagramではちょこちょこ更新もしている。instagramに追い抜かれない程度にはブログも更新するつもり。

模様替えの話が出たので。これは去年の話なんだけど、長年使っていたベンチ型の収納スツール(右)がご覧のとおりボロボロになったので、新しいもの(左)に買い替えたところ。今のインテリア(っていうほどのものでもないが)に合わせて黒にした。
sIMG_20190918_182947.jpg

もっと早く買い替えればよかったのに、ボロボロになった座面の上に布をかぶせてごまかして使っていた。こういうところにも、やっと目がいくようになったのよね。それまでいったいどんな生活をしていたんだろう?

23:55  ★Housekeeping | コメント(2)

現在のお仕事状況(引き続き自粛中)

2020/05/12
5月の頭がパート最後の出勤日で(区切り良く4月末までのつもりだったが、ちょっと延びた)、5月前半は有休消化していた。5月後半に少しだけ入っていた単発派遣の仕事はほぼキャンセルになった。やはり業務縮小している企業が多いらしい。緊急事態宣言が延長されたこともあり、自分でも5月中はほとんど仕事を入れてなかったので、引き続きStayHome。おかげで家の中は少し片付いた。「少し」であって、まだまだ頑張らないといけないけど。
時間ができたので、「インド旅行記」もぼちぼち更新できている。

しかし6月からはさすがに仕事しないとだなぁと思い、6月分の派遣の仕事に応募を始めてみた。ずーっとお休みしていたから、仕事を回してもらえなくても仕方ないかなと思っていたが、意外とすぐにいくつか決まった。それもこれまで行ってみた中でまあまあ気に入ったところだった。

気に入る条件というのは仕事内容や時給ももちろんだけど、自宅からの距離とか電車の便(乗り換えの少なさ)とか。あとは派遣先の雰囲気。日によって一緒に働く派遣スタッフの顔ぶれも変わるし、1回行っただけでは雰囲気をつかめないので、何がどうと言うのは難しいけど。
最初の頃はお昼ご飯を買うためのコンビニが近くにあると、それも気に入るポイントだったりもしたけど、最近はお弁当を作って持っていくようになったので、コンビニの有無は関係なくなった。お昼を食べる休憩室がきれいで明るくて、電子レンジが置いてあったりするとポイント高い。

しかし、まあどんなに環境がよくても時給が低かったらまず行かないけどね。
今後は職場で人が「密」にならないことも大事な条件になってくるかな。派遣スタッフを常時使っているような職場は、入れ替わりいろんな人が来るから感染対策はしっかりしているところが多いようには思う。

まだまだ行ってみたい仕事がいくつかあるし、だけどなかなか選考に通らなかったりもする(年齢でひっかかるのかしら?)。1つの仕事に絞って応募した方が選ばれやすいとは思うけど、絞るのはもう少し先になってからにしようかな。このままあちこち、ふらふら行ってみるのもそれはそれでアリだけど。

ニオイバンマツリの花が咲いた!第一号!
sIMG_20200512_154633.jpg
17:18 【仕事】 | コメント(0)

退職、そしてSTAY HOME

2020/05/04
本日、緊急事態宣言が延長された。私の住む地域は引き続き「8割の接触削減」が言われている。

こんな時期だけど、私個人的には先週、やっとパート先を退職することができた。
辞める直前には、上の人に結構きつい口調で意見させてもらったりしたけど、最後の日には職場の人たちが円満に(表面だけかもしれないけど)送り出してくれた。出勤者を絞っている状況なので、シフトが重ならず会えないままで挨拶もできなかった人もいたけど、仕方ないね。

派遣の仕事の方は緊急事態宣言の延長も見越して5月半ばまで入れていない。当面、無職になるので、やっと私も完全なるSTAY HOMEができる。といっても数日に一度は生鮮食品の買い物には行かないといけないけど。

あと1ヶ月は引きこもり生活が続くので、それならそれで、そういう生活に気持ちも身体も合わせていかないとだな。今さらだけど。

命をかけて働いてくださっている医療従事者の方々、スーパーの店員さんや物流に携わる方々、インフラを支えて下さっている方々に感謝。国や地方自治体の行政機関の方たちだって不眠不休で働いてくださっていると思うから、そういう方々にも感謝。

そして、一日も早く緊急事態宣言が解除されるように、経済的に追い込まれて苦しい思いをしている人たちが救われるように、私にできることをしていこう。とにかくSTAY HOME、それから寄付かな。ひとり親家庭を支援しているNPOとか寄付型クラウドファンディングにどんなものがあるか調べてみようと思っている。

退職時にいただいたお花とお菓子
sIMG_20200503_153605.jpg

22:19 【仕事】 | コメント(0)

外出自粛継続中

2020/04/29
緊急事態宣言が出てから、派遣社員を雇わず社員のみで対応することにした会社があり、私も決まっていた派遣の仕事がキャンセルになった。一方で人手が足りなくなったところもあって「緊急募集!」という仕事の案内も来た。でも私は外出自粛中なので新規の応募をしていないし、決まっていたところもとりあえず5月半ばまではキャンセルしてもらった。

固定シフトのパートはあいかわらず行っている。「退職まであと〇日」と指折り数えながら。

そんなわけで、今現在は徒歩で行けるパート先と、その仕事帰りに寄る商店街とスーパーにしか行っていない。あ、緑内障の目薬をもらうため眼科に一度行った。オットは毎日散歩に行っているけど、私はそれすらしてなくて、でも一日一回は外に出て歩いてきた方がいいのかな。

家にいても何もしたくなくて、ご飯を作るのもイヤ(片付けるのはもっとイヤ)。オットも半分在宅勤務で週のうち数回しか会社に行かない。「在宅勤務」というより「自宅待機」で、家にいても仕事するわけじゃない。それなのに食事の支度も掃除も何もしないで散歩行って帰ってきたら録画した映画を観て、あとはずーっとパソコンの前に座っている(仕事してるわけじゃない)。狭い家の中でそんな家族の姿をいつも目にしていたら、ものすごくイライラする。目にしなくていいように、私が別の部屋に引きこもればいいのか!息子の部屋があいているから、私のPCを持ち込んでそこで過ごそうかな。

息子といえば、こちらは完全な在宅勤務/テレワークで、一人暮らしのワンルームマンションから外に出るのは買い物に行く時だけ。もう1ヶ月、そんな生活を続けている彼のメンタルが心配で心配で仕方ない。友達とリモート飲み会とかやって気分転換できていたらいいけど。でも万一具合が悪くなっても誰にも言わず家で寝ていて、容態急変したらどうしよう。と心配が尽きず、たまに「生きてる?」とLINEしてウザがられている。

娘の方は仕事を自主的に休んだが、「自己都合だから無給」と言われていた。しかしその後、職場が完全に休業となり、そのためお給料の6割はもらえることになったそうだ。娘の夫は3月から完全在宅勤務で、娘もかなりストレス溜めていることだろう。まだ小さな孫たちも外に出るのはマンションのベランダと、マンション入り口のわずかな敷地で遊ぶくらい。散歩に行けば「公園で遊びたい」と言うし、公園に行けば遊具を触って感染リスクが高いからだと。お友達と一緒に遊ぶこともなく、孫たちのメンタルもこれまた大丈夫なのだろうか。

というわけで、イライラと心配が尽きず、私自身がウツになりそう。今日はこれから部屋の模様替えでもやってみよう。

花屋さんの無人販売で買ったカーネーション
sIMG_20200425_145054.jpg

13:48  ●その他雑談 | コメント(2)

行きたい所にはすぐ行こう、やりたい事はすぐやろう(新型コロナが終息したら)

2020/04/27
タイトルは日頃からの私のモットー。この言葉を今までも何度も噛みしめることがあったが、このコロナ禍でまたもや痛感することとなった。

ここのブログでも書いたけれど、去年(2019年)私はとりつかれたように動き回り、お金もすごく使ったけれど、長年の夢をはたして大満足な一年だった。

去年の3月、4月は大好きな劇団の、大好きな俳優主演の舞台を観るため大阪と長野へ行った。大阪では一度行ってみたいと思っていたUSJ/ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにも遊びに行った。長野県の松本で松本城へ行き、安曇野まで足を延ばして北アルプスの山々を眺めてきた。いい旅だった。
今、舞台演劇の公演もことごとく中止になり、本当なら今日私は福岡の博多座にいるはずだったけど、全てキャンセルして家にいる。今思うと、去年わざわざ遠征してでも観たい舞台を観ておいたのが、せめてもの慰めになっている。

8月には人生初の富士山登頂。普段の私はアウトドアな人じゃないから、周囲からは「突然どうした?」と驚かれ、同年代の人からは「もうこのトシで山登りなんて無理ー!」なんて言われたっけ。私だってそんなに体力がある方ではないからこそ、「今のうちに登っておこう」と思い立ち、密かに抱いていた「野望」を成し遂げたのであった。
今年、富士山の山小屋も営業が危ぶまれているとか。山小屋では3密を避けられないから。山小屋がなければ富士山には弾丸登山するしかなく、それはとても危険だから富士登山は事実上不可能。今年は2月以降ジムも休んでいてトレーニングしてないし、行き帰りのバスの3密が怖くて練習登山にも行けてないから、たとえ富士山の山小屋が待っていてくれたとしても私が富士山に行くのはまず無理。去年登っておいてよかった。

9月にはカナダにオーロラを見に行った。8月までは富士山に登ることで頭がいっぱいだったのであるが、一方でたまたまオーロラツアーの広告を目にして咄嗟に申し込んでおいた。あんまり深く考えずに決めたのだけど、それも「オーロラを生で見たい」という10代の頃からの夢があり、なんとなくオーロラのことを意識して調べておいたからこそ「今なら行ける!」と衝動旅行が実現。
今はご存知のとおり海外旅行などもってのほか。この先、何の不安もなく海外旅行を楽しめるようになるのは、いったいいつなのか。やはり去年行っておいてよかった。
先日、オーロラツアーでご一緒した皆さんとのグループLINEに久しぶりにメッセージがあり、「あの時に行っておいて本当によかったですね」と誰もが言っていた。

今がダメでも、またいつかチャンスは巡ってくるかもしれない。でも巡ってこないかもしれない。「あの時、決断していれば」との後悔はしたくない。特に長い子育て期間を経てきた私はいろいろ断念してきたことも多いのだから、今こそ「行ける」「できる」時が来たならば、迷わず実行。今後もそうやって生きていこうと思う。とにかくコロナ騒動は早く終わって欲しい。

公演中止になった舞台チケットのうちの2枚。払い戻しする前に記念に写真を撮っておいた。博多座のもので、今日が前楽で明日が大千穐楽のはずだった。どちらもかなーり前方の良い席だっただけに中止になったのが残念で残念で(今度こそ主演さんが投げたお煎餅を受け取れるかも!と期待していた)。この席運、どこかで取り戻せますように。

sIMG_20200404_170415.jpg

13:18  ●その他雑談 | コメント(0)

パートを辞めます!

2020/04/19
4年半続けてきたパートの仕事を辞めることにした。このほどやっと退職日も決まった。(なかなかはっきり決まらなかったのだが。)

新型コロナ感染拡大における緊急事態宣言が出ても、休業要請の対象にはならない業種で、今も通常の業務を続けている。そのため仕事に行くたび感染の危険にさらされてきた。一方で”お客さん”に高齢者が多いこともあり、自分が感染源となってしまってはいけないという緊張感も常にあった。

でも辞めるのはコロナとは関係ない。ここのブログでも度々書いてきたけど、ずっとモヤモヤを抱えて働いてきた。低い時給にも納得していなかった。それでも家から近い、休みが取りやすいという利点があるから不満には目をつぶってきた。仕事自体には「人の役に立っている」というささやかなやりがいもあったし。

意識が変わったのは去年秋頃、単発派遣の仕事を始めてから。行ってみたい派遣先があっても週2のパートがあるからなかなか応募できないでいた。さらに働き方改革関連法により、4月から「同一労働同一賃金」が導入されることになった。具体的に言うと、派遣の時給が軒並み大幅アップすることになった。パートの方は直接雇用だし、同じ仕事をしている正社員はいないので特に時給が上がるということはない。私以外のパートの人も昇給がないことに不満を漏らしていたけど、改善される動きもなかった。

ということで、パートの仕事と派遣の仕事の間に「大きな時給の差」が生じることとなり、さすがにこのままパートを続けるのが嫌になった。多少の利点を考慮しても、ちょっと無視できない「差」となってしまうし、もともと快適とは言えない職場の状況もあって、いよいよパートを辞める決心を固めたのであった。

退職を申し出たのは1ヶ月ほど前だったかな。私が辞めることでシフトに穴ができてしまうけど、1ヶ月あれば新しい人の採用にも支障ないだろうと思ったし、当然、新しい人を入れるだろうと思った。今も既に人手が足りていない曜日が他にもあり、さらに私が抜けるとなれば確実にシフトが回らなくなるので。

ところが、なんと「人は増やさない」との上からの決定。私が抜けた穴は他部署から未経験の人を助っ人として連れてきて埋めるんだと。理由は体制の縮小を図るため。コロナを言い訳のタネにされたけど、コロナ以前から人手は足りていなかったし、でも人員の補充はされないままずっと放置されてきた。コロナ以前から既に収益が下がっていたのだった。

ここでちょっと言わせてもらうと、私の部署は右肩上がりで業績をあげてきた。他に足を引っ張る部署があるから全体の収益が落ちているというのは、常々職場のリーダーから業績表を見せられて愚痴を聞かされてきたから知っている。ここでうちの部署の人員を補充してくれないどころか、成績の悪い他部署で余っている人員を押し付けられるのである。(あ、思い出したけど、これと似たようなこと、前にもあった!結局、うちの部署はいつも尻ぬぐいをさせられている!)

当然、うちの部署のリーダーは反発したし、私の同僚は「私たちの仕事って未経験の人で穴埋めできるようなものだったの?」とショックを受けている。決してそんなことないと思うけど。

一応上の人と面談をしたけど、上記のような決定を下す経営陣で話にもならない。私の退職の意思はみじんも変わらないどころか、「辞める決心は正しかった」と確信を持てたくらい。リーダーからは「慣れた人にいて欲しいから、非常勤でもいいから残って欲しい」と懇願されたけど、上の人がそんな調子で人減らしすることしか考えてないからどうにもならない。「せめて辞めるのを延ばして」と言われて、なかなか退職の日が決まらなかったわけである。

ちなみに同僚も前々から「辞めたい」と言っていたのだが、まずは昇給の件を相談してみようと上の人と面談した。が、「コロナで大変、コロナで大変。今はどこの業界も解雇されてもおかしくない時代」とか言われて、昇給なんてできるわけないとつっぱねられたそうな。私たちもリスクを背負って【やっすい時給で】働いているというのに、逆に「解雇」などと言う言葉を口にするとは雇用者として有り得ないモノ言い。今が厳しい状況なのは事実だとしても、もう少し違う言い方があるだろう。心底、呆れる。同僚はすっかり消沈してしまった。

私が退職の決意をしたのはコロナとは関係ない。しかし職場のコロナ対策のお粗末さ(経営陣の不勉強、認識の甘さ)と、こんな状況で働く従業員への思いやりのカケラもないさまを見て、ますます辞めたくなったのも事実。抱えてきたモヤモヤの根源がコロナ騒動がきっかけで図らずもはっきり見えた気もする。

退職について私に先を越された形になってしまった同僚には若干の申し訳なさを感じつつも、私は去る。もはや未練など0%もない。
12:44 【仕事】 | コメント(0)

新型コロナウィルスと戦う日々

2020/04/09
4月7日に「緊急事態宣言」が出され、私の住む地域も対象となっている。
宣言が出される前と私自身の生活はあまり変わらない。だってもうずっと前から、たぶん2月頃から既に危機感を持って暮らしてきたから。でも宣言が出されたことで、身の回りのいろいろなものの自粛がさらにすすんでいる。

私自身は1月末からスポーツジムには行っていないのだが、ジムにはあいかわらず高齢者があふれていて、サウナもやってると聞いて「有り得ない」と思っていた。オットもジム通いを止めようとせず「すいている時間に行くから」とか「プールで泳いでいるだけ。マシンは使わないから大丈夫」とか言い訳ばかりしていた。ついに私が激怒して数日口をきかないでいたら、やっと事の重大さがわかったようでジム通いをやめ、それ以降は「〇〇に行こうと思うけどいいよね?」といちいち行動を報告して私にお伺いをたてるようになった(笑)
緊急事態宣言が出て、ようやくジムも休館になった。私の職場にも、このジムの常連さんが多く通ってきていたので、実際、恐怖だった。もう遅いかもしれないけど、とにかくジムが休館になってホッとした。

私の習い事、マージャン教室は宣言が出るよりも早く既に休会になっていた。休会期間が長引くと会の運営にも支障が出るということで、「有志の方は回数券を買って下さい」と振込用紙が送られてきたので、微力ながら協力した。10回分の値段で12回分の回数券が買えるのだからお得だし、いつも楽しませてもらっていたから協力するのはやぶさかではない。

3月2日の公演以降、合計6枚の舞台のチケットを持っていたのだが、うち5枚が公演中止になった。その中には遠征分も含まれる。遠征の旅費+ホテル代は無料キャンセル可能な期間だったので、そのままキャンセル。でも期間を過ぎていても「キャンセル料はいただきません」と旅行サイトには書いてあった。公演チケットは払い戻しに。そのお金で公演グッズを通販で少し買った。払い戻しのお金で、買わないつもりだった「推し」出演のドラマのBlu-rayもやっぱり買おうかなと思ったのだけど、緊急事態宣言が出て、きっと物流も滞る(通販を利用する人が増えるのと、物流に携わる人の人手不足で)と思うので、「不要不急」のBlu-rayの注文は控えることにした。世の中が落ち着いたら買わせてもらうよ。

私同様ジムを休んでいた友人が「これは運動不足解消になるからいいよ」と教えてくれたのが、お花のサブスク「ハナノヒ」。日比谷花壇の毎月定額制のお花のサービス。私は一番安い「イイハナプラン」を申し込んだ。月に1187円で、毎日お花を一輪もらえる。うちの周辺に日比谷花壇は4軒あるのだけど、どこも歩いて片道30分はかかる。そこをバスや自転車を使わず歩いて往復すれば、いい運動になるというわけ。毎日は無理だったけど、二~三日に一度は歩いて買い物がてら(ついでにドラッグストアパトロールもして)お花を受け取りに行っていた。花が好きなので、ほんとに癒されていた。
が!緊急事態宣言が出てから「ハナノヒ」サービスも一時休止に。店舗にもよるけど、お花屋さんも休業せざるを得ないからだと。お花屋さんの店員さんも電車で通っているのであればお休みしたいという人もいるだろうし、お花の市場だって休業になるところもあるのかもしれない。私の日々の楽しみがまた1つなくなってしまったけど、仕方ない。

ダラダラと書いて読みにくいと思うが、これは私個人の新コロとの闘いの記録として書いているのでご容赦ください。「闘い」。。。ほんとに戦時下のようになっていくのだろうか。本当の戦争は知らないけれど。

私は意外と臆病なので、リスク管理は我ながら徹底している方だと思う。でも想定していたのは、大型の台風とか地震とか津波とか、富士山の噴火とか、はたまた北朝鮮のミサイルとか。新型ウィルスに襲われるとはまさかの想定外だった。


12:11  ●その他雑談 | コメント(2)

#コロナのせい

2020/03/11
またもやブログ放置中。

インド旅行の旅メモも続かず、旅用instagramも全く更新せずで「何してるの?」って感じですが。。。
体調壊しているとかではなく、家に引きこもってあれやこれやの片付けをしております。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のせいで楽しみにしていた舞台も休演になり、「神席」だと思っていたチケットがパーに(払い戻しはしてもらえるらしいが)。ショックで数日立ち直れなかったけど、その後も感染拡大が止まらず、なんかもう個人的なことを言ってる場合じゃない雰囲気。でもそんな雰囲気に負けるもんかとも思うので、私は自分の日常を楽しもうと今は思っている。

とは言ってもねぇ。今日はとうとう選抜高校野球の全国大会までが中止になった。関係する高校生たちがかわいそうで、かわいそうで、私は「仕方ない」とかとても言えない。

楽しみにしていた舞台が休演になったから思うのだけど、演劇を自粛して休演にするのなら、もっと感染リスクの高そうな”あの業態”や”このサービス”が営業停止にならないのはなんで?

そんなことを考えて鬱々としてしまう。
あ、いかん。私が落ち込んでいても何の意味もないから。

だから私は家の片付けを黙々とやる。と言いながら、なかなかはかどらないけども、今はそれに集中したい。
23:45  ●その他雑談 | コメント(0)
 | HOME | Next »