Honey Bee * Lemon-お気楽主婦日記-

50代パート主婦の近況報告兼備忘録。すっきりシンプルライフが理想だけど現実は日々ごちゃごちゃしています。

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

プロフィール

Author:meiry
2011年に自宅をほぼ全面リフォームし、今もこつこつ家の中を片付け中(難航中)。
趣味はガーデニング、キモノ、PC・スマホ関連、映画、舞台、中華エンタメ、ヴィンテージ雑貨、旅行などなどまだ増えるかも。

インスタもやってます。
日常の写真↓
Instagram

旅の写真↓
Instagram

別館ブログ 『meiry's 旅日記』

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

身体の不調。ノロと五十肩。

ノロウィルスに感染して、一日半寝込んでいた。いやぁ、ひどい目にあった。上から下から全部出し、発熱もあり、さらに全身が痛かった。インフルエンザか?と思うほどの筋肉痛と関節痛で一晩ほとんど眠れず。ノロでこんなに身体まで痛くなるとは知らなかった。
でも一日たったら回復に向かい、そうはいっても何も食べていないのでただひたすら何もしないで寝て過ごしたら、日頃の睡眠不足もついでに解消できたようで、全快してからはむしろ前より元気。
さらに体重がここのところ増えすぎていたのが、一気に元に戻せたので、なんとかこのまま維持できるよう引き続き食べる量をセーブしよう。
病に倒れてもタダでは起きまへんでー(笑)

ところで、左の五十肩が完治してからしばらく快調だったのだが、去年の秋頃から今度は右の方が痛くなった。左肩の時は無駄に痛みに耐えていたところがあったが、二度目の今回は要領もわかっているので、早々に整形外科にかかって薬を出してもらい、うまく乗り越えられそうかなーと思っていたのだが。。。ここのところ、なんだかやっぱり肩がかたまってきたような。拘縮期に入ってきたのかもしれない。

ということで、ちょいと調べてみた。「五十肩の効果的な治療方法」
上のページによると、五十肩(四十肩)には①急性期、②拘縮期、③回復期とあり、拘縮期は4~6ヶ月頃とあるから、まさしく今の私はここじゃないか。なるほどね、肩が固まってきているという自覚がものすごくある。で、治療をするなら急性期を過ぎた今こそなのだ。今こそ体操しなくちゃ。マッサージを受けてもいいのだが、左肩の時にさんざん自主トレ(?)のやり方を習ったから、今回は自力でなんとかする。リハビリを受けていた時に肩甲骨の動かし方を丁寧に教えてもらったから、できるだろう。

今思うと、左肩の時の急性期に整骨院に通ったのは無駄とまでは言わないが、下手にマッサージを受けていたため上に書いた急性期から拘縮期への移行がはっきり自覚できず「いつ治るのか?これで治るのか?」という不透明感が大きかったとは言える。それに急性期にはいくらマッサージを受けても余計に痛くなるだけのような気もしていた。
結論からいうと急性期は外科で処方された痛み止めの薬で乗り越え、拘縮期からリハビリという流れが自分には合っているように思う。(なのでほんとは今回もリハビリに行くといいんだろうけどね・・・まあ自力でやってみるよ。)

三歩進んで二歩下がる。

今週はこれに通う。
IMAG3584.jpg

IMAG3587.jpg

上は居酒屋メニューだけど、アボカドに海苔のつくだにを添えたもの。これが意外においしかったので、今度真似してみようと思って写真撮ってきた。
アボカドといえば、このあいだテレビで観た、アボカドの炊き込みご飯。やってみたいけど、かなりの冒険だよなー。でもたぶんそのうちやってみる。

ここ最近、また睡眠がぐちゃぐちゃ。たぶん日照時間が減って、それじゃなくても陽当たりが悪い我が家の1階にほとんど陽が当たらなくなったせい。外に出て陽に当たらなくちゃ。でも寒い。やっかいな季節がやってきた。

体調上向きかと思っていたけど、そうはいかなかったようで、五十肩で左肩が痛かったのが治ってやれやれと思っていたら、今度は右の方が痛くなってきた。左肩の二の舞にならないように、とりあえずいろいろ対処していて、今のところは悪化せずにすんでいる。ある程度、あちこちが痛いのは仕方がないのかもしれないと思いつつ、でも身体からのサインは見過ごさないようにもしたい。

ほんとに、これから苦手な季節だけど、気持ちだけは明るくいたいよね。

そういえば、五十肩完治

これまでの経過についての過去記事
「五十肩」  「五十肩 その後」  「「引きこもり生活」突入のはずだったが。」

MRの予約をしたところまでは書いていたけど、その後「五十肩」については書いていなかったようだ。そして、これまた書きそびれていたが、2月には肩の痛みもなくなり、めでたくリハビリを卒業=完治した。

五十肩だなと自覚してから、しばらくは整骨院に通っていた。が、医者をしている友人から「一度MRを撮ってみて、腱断裂ではないことを確認した方がいい。もし腱が断裂していたら、いくらマッサージをしても治らない。」と言われたので、大きな病院の整形外科でMRを撮ってもらった。結果、炎症を起こしてはいるものの腱断裂ではないという診断。まずは痛みを止めることが先決、と薬を出してもらった。整骨院通いも同時に継続。

2週間ほど薬を飲んだ後に再び整形外科に行くと、「急性の段階を過ぎて、これから筋拘縮期に入る。この時期になるべく肩を動かさないと、このまま固まってしまう。でもまだ痛みがあり、自分で効果的に動かすのは実はとても難しいことなので、リハビリに通うのがいい。」と言われる。通うなら家から近い病院がいいでしょう、とうちの近所の整形外科に紹介状を書いてもらった。

「リハビリ」という言葉は目からウロコだったが、要は自分で動かそうとすることが大事なんだなと非常に納得がいった。近所の病院に紹介状を持っていき、まず整形外科で診察を受けた後、リハビリ科へ。理学療法士の先生の施術は、整骨院で受けるマッサージとさほど変わるところはないのだけど、ただ整骨院では「気持ち良さ」優先だったのに比べて、リハビリ科ではとにかくゴリゴリ動かされ、また自分でもゴムバンドを持って腕(というか、正しくは肩甲骨)を動かす運動とかやらされた。機械で肩をじんわり温めたり、低周波治療器での10分ほどのマッサージもメニューにあった。全体の時間はマッサージだけの整骨院の2倍かかるのだけど、料金は整骨院の3分の1ですむ。整骨院も保険診療でかなりお安かったのだが。。。そんなわけで、リハビリを始めた時点で整骨院通いはやめた。

週に1~2回リハビリに通いながら、時々、外科での診察も受けた。といっても薬はすぐに不要になったので、あとは外科では先生と話をするだけ(笑) そのうち、腕を上げても痛くないし、着替えなども支障なくできるようになり、外科の先生から「もういつでもリハビリやめてもいいよ。ただし自分で家でちゃんと体操ができるならね。」と言われた。「ちゃんとできるか?」と言われると自信がない。まだ時々、鎖骨のあたりが痛くなることがあったので。

しかし2月になって、ほぼ痛みもなくなった。背中の方に腕を回すこともできるようになり、ブラのホックを難なく止められるようになったところで、「もう大丈夫」との確信が持てた。同時にリハビリの先生からも「卒業にしましょうか。」と言われて、ようやくリハビリ完了。

もとのように腕が上がるようになったとはいえ、後ろ手に組んだ腕をぐーっと上にあげようとすると五十肩だった左の方だけ若干、肩に痛みがある。でもこれは致し方ないと思える範囲。これからもなるべく肩甲骨を動かしていれば、そのうち治っていくものかと思うし、肩凝り悪化を防ぐためにも今後も肩甲骨はせっせと動かさねば。

ともかく身体の不調を1つ克服したわけで、まあめでたし、めでたしというところ。

五十肩 その後

「肩凝りではない肩の痛み」を意識してから半月ほど、調子のいい日と悪い日を繰り返しながらもやもや過ごした。適度に身体を動かしていれば痛みもほとんど忘れているが、座り仕事を続けていると左肩全体がおもーくなり、気分もおもーくなるという感じ。そのうちわかってきたのは、本当に痛いのは肩というより腕の付け根の関節あたりだということ。

腕が全然上がらないというわけでもなく日常生活には支障ないのだが、仕事で集中してPC作業をするのはやっぱり辛い。痛みに弱い私にとって、「なんとなく痛い」程度でも集中をそがれて精神的に辛い。それで同じような悩みを抱えていた友達のすすめもあり、また自分で調べてみたら「五十肩の痛みが整骨院に行って軽減した」という話もいくつかあったので、整骨院に行ってみることにした。前に行った鍼灸院でもいいかと思っていたんだけど、整骨院だと保険がきくというし。

で、行ってきた。うーん、何かが劇的に効いたということはなかった。はっきり言って症状変わらず。ただ1回目は「身体全体の調整をして、悪いところを探す」ということだったので、そういうものかもしれない。全身あっちこっちの骨をコツン、コツンとやられて「これで歪みが治った」と言われても、起き上がってちょっと腕を上げ下げしたりするだけで、すぐにまた歪んでしまうらしい。歪みがひどくて、なかなか一発では治らないのね。あ、そうそう。足の長さが左右で2センチも違うと言われた。これは鍼灸院でも整体院でもどこ行っても指摘されてきたことだけど(笑)

そして私の場合は肩甲骨が固まって動いていないのだとか。本来、肩甲骨と腕の骨が連動して動作をするものなのに、肩甲骨が動かないから腕だけで動いていて腕に無理な負担がかかっているのだそうな。骨の模型を使って説明してもらって、よくわかった。そう言われたら、腕の関節や筋が痛いわけも納得できた。そういえば肩甲骨が固まってると肩凝りもひどくなると聞いたこともあったなー。

交通事故とかスポーツのケガ(整骨院ってそういう人が行くものだと思っていた)以外でも、日常の動作が原因で痛くなったものでも保険がきくそうだ。私は「後ろのものを取ろうと腕を回したらグキッとなって、以来痛みがなくならない」ということで保険対応。実際は「グキッ」となる寸前で止めたんだけれども、その後ずっと痛いのは本当だもんね。

私が行った整骨院は「子連れの方用の個室もご用意。お子さま連れ歓迎。」とうたっていて、実際に小さい子供を連れた若いお母さんも来ていた。「若いのに大変ねぇ」と思ったけど、私も産後にこういうところに通って、早いうちに骨盤のずれを治してもらっていたらよかったのかも?なんて思った。当時は子育てに必死で自分の身体のことなんか二の次、三の次だったから仕方ないけど。

五十肩

最初は口にするのに抵抗のあった『白髪』や『老眼』という言葉も、すっかり何の躊躇もなく話題にするようになった今となっては、これもまた年相応の現象ということで、あたしゃ受け止めるよ。『五十肩』。
(会社で「肩が痛くて痛くて」と言ったら、「四十肩?」と言ってくれた人がいた。気を遣って「四十」と言ってくれたのだろうけど、「いえ、五十肩です」と自ら訂正しておいた。「四十の方に近い」と言い張るのはあまりに厚かましいと思ったので。)

いつ頃からかな?今年になってからだと思うけど、後ろにあるものを腕だけ回して取ろうとしたら、左の肩から二の腕にかけての辺りが「ぐきっ」と言いそうな感覚があった。さらにセーターを脱ごうと両腕を交差させて上にあげようとした時に左腕が「イタタタ」という状態に。普通の肩凝りとか筋肉痛とは違う痛さ。最初のうちは痛いというよりは、違和感があるという程度だったのだが。。。

急に悪化したのは、内職仕事の締切間近で例のごとく「あー、締切に間に合わない~!」とPCに張りついて仕事していた時。左腕だけが異様にだる重く鈍痛がする。ある角度に腕を上げると激痛が走る。そして座っていても横になっても痛むようになり、寝ている時に寝返りを打った拍子にちょっと肩を下にしただけでも激痛が走る。ひどい時は眠っていても肩の痛みで目が覚める。

こうなるともう嫌でも自覚するしかない。私は右利きでPCのマウスも右手で動かすので、PCのしすぎの腱鞘炎とかテニス肘ではないし、これは立派な『五十肩』だ。いよいよ来たな!という感じ。だけど聞きしにまさる辛さ、あーこりゃあ大変だ。
あまりの辛さにPC仕事も30分が限界で、それ以上続けて作業できない。休み休みしながら、なんとか内職仕事を仕上げた。どうやらじっとしていると余計に痛いようで、外に出かけたり、会社に行ったりして適度に動いた方が痛みがやわらぐようである。

五十肩みたいなんですヨ」と言ってみたら、何人か経験者が私の周囲にもいた。内職仕事の仲間で先輩でもある方が、私が「肩の痛みで仕事できなくて困っている」ということを聞きつけて、わざわざメールをくださった。ご自身も経験があるそうで、「気力だけではどうにもなりません。辛い時は仕事の担当を代わってもいいですよ。」とまで言ってくださり、本当にありがたかった。また別の経験者からは「ある日突然、ふっと痛みがなくなるから、それまでの辛抱」とも聞いた。

とりあえず、じわじわと腕を動かしたり、温めたりすると少しいいみたいで、『五十肩』の痛みとの付き合い方がだんだんとわかってきたところ。幸い右手はなんともないので内職仕事の方も少しずつならできそうで、交替はお願いせずに自分でやっている。もう締切ギリギリになっての突貫作業は無理なので、早め早めに取り掛かって休憩を入れつつやろうと思っている。

それにしても『五十肩』ってただ肩が痛いだけではなく、気力もそがれ、心理的なダメージも大きいなぁ。ほんとに何もしたくなくなる。半年から1年くらいでパタッと治るものらしいので、せいぜい悪化しないよう気をつけながら、その「突然治る日」を待つしかない。『四十肩』とか『五十肩』とか言うけれど、30代でなる人もいるらしいし、年齢は関係ないかもしれないので皆さまもお気をつけあそばせ。(気をつけたって、なる時はなるんだけどね。)

 | ホーム | 

【楽天】へGO!

にほんブログ村へのリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

ブログ村新着記事

【amazon】へGO!

QRコード

QRコード

タグ一覧

多肉 着物 カフェ 寄せ植え 渋谷駅 断捨離 着付け セダム 五十肩 ミニバラ タイトゴメ ブロンズ姫 エアプランツ 火祭り 虹の玉 エケベリア ラミュウム 花うらら ハムシー ツルニチニチソウ ニチニチソウ  冬美人 中目黒 白牡丹 半幅帯 桜吹雪 微紋玉 ブーゲンビリア 七宝樹 植え替え 緑内障 アーモンドネックレス 花見 青雲の舞 ジェットビズ ロゲルシー ポロックス 七福神 ヒューケラ テラリウム リメイク 駒込 巣鴨 オレンジX セスキ 収納 無印良品 恵比寿ガーデンプレイス シマトネリコ ハイビスカス コピア ビオラ リメ缶 ポリゴナム アボカド シンプルライフ ミニマリスト 持たない暮らし 京童子 重曹 飛蚊症 マンエングサ ゴールドビューティー キッチン ドライアイ ペパーミント ホームメード 舞台観劇 コンサート クリスマス 引き出し 子宝草 浴衣 果実酒 ポーチュラカ 銀座 お土産 紅茶 エメラルドウェーブ 介護 梅酒 インド ハンドメイド 朝ドラ マンネングサ 十二の巻 メキシコマンネングサ カネノナルキ センペルビウム エスニック料理 舞台 ガーデンシクラメン クエン酸 セスキ炭酸ソーダ オーロラ ペチュニア 恵比寿 リーディンググラス 胡蝶の舞 月の王子 浅草 サンバースト アイビー タイ料理 アジアン料理 エスニック 目黒川 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...