Honey Bee * Lemon-お気楽主婦日記-

50代パート主婦の近況報告兼備忘録。すっきりシンプルライフが理想だけど現実は日々ごちゃごちゃしています。

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

プロフィール

Author:meiry
2011年に自宅をほぼ全面リフォームし、今もこつこつ家の中を片付け中(難航中)。
趣味はガーデニング、キモノ、PC・スマホ関連、映画、舞台、中華エンタメ、ヴィンテージ雑貨、旅行などなどまだ増えるかも。

インスタもやってます。
日常の写真↓
Instagram

旅の写真↓
Instagram

別館ブログ 『meiry's 旅日記』

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

新入りのウンベラータとサンセベリア株分け

180705ウンベラータ1

ずっと前から欲しかった、ウンベラータという観葉植物。園芸店でみかけても、わりと大きな鉢植えで手で抱えて帰るのは難しくて諦めたこともあった。それが楽天のお花屋さんで小さめの苗を売っていて、価格もお手頃だったので買ってみた。(植物は枯らしてしまうこともあるから、高額なものはリスクが大きくて手が出せない。)
届いた時は上のような状態のまま葉の部分をセロファンで巻いてダンボール箱に入れられていた。レビューをよく読んで悪い評価のついていないお店を選んで買ったので、傷んだ葉もないし虫がついているようなこともなく、ひとまずホッとした。

180705ウンベラータ2

鉢底から根が少し出ていたので、届いてすぐに別の鉢に植え替えた。鉢カバーにしているのはパンダン製の茶色い四角の小物入れ。使い道がなくてどうしようかと思っていたものがピッタリだった。

180705ウンベラータ3

まだ30センチにも満たないけど、どんどん大きくなるらしいので、成長が楽しみ。大事に育てたい。


それから。ついでにサンセベリアの株分け、植え替えもやった。
100均で買った苗が大きくなったのが左で、脇芽というのか?根本に新しい子株が出ていたので分けたものが右。

180705サンセベリア

買ってきた時、確かに「サンセベリア」と書いてあったはずだけど、なんか様子が違うなぁ。「サンセベリア」と言っても種類がいろいろあるのかもしれないけど、私が思い浮かべていた「サンセベリア」はもっとシュッと縦に伸びて、葉にもはっきりした模様があるもの。でも100均で売ってるミニ観葉って、普通の園芸店で買う苗とは違うものに育つことが多い気がする。

そういえば、同じく100均で買った多肉もそう。

180705多肉

買った時は「十二の巻」と書いてあったはずだけど、大きくなるにつれて縞模様がなくなって緑一色になってしまった。それで調べてみたら、「竜の爪」という多肉によく似ている。多肉植物も種類が多くて特定するのは難しいけどね。最近は多肉の名前はあんまり気にしないようになってきた。どんな名前にしろ元気に育ってくれたら、それでいい。

ちなみに「鷹の爪」という名の多肉もある。「十二の巻」も「竜の爪」も「鷹の爪」もみんなハオルチアの仲間ではある。

多肉の成長記録-新しい寄せ植え-

ほったらかしだった多肉たちを少し整理した。
以前作った寄せ植えは全て巨大化してしまい、多肉らしい可愛らしさとか可憐さからはほど遠い見た目になってしまったので(ものすごくたくましい多肉の集合体、笑)、いい加減に仕立て直しをしなければ。ということで、その第一弾はこれ↓

IMAG9457.jpg

寄せ植えしていた多肉に脇芽が出て、その子たちが立派に一人前に育ったので、それらを株分け(というのかな?)して集めたもの。買ってきた多肉ではなく、うちで育った自前の多肉でこんなしっかりした寄せ植えができるなんて感激!これぞ多肉植物を育てる楽しさかもしれないな。

そして、仕立て直しではなく植えっぱなしの多肉だけど。
IMAG9461.jpg

ちょうど二年前にセダムを何種類か寄せ植えして、二回冬越しした。冬になると枯れたようになるが、春になったら復活する。鉢から垂れ下がるように伸びてきたけど、買ってきたばかりの頃の苗からはこんなふうに成長するとは想像つかなかった。種類によってかなり勢力差ができてしまったようだ。

IMAG9462.jpg

ピンク色の花が咲いているように見えるけど、これも葉。たぶんこれから緑色に変わっていくんだと思う。

多肉の仕立て直しは他にもまだあり、もっと小さい子たちで別の寄せ植えを作り、今は根付くのを待っているところ。そちらは葉挿しから増やした赤ちゃん多肉の寄せ植えで、うまくいったらまたご紹介します。

GWも終わったところで一息ついて

ここのブログ、お出掛けした時の記録ばかりでほぼ「お出掛け日記」のようになってしまっているけど、決してそういうつもりでブログをやっているのではない。日々の生活における些細な発見とか頑張ったこととかも書きたいと思っているのに、今やまるで家事を全然やっていない人みたいではないか!(事実、そうでしょうよ)

もうちょっと落ち着きたいとは思っているのよね。でも「今、行けるなら行ってしまえ。やれるならやってしまえ。家の中のことなんか、出歩けなくなってからやればいい。」という気持ちもあって、それと「毎日地に足のついた生活をしたい」という本来の理想とがせめぎあっている。

GWも終わったことだし、ここらでほんとに家のことやらに専念したいなとか、中断したきりの勉強などを再開したいなとか考えてはいるのだけど、でも実は5月も予定てんこ盛りで、いったい私は何やってるんだろう。まあ、そんな事は他の人にとってはどうでもいいことでしょうけど。理想と現実のギャップに悩む毎日。

------------------------------------------------------------
家の周りのプランターも去年の秋頃から放置気味で、花が枯れた後に春になって雑草が茂りだして、「プランターで雑草育てているんですか?」な状態になっている。
そんな中で多肉さん達だけは元気で、さすが多肉植物だな。屋外に出しっぱなしで冬の間はほとんど水もやらず放置していたのに、みんな元気だし、どんどん増えている。買った時とは見た目が全く別物かというくらいに変わってしまったものもあるけど、それでも生きているんだよな。

そんな多肉さんの一部は春になって花を咲かせた。
しかし多肉の花の写真を撮るのは難しい。なぜなら、ほら。

_1140589.jpg

P1140592.jpg

P1140593.jpg

花芽がびよーんと長く伸びているので、花にピントをあわせると多肉本体がぼけるし、その逆だと花がぼける。全体を画像におさめるのは難しい。

こちらはinstagramにもアップしたもの。
IMG_20180506_054406_459.jpg

多肉の花はちっちゃくて可憐でほんとにかわいい。

ジャスミンとアイビーの寄せ植え苔玉

IMAG8031.png

少し前に、スーパーの前に苔玉屋さんが出店していて、思わず買ってしまった。
いろんな種類が売られていたけど、私が買ったのはジャスミンとアイビー・ゼラニウムの寄せ植え。100円ショップで216円で売られていたお茶碗(?)に入れてみた。

「ジャスミンが一輪でも咲いたら、すごくいい匂いがするよ」とお店のおじさんが言ったので楽しみにしているのだが、つぼみがついているにも関わらず、買ってきてからかれこれ二週間ほどたつのに、まだ全然咲かない。早く花が咲かないかなぁ。早く春が来ないかなぁ。

IMAG8033.png

こちらは、センペルさん(センペルビウム)。全体が茶色く縮こまって、ほとんど枯れたようにしか見えなかったのだが、家に入れてお水をやったら、葉が広がって中の緑が見えてきた。「あら、生きてたのね!」ビフォーの写真を撮っておけばよかったな。ほんとに枯れてしまったと思ったのよ!
センペルさんは寒さと乾燥には強いとわかったが、実は蒸れに弱い子なの。だからほんとに気をつけてやらないといけないのは梅雨時から夏場にかけてなんだよね。

大雪が降ってからの大寒波襲来の時期は、多肉たちを家の中に入れたりしたけど、今はまた外置き中。外に出しっぱなしだとつい放置してしまいがちだけど、みんな元気、元気。放任主義の方が多肉にはいいようです。放任してても大丈夫な種類しか、うちにはいないってのもあるけど。

伸び放題で巨大化した寄せ植えを植え替えてやらねば、と思うのだけど、それはもう少し暖かくなってからボチボチやりましょう。

夏の花が咲きそろいましたーポーチュラカ、ニチニチソウなど-

こちらの地方はほとんど雨が降らなかったので、「明けた~」という気は全くしないけど一応梅雨明けした。それと同時に公園のそばを通ったらセミの鳴き声もした(今年はじめて聞いた)。

今、うちで咲いている花たち。
170721ポーチュラカ3

ポーチュラカは満開。
いろんな色があってカラフルで夏らしくて大好き。
170721ポーチュラカ1

この赤と白が混ざったのは「しぼり咲き」というらしい。
170721ポーチュラカ2

こぼれ種から勝手に生えてきたニチニチソウ。
勝手に生えたわりにいはいい具合に白、ピンク、紫が混ざって咲いている。
170721ニチニチソウ

過保護のバラも咲いた。でもなぜか1輪ずつしか咲かない。
170721ミニバラ

ブーゲンビリアは一度全部花が落ちて、
緑色の葉だけになってしまったが、また花が咲き始めた。
170721ブーゲンビリア
水やりは控えめに。剪定は冬越しを終えた春に。

イイ感じに茂ったアイビー各種とワイヤープランツ。
右端のワイヤープランツが冬の間はカリカリの枯れ枝だったとは信じがたい。
170721アイビー

以前、ワイヤープランツが枯れてしまったと思い鉢ごと捨ててしまったことがあったが、あれは春まで置いておけば、また緑の葉っぱが出てきたのかもしれない。捨てたりして、すまんかったね。
今年の梅雨は雨が少なかったから、植物たちはうどん粉病や灰色カビ病にならずにすんだ。「過保護のバラ」のみ、うどん粉病になったが早めの処置でなんとか危機を脱した。去年はアブラムシがついたりしたから、今年は注意を怠らないようにしなければ。

100均多肉のプラ鉢を加工

この作業には何ケ月もかかった。そんなに大層なことではないのだけど、一工程終わるごとにながーく放置してばかりいたので、結果的に長期間かかった。ほんと、こういうことが一気に片付けられなくなったぁ。

100均で多肉を買うと、こういう色とりどりのプラスチックの小さな鉢に入っている。多肉を株分けしたりするのに、ちょうどいい大きさだし、形もシンプルでいいのだけど、色がバラバラなのがどうも気になるのね。

IMAG6369.jpg

それでペンキを塗って、全部茶色に統一しようと思った。
まずは縁の部分を塗って乾かす。そのままずーっと放置(^^;)

IMAG6374.jpg

そしていきなり完成形。途中の写真を撮り忘れた。

170612ミニ鉢

要するに上半分塗って乾かしたら、下半分を塗ってまた乾かして完成。敢えての茶色一色。多肉が主役だから鉢には模様などのペイントはせず。ピンクだのグリーンだのがすべて茶色になって落ち着いたから、これで満足なのである。

IMAG6851.jpg

100均でワイヤーのラックやカゴを買って組み立てた「多肉棚」、なんだけれど、強度が全く足りていなくてグラグラもいいところ。素焼きのミニ鉢も買い集めたりしたのだけど、その重さに耐えられない(下から2段目に並んでいるのは素焼き鉢だけど、この一段だけしか置けない)。100均のプラ鉢なら軽いからなんとか載せても大丈夫。しかしこの「多肉棚」は固定式で移動もできない。壁から離すと倒れるから。

というわけで「多肉棚」は失敗作なのだが、プラ鉢を並べるのには支障ないので、このまま使っている。なんか不格好で正直、気に入ってないのだけど、とりあえずまあいいか。

多肉の成長記録 再び

メセンの微紋玉が、我が家に来てから二度目の脱皮をしている。1カ月ちょっとの間の変化を画像で追ってみる。

5月6日 真ん中が割れて新芽が出てきた
170612微紋玉1

5月28日 古い葉をメキメキと割って新芽が大きくなる
170612微紋玉2

6月12日 もともとは1個だったのが完全に2個になった
170612微紋玉3

続いては子宝草。葉の縁についた子株がぽろぽろと落ちてしまったので、落ちた子株は別の鉢に置いておいた。

5月28日
170528子宝草1

170528子宝草2

6月12日
子株が取れてしまっていたのに、気付いたらまたもや子株が並んでいた
170612子宝草

寄せ植えの鉢も外置きのまま冬を越して、春になったら葉の色つやもよくなり、落ちた葉からは芽が出て新しい株となり、みんな元気、元気。

170506寄せ植え1

170506寄せ植え2

170612寄せ植え
こちらはかなり乱れてきたけど、もうしばらくこのままで。

うちにはない新しい多肉を狩ってくるのも嬉しいが、今ある子たちの子孫を増やすのも楽しいな。いろいろな増やし方(葉挿しとか挿し芽、挿し木とか株分けとか・・・)があって、失敗したりうまくいったり、その試行錯誤を今は楽しんでいる。

多肉じゃないけど、オマケ画像。NHKの「あさイチ」で紹介されているのを見て一目惚れしたエメラルドウェーブ。ほとんど日が当たらないようなところでも育つそうなので、うちの日当たりの悪い室内でも大丈夫かなと購入。葉の緑が濃くてツヤツヤしていて、とっても可愛い。苔玉も何気に変化が楽しみである。

170507エメラルドウェーブ


多肉たちの成長を喜ぶ(画像多めです)

ブログにアップしていない多肉の写真がパラパラとみつかったので、ちょうどいいので現在(4月末)と比較しながらアップしようと思う。最初は小さな鉢に1つ1つ植えられた多肉を買い集めて眺めるだけだったけど、去年あたりから寄せ植えに挑戦したり、葉挿しや挿し芽で増やしてみたりと楽しみ方も広がった。ますます多肉にはまる毎日。
※画像はクリックすると大きく、鮮明になります。

【虹の玉】花屋の片隅に放置されていた徒長しきった虹の玉を買ってきて、二回りほど大きな鉢にドサッと植え替えた。

鉢が大きくなって広々、ゆったり。(2016年12月末)
161230虹の玉1

別に買ったオーロラ(虹の玉の斑入り?)も同居することに。さらに虹の玉やオーロラの葉はぽろぽろ落ちるので、落ちた葉を拾ってはポイポイと鉢に投げ入れておいたら、勝手に増えていた(下の方にはえてきた小さい子たち)。(2016年12月末)
161230虹の玉2

寒さで赤くなっている。(2017年3月末)
170330多肉2

そして現在がこちら。モリモリに育って、緑色も濃くなった。(2017年4月末)
170428虹の玉

白と緑のツートン(斑入り)の子も育っている。
170430虹の玉


【セダム】名前を覚えるのが面倒でいっしょくたに「セダム」と呼んでいる子たち。タイトゴメ、マルバマンネングサ(斑入り)、ゴールドビューティです、たぶん。【エケベリア】が2個いるけど、この子たちはこの後寄せ植えの鉢に移動(ちなみにこのエケさんもさし芽から大きくなった)。冬の間は葉も落ちて寂しい状態になっていた。(2016年12月末)
151230セダム

現在は大復活(左の鉢)。とくにゴールドビューティーは繁殖力が強いので、時々抜いているのだけど、それでもすぐにワサワサ繁ってくる。あれ?エケベリアが1個残っている(と、写真を見て気付く)。(2017年4月末)
170428セダム


【火祭り】寒くなっても全く赤くならず「どこが火祭り?」と思っていた。節から次々と新しい芽が出てきて、なんだかワケがわからない状態になりつつある。(2016年12月末)
161230火祭り

年も明けてからようやく赤くなり始めたが、同時に寒さにやられたのか葉が溶け始めてどうなることやらと思った時期を乗り越えて、現在は新しい葉が育って再び元気を取り戻した。(2017年4月末)
170430火祭り

火祭りがいる寄せ植えの鉢は、なぜか他の多肉もみんな巨大化していて多肉らしいチマチマした可憐さは全くない(笑) 切りたいのを我慢して放置していたら、伸びること伸びること。特にこれだけ肥料をやったわけでもないのに、なんでだろう?右端の垂れ下がった極太のヤツは確か【月の王子】。その隣の【アーモンドネックレス】も極太。(2017年4月末)
170428巨大寄せ植え


【多肉寄せ】お気に入りなので何度も登場する寄せ植え。
作成間もない頃。(2016年12月末)
161230寄せ植え

なんと、どれ1つとして枯れていなくなる子がなかった!全員無事に外置きで冬越し、これは嬉しい!しかしほんとに要注意なのはこの後の梅雨かもしれない。引き続き厳重観察続行。後ろに写っている青い花はネモフィラ。(2017年4月末)
170428寄せ植え


最後に多肉ではないけど、復活をとげた【ツルニチニチソウ】と新入りの【ブーゲンビリア】。
ツルニチニチソウは虫がついてほぼ全滅状態だったが、かろうじて根っこが残っていたので、葉を全部とって根だけ植えておいたら、春になって復活した。もうダメだと思っていたので、これは本当に嬉しい。ここまで伸びたから、もう大丈夫だよね。今度は虫がつかないよう気をつけよう。

170428ツルニチニチソウ

ブーゲンビリアは、タイに旅行した時にいたる所で咲き乱れていたので、「ウチにも欲しいな」と思っていたもの。でも日当たりがよくないと枯れてしまうそうで、我が家ではどうだろうか?なんとか順応して生き延びてくれますように。
170428ブーゲンビリア

冬の間は虫の心配をあまりしなくてすんだけど、これからはまた虫や病気との闘い。先日早くもミニバラがうどん粉病になっていたので、あわてて白くなった葉を取って薬をまいておいた。今回は早めに気付いたから、一部の葉だけですんだみたい。忙しいけど、忙しいからこそ、花や葉っぱたちにちゃんと目を配ってあげて、そして癒してもらわないとね。

多肉復活

冬の間に枯れたと思っていたセダムたちが、春になって息を吹き返してきた。

IMAG6474.jpg

緑色のが新しい葉っぱ
IMAG6475.jpg

IMAG6476.jpg

多肉じゃないけどペパーミントも。
IMAG6480.jpg

引っこ抜いて捨ててしまったりしなくて、よかった。

秋の多肉たち

今年の秋はなんだかぐずぐず雨模様か曇りのお天気が多かった印象。
そんな中、久しぶりに晴れた10月後半のある日、久しぶりに多肉さんたちの写真を撮った。しばらくバタバタしていてあんまり見てあげられてなかったが、夏が過ぎて気温が下がり始めたのと同時に小さな変化を見せている多肉さんたち。その愛おしさよ。

161026多肉寄せ植え

これは、夏のはじめに寄せ植えしたもの。それぞれ個別の鉢が窮屈になったのを適当に挿していったものだが、丈夫なものだけを選んで寄せたので、どれもしっかり根付いて、しかもモリモリと大きくなった。この写真ではわからないのだけど、特に「月の王子」の巨大化が著しい(大きすぎて画面からはみ出している)。新規で購入した「胡蝶の舞」も買った時はシナシナしていたが元気な新しい葉が出てきた。その前にココにいた「サンバースト」があっという間に枯れたので、これも心配して見守っていたけど無事なようでよかった。

ちなみにこの寄せ植えは外に出しっぱなしで雨にもじゃんじゃん濡れているけど、蒸れもせず大丈夫なよう。冬もこのまま外置きでいけるんじゃないかな。

161026火祭り花
「火祭り」の花。結構長い期間咲き続けている。

161026アーモンドネックレスりつぼみ
「アーモンドネックレス(京童子)」のつぼみ。
ずっとこのままだけど、いつ咲くのかな?
上に写っているのは巨大化した「月の王子」の葉の一部。

161026ブロンズ姫
「ブロンズ姫」
この子たちは“暴れる”タイプで、鉢からはみ出している。

161026ハムシー
「ハムシー」
真ん中に新しい葉が出てきた。

161026花うらら
「花うらら」
この子はあんまり変化がないが、丈夫でいつも可愛い。

161026七宝樹
「七宝樹」
一度葉が全部枯れて節の部分だけになったが秋になってから新しい葉が出てきた。
斑入りの葉がピンクになったら、さらに可愛くなるのにな。

161026ハイビスカス
そして最後に「ハイビスカス」
今年1つも花が咲かなかった。このまま葉が落ちてしまうのか?

「秋の多肉たち」第二弾もそのうち載せたいですな。

 | ホーム |  »

【楽天】へGO!

にほんブログ村へのリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

ブログ村新着記事

【amazon】へGO!

QRコード

QRコード

タグ一覧

多肉 着物 カフェ 寄せ植え 渋谷駅 断捨離 着付け セダム 五十肩 ミニバラ タイトゴメ ブロンズ姫 エアプランツ 火祭り 虹の玉 エケベリア ラミュウム 花うらら ハムシー ツルニチニチソウ ニチニチソウ  冬美人 中目黒 白牡丹 半幅帯 桜吹雪 微紋玉 ブーゲンビリア 七宝樹 植え替え 緑内障 アーモンドネックレス 花見 青雲の舞 ジェットビズ ロゲルシー ポロックス 七福神 ヒューケラ テラリウム リメイク 駒込 巣鴨 オレンジX セスキ 収納 無印良品 恵比寿ガーデンプレイス シマトネリコ ハイビスカス コピア ビオラ リメ缶 ポリゴナム アボカド シンプルライフ ミニマリスト 持たない暮らし 京童子 重曹 飛蚊症 マンエングサ ゴールドビューティー キッチン ドライアイ ペパーミント ホームメード 舞台観劇 コンサート クリスマス 引き出し 子宝草 浴衣 果実酒 ポーチュラカ 銀座 お土産 紅茶 エメラルドウェーブ 介護 梅酒 インド ハンドメイド 朝ドラ マンネングサ 十二の巻 メキシコマンネングサ カネノナルキ センペルビウム エスニック料理 舞台 ガーデンシクラメン クエン酸 セスキ炭酸ソーダ オーロラ ペチュニア 恵比寿 リーディンググラス 胡蝶の舞 月の王子 浅草 サンバースト アイビー タイ料理 アジアン料理 エスニック 目黒川 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...