Honey Bee * Lemon-お気楽主婦日記-

50代パート主婦の近況報告兼備忘録。すっきりシンプルライフが理想だけど現実は日々ごちゃごちゃしています。

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

プロフィール

Author:meiry
2011年に自宅をほぼ全面リフォームし、今もこつこつ家の中を片付け中(難航中)。
趣味はガーデニング、キモノ、PC・スマホ関連、映画、舞台、中華エンタメ、ヴィンテージ雑貨、旅行などなどまだ増えるかも。

2019年4月より夫婦二人の生活になりました。

インスタもやってます。
日常の写真↓
Instagram

旅の写真↓
Instagram

別館ブログ 『meiry's 旅日記』

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

単衣の着物に博多織の帯でおでかけ

先週、先々週は外出続きで忙しかったので、今週前半はダラダラして過ごすことに決めた。しばしの休養。

先週は某舞台の2回目観劇。あともう1回、千秋楽に行くつもりなので、感想はそれからということにして看板の画像のみ。

sIMG_20190619_171909.jpg

この日は着物を久しぶりに着た。もはや記憶が曖昧なのだが、たぶん2~3ヶ月は着ていなかったのではないかと思う。帯の結び方をすっかり忘れたのではないかと心配だったが、案外覚えていた。ようやく身についてきたのかな。でもきっと半年とか着なかったら、また忘れてしまいそうだし、今も既に半幅帯の結び方は動画を見ないと思い出せない。

で、この日は名古屋帯。着物は単衣の紬。
sIMG_20190620_150301.jpg

sIMG_20190620_150358.jpg

着物は母からのお下がりだが、帯は自前で買ったもの。しかも私には珍しく新品を仕立ててもらったものである。
これを買ったのは着付け仲間と一緒に行ったセールで、お仲間がお店の人に値切り交渉してくれた。もちろん私も自分でがんばったけど、援護してくれる仲間がいたので、粘って粘ってかなり安くしてもらった。といってもセールだし、きっと値下げも想定しての元の価格設定だとは思う。

ともかく一目惚れした博多織の帯で出来上がった時は嬉しかったけど、もったいなくてなかなか使う気になれず仕舞ってあった。色味が涼しげだし薄手の帯なので冬の間は使いにくかったというのもある。グレーの地に光沢があり、とてもとても気に入っている。これは普段用の帯なので、これからどんどん使おう。せっかく買ったのだから仕舞いこんでいても仕方ない。

この組み合わせ(着物と帯)がとても着やすくて着付けも短時間でできたので、全く同じコディネートで別の日の学生時代の友人の集まりにも着ていった。でも二度目はなぜか帯がうまく結べず時間がかかってしまった。一度うまくいっても二度目も一発で成功するとは限らない。なぜなのだ?まだまだ修練が足りんのだなぁ。

卒業式で色無地の着物を着ました

sIMG_20190328_200201.jpg
末っ子の卒業式でした。

sIMG_20190328_204206.jpg
帯締めの結び目がヘン(汗)
※スマホでの自撮りなので前合わせが逆に写ってます

「卒業式用に」と新調した色無地。白っぽく写っているけど、薄い水色というかブルーグレー。これに西陣織の亀甲文の地模様が入った金糸入りの袋帯を合わせた。

思えばこれは本当は二年前の学部の卒業式で着る予定だったのに、なんと卒業生本人である息子がインフルエンザにかかって式に出られなかった。その後、色無地を着る機会はないままだったが、二年後の院の学位授与式でやっと着ることができた。早起きして、自分で着付けをして式に出席した。子どもの卒業式のために自分で着物を着たいとうのが、着付けを習い始めた時の目標の1つだったので、ようやく実現できて感無量。あ、いや息子の卒業にももちろん感動したけど(笑)

我が家にとっては最後の「卒業式」だったわけで、これで本当に子育ても終わったな。もうとっくに子どもの世話はしなくなっていたけど、経済的な支援もこれで終了である。そして4月からこの子も家を離れるので、いよいよオットと夫婦二人の生活が始まる。たぶん私は今まで以上にノビノビと自由にさせてもらいます!

着付教室全課程終了

10月から週1で通っていた着付教室10回コースが12月に終了した。後半は個人的に来年の卒業式にむけての礼装着物の練習をさせてもらったり、短い帯でお太鼓結びをする練習をしたりして、充実していた。持って行く着物もそのつど変えて、いろいろなパターンを練習できた(私が持っている着物や帯、お古やリサイクルが多くてサイズがバラバラなので)。

181231着物1

上の組み合わせについて。先生が二人いて、一人の先生は「着物と帯の色も合っていていいわね」と言われたけど、もう一人の先生は「この帯は銀糸が使われているから小紋ではなく、もっと格上の着物に合わせないと」と言われた。写真ではわかりにくいが、銀糸の刺繍と箔の帯。うーん、小紋にはダメなの?ダメってことはないと思うけど。。。

181231着物3

子どもの卒業式で着る予定の色無地。西陣織の帯はヤフオクで買ったと言ったら先生方が「とても中古には見えない」とびっくりされていた(笑) この組み合わせの帯揚げがちょっと合わないと自分でも思う。本番ではもっと淡い色の帯揚げにしよう。

181231着物7

これは帯締めが合っていませんね(笑) 練習のため、敢えて結ぶのが難しい平組の帯締めを持っていったので。でも帯締めの結び方も完璧にマスターできた!(実は今まですこーし不安があったの)

181231着物6

181231着物8

伊達衿(重ね衿)の使い方を練習した回の着物は、結婚前に仕立ててもらった訪問着。袖丈が長めのレトロな着物なんだけど、「今着てもおかしくない」と先生のお墨付きをいただいたので、まだまだ着ます。

その後もお出掛け時にはなるべく着物を着るようにしている。寒くなったので着物を着るにはいい季節。迷いなく帯も結べるようになったので、今の課題はいかに短時間で着付をするか。毎度、記録更新を目指してがんばっている。

181231着物9

181231着物2

181231着物4

181231着物5

前にも書いたが、持っている帯の長さがマチマチなので、ポイント柄の帯で柄がお太鼓の部分にちゃんとくるように結ぶのも、帯によって長さの調節が違って難しい。今まで避けてきたけど、今後はポイント柄にもどんどん挑戦していきたいな。
キモノの趣味はこれからも続けていくと思う。お出掛けの時も気軽にさっと着物を着ていける人になりたい。


着付教室前半終了

10月から通い始めた短期の着付教室。10回のうち6回目まで終わった。5回目までが名古屋帯で、6回目から袋帯に入った。

帯の結び方で、標準パターンと、短い帯を使う時のパターンと2通り習った。私はこの短期10回コースを受講するのは2回目で、そういえば1回目の時も2通り習ったなぁと今さらながら思い出した。でもその2通りのやり方が頭の中でごっちゃになり、それで後から思い出してやろうとした時に「この時の仮紐は帯の上から当てるんだっけ?下にくぐらすんだっけ?」などと迷うことになってしまった。

1回目の時も一応メモをとったりしていたのだけど、それでも混乱してしまっていた。今回、やっと帯の締め方がクリアになってきたのは、今までに何度か自分で着てみて疑問点がはっきりしたから。そして2通りのやり方のどちらも正解で、どっちのやり方でも好きな方でやればいいんだってことで、たぶんもう迷わなくてすむだろう。

今まで今ひとつうまくできなかった、ポイント柄のお太鼓への出し方も、今回こそコツを掴めそう。着付10回コースの後半では敢えてポイント柄(お太鼓柄)の帯を持参して、コツの習得に励むことにする。

練習に使っている着物&名古屋帯
181116着付1

こちらはポイント柄の洒落袋帯
181116着付2

先日のお出かけコーデ。
181116着付3
着物、帯すべて母からのお下がり。


夏着物&浴衣&単衣

今年の夏は異常な暑さで、とても着物を着ようという気になれなかったが、それでも7月中に二度、夏用の絽の着物を着た。そのうちの1回は一度行ってみたかった「着物でのエキストラ」だった。

IMAG9643.jpg

バッグも自前で持って行ったが、撮影の時には別に用意されていたものを持たされたので、この白いバッグは使わなかった。室内での撮影だったので暑くはないだろうと思っていたが、撮影本番では空調を切るので、テイクを重ねているうちに部屋の中がだんだん暑くなってきて大変だった。現場への行き帰りももちろん地獄の暑さだった。

もともとは着物を着る機会を少しでも増やしたいとエキストラを始めたようなところがあるのだけど、いざ実際に着物でエキストラに参加してみたら予想外に厳しいものがあったなぁ。でもこの夏用の着物は実はポリエステルで洗えるので、その点は汗をかいても気が楽だった。家の洗濯機でネットに入れて洗ったけど、洗濯後はノーアイロンでよかった。汗をかく季節の着物は「洗える着物」に限る。

8月はさすがに着物を着る機会なし。そして9月になってから、浴衣を1回だけ着た。

IMG_20180910_121707.jpg

浴衣は大人っぽい柄のものが欲しくて新しく買ったもの、帯はメルカリでお安く買った半幅帯。帯は中古のものの方が適度にこなれていて初心者には結びやすいと思う。この日も9月とはいえまだ暑かったので、補正のタオルなどは省き、下に着るものも最小限にしたら、着付けがあっという間にできて楽ちんだった。「気負わずに着る」というのをだんだん覚えてきた感じ。

さらに9月には「着物の会」もあり、だいぶ涼しくもなったので単衣の着物でお出掛けした。

IMG_20180918_172318.jpg

柄入りの半衿はてぬぐい。白い帯は骨とう品屋で買ったリサイクルの博多帯。白い帯はどんな着物にも合って、ものすごく便利で、いい買い物したなと思う。下手するとこればっかり使うことになってしまいそうだけど。
この日も補正や下着をなるべく簡略化したら、着付の時間の最短記録樹立。帯などの「やり直し」が減ったせいもあるかも。一度でうまくできなくて何度もやり直しをするから、いつも時間がかかっていた。ちょっとずつ進歩はしているのかな。

そして10月から10回コースの短期の着付教室にまた通うことにした。以前にも行ったことのある、シルバー人材センターの先生が教えてくださる教室。ここの先生の教え方が一番わかりやすくて自分に合っていた。でも細かいところで忘れてしまったこともあるので、もう一度復習のため。それにこの教室なら「あれ買え、これ買え」と言われないしね。(もう着物も帯も買わないです、絶対!)
というわけで、これからしばらくはまた着物を着る機会が増える。楽しみながら、今度こそ忘れないようしっかり習ってこよう。

久々の「キモノの会」で夏着物デビュー

着付の仲間と続けている「着物を着ていく会」だが、私は都合が合わず欠席したりしたので今回は久々の参加となった。

IMAG9559.jpg

メルカリでゲットした絽の夏着物に母からのお下がりの通年使える帯を合わせた。あいにくの雨模様だったので、カバーのついた雨草履を履いて、ここには写っていないが叔母からのお下がりの二部式レインコートを着ていった。
着物の下は肌着と裾除けは省略して、夏用の二部式襦袢を着た。これは胴部分が綿で、袖はポリエステルの透ける生地のもの。絽の半衿付き。おパンツが透けて見えたら困るので、二部式襦袢の下に短パン型の薄手のペチコートを履いた。(と記録しておかないと、「あの時どういう組み合わせで着たっけ?」とすぐ忘れるから。)

着物がポリエステルの「洗える着物」なので汗をかいても気が楽。夏はもう絶対に汗をかくし、外出先でゲリラ豪雨(夕立)にあってしまう確率も高いのだから、汚れても自分で洗える「洗える着物」にしておいた方が無難というか、気軽さが全然違う。

余談だが、通っていた着付教室の先生は「『洗える着物』は見てすぐわかる。あんなの着るなんて・・・」と眉をひそめて話されていた。着物初心者の私たちに「『洗える着物』は恥ずかしい」という意識を植え付けようとしていたのか、どうなのか?(絹のお高い着物を買わせるために?)
でもね、正装しなければならない場は別として、普段に着て楽しむなら「洗える着物」でもいいんじゃない?くらいの鷹揚さを着物に関わる人は持ってほしいよね。そうでないとますます「着物は面倒くさい」、「手入れにもお金かかる」と思われて着物人口が減るではないか。

確かに私も、ペラッペラで色柄にも深みのない安い「洗える着物」をお店で見たことがある。でも最近は技術の進歩で見た目も手触りも絹の着物に限りなく近いものもできていると聞く(そういうのはそれなりにお値段も張るけど絹ほどではないと思う)。私が持っている単衣の東レシルック「洗える着物」はポリエステルと麻の混紡でベタベタせず着心地もいい。「洗える着物なんて!」と目のカタキにするのは時代遅れな気もする。

第一、熱帯と化しつつある今の日本の夏に、汗をかいてもジャブジャブ洗えない衣類なんて着ていられるか!ドアツードアでお車移動の奥様ならいざしらず、こちとら駅までテクテク歩いて電車移動なんだから。

で、電車で汗をかきかき集合した私たちは、某駅ビル内のレストランで "エスニックキュイジーヌ"がテーマのランチをいただいた。このお店にはタピオカバーがあって、色とりどりのタピオカやフルーツが食べ放題!店内も爽やかな雰囲気で楽しめました。

CollageMaker_20180708_204711828.jpg


メルカリで帯留めと夏着物を購入してみた

巷の人もすなるメルカリといふものを、我もしてみむとてするなり。

ヤフオクはこれまでもさんざん利用してきたけど、メルカリというものはこれまでスルーしてきた。ヤフオクについてはシステムもよくわかっているし、トラブル回避のコツみたいなものも知っていて今まで一度もトラブルにあったことはない(といっても落札ばかりで出品したのは一度しかないけど)。だけどメルカリはまだ歴史も浅く、「どうなの?大丈夫なの?」という不安があって手を出していなかった。

でも何事も「やってみたい」人なもので、そろそろ挑戦してみようかなーと思うが、要領がよくわかっていないので、まずは「買う側」になってみることにした。

で、いろいろ見ていたけど、やっぱり気になるのはキモノ関連。
おそるおそるの初購入は金額の張らないものにしようと思っていたところ、ステキな帯留めが送料込みで500円!というのをみつけた。メルカリは買うのも簡単、サッと購入申し込みして、何事もなく無事に商品が届いた。

縮緬に刺繍が施された帯留め
IMAG9302_crop_640x640.jpg

ああ、ほんとにフリマアプリというだけあって、昔はよく行っていたフリーマーケットを思い出す。売り手さんの顔は見えないけれど、感覚的にはフリマそのものなんだね。

そういえば、以前は友人たちとよくガレージセールをやっていたなぁ。専業主婦にとっては不要品が片付いて、お小遣い稼ぎにもなって、皆でワイワイお買い物ごっこしているみたいで楽しかったっけ。今の人はガレージセールではなくてフリマアプリでお小遣い稼ぎをするのかぁ。

ということで、「私もメルカリでモノを売ってみたい!」という気持ちがムクムクと湧き上がってきたものの、やはりトラブルとかマナーのない買い手とのやりとりでストレスが溜まるのは避けたい。もう少し様子をみよう(どんだけ慎重なんだか、笑)

しかし・・・。
勉強のつもりでちょっと買ってみるだけのつもりだったのに、いろいろ見ていると買いたいものがどんどん出てきて、これじゃますますモノを増やしてしまうようで本末転倒。でもね、特にキモノ関連だと素人さんがただただ不要な着物を処分したいという一心で出品してたりして、破格の値段で出てたりするのよ。買う方からすればオークションよりはるかにお得!もちろん慣れない人は着物の購入にはよくよく注意が必要だけども、これなんか大成功のお買い物だった。

絽の洗える夏着物
IMAG9371~2

色がうまく映ってないかもだけど、きれいな薄紫(藤色)に控えめに白い小花が描かれている。一目で気に入って、サイズも自分にちょうどよかったし、そのうえ信じられないお値段(ユニクロのTシャツ程度)だったので、失敗しても惜しくないと購入。届いてみたらシミひとつなく折りジワもなく、新品同様だったのでほんとに嬉しかった。

絽や紗の着物って7月と8月の盛夏にしか着られないので持っていても利用価値があんまりないとか言われるけど、現代の日本は暑くなっているので、今は6月から夏着物を着る人も多いんですって。そして9月初め頃まで着ていてもおかしくないそうな。なので、メルカリで買った藤色の夏着物、はやく着てみたいなーと思っている。どこに着ていこうかな。

観劇には半幅帯の「カルタ結び」

前の記事の観劇の日、私は和服で行ったのだけど、半幅帯で新しい結び方に挑戦してみた。

カルタ結び
カルタ結び

大きなお尻で失礼(笑) 写真は紺系の単衣の紬に博多織の半幅帯。モノトーンの花柄が気に入って奮発して買った新品半幅帯の初おろし。

以前に何かの舞台を観に行った時、着物姿の女性がいたのだけど、後ろ姿の帯がぺったんこで全く膨らみのない結び方をしていた。舞台観劇の時、前のめりにならずに椅子の背に背中をくっつけて座るよう、再三注意される。前のめりになると後ろの席の人から舞台が見えにくくなるからなんだけど、それで一部には「着物の人は帯のお太鼓が邪魔になって椅子の背に背中をつけられないのではないか?」と文句を言う人もいる。

だけど、あの背中ぺったんこの帯の結び方なら洋服の人と変わらない。観劇マナーにうるさい人から白い目でみられることもないだろうし、帯がつぶれるのを気にせず座れて自分も楽かもしれない。帰宅後すぐに調べてみて、半幅帯の「カルタ結び」という結び方だと知った。

自分もぜひ「カルタ結び」を習得したいと思い、半幅帯の本を読んだり、youtubeで結び方の動画を見たりした。(余談だが、ネットで検索すると帯の結び方の動画は山ほど出てくる。写真やテキストだけではなかなか理解できない結び方も動画で見るとわかりやすい。)
そうして、簡単にマスターできた。「カルタ結び」は帯をギューッと結ぶことがないので、帯にシワが寄らないところもいい!
緩みやすい結び方ではあるらしいが、このように帯締めを使えば緩む心配もない。観劇以外でも、カルタ結びは簡単なので急いで着物を着て出かける時にはいいかもしれない。

オマケ画像。羽織紐の「叶結び」
180514叶結び

これからの季節に向けて薄手の絽だか紗だか?の羽織をヤフオクで落とした。羽織紐が付いていたのだけど、格好いい結び方がわからず、これまたネットで検索して調べた。いろいろな結び方があるようだが、私が習得したのはこの「叶結び」というやり方。結び目がカワイイ。でも次回着る時まで結び方を覚えていられる自信がないなぁ(笑)

寒い時期は着付けの練習にはもってこい!

1月前半は咳がゲホゲホだったが、それが治まったら「今年は出遅れたぜ」と若干、焦り気味にお出掛け開始。1月はなんだかんだで毎週着物を着た。これは着付教室を辞めてからは久しくなかったこと。

180131.png

1月は名古屋帯強化月間。しばらく着ないでいるとすぐに帯の締め方を忘れてしまい、「次はどうするんだっけ?」とテキストや着付の動画を見直して思い出さないといけないのだが、さすがに毎週着ていたら、手順は頭に入った。

でも私が持っているのはお下がりやリサイクルショップで買った帯ばかりで、それぞれの帯の長さがまちまち。しかも柄の付き方も帯によって違うので、柄合わせやお太鼓にうまく柄が出るように細かく調整する必要があり難しい。帯を替えては練習するしかない。画像にはないが、家でいろんな帯を出してきては試行錯誤を重ねつつ練習した。

なかなかうまくできないけど、できない悔しさと共に闘志がわいてきて、「こうしたら、うまくいくかな?次はこうしてみよう!」と久々にはまったなぁ。寒い季節は汗をかかないので、それだけでも着付の面倒さのハードルが下がるし。

------------------------------------------------------------
はまったといえば、ネットオークションでの買い物。
着物、帯、長襦袢を次々と落札。といっても全部あわせても、ウソみたいなカワイイお値段です(笑)

着物と帯は、自分が持っていなかった種類のものを。
初心者の頃は(今も初心者だけど)、帯の長さを確認もせずにリサイクルショップで買ってしまい、いざ締めようとしたら短すぎたとかいう失敗もあった。(今はその短い帯も工夫次第で使えるようにはなったけど、着付教室の先生は「これはダメ!」と一刀両断のもと却下だったわねー。) オークションサイトには細かくサイズが書いてあるので、慎重に確認しながら「これだ!」と思ったものに、エイヤ!と入札、ワクドキしながら終了時間を待ってめでたく落札~!と楽しんだ。

とりあえず、欲しかったものは一通り揃ったので、もう着物関連のお買い物はやめる。友達に付き合って呉服屋さんに行くのもやめる。次回から「一緒に来て~」と言われても固辞する(笑) そして今持っているものを着倒す!

長襦袢は・・・。実は正絹の襦袢も家で手洗いできると聞いたり、実際に「洗っている」という人の話も聞いたりしたのだけど、新しく誂えた自分の襦袢をいきなり家で洗う勇気はないので、お試し用(実験用)にオークションで安い襦袢を買ってみようと思った。
ところが、格安だったにもかかわらず、届いた襦袢は新品同様であまりにきれいだったので、これまたいきなり手洗いするのを躊躇するほど。でも、そのうちいつか「おうちクリーニング」を試してみるつもり。家で洗えたら、助かるよね。

とまあ、元気だった1月後半はこうして過ごしておりました。
着物でお出掛けした件は次の記事で。

2018年初キモノ、そして風邪っぴき

IMAG7844p.png

しばらく着物を着ていなかったので、このままでは着方を忘れてしまう。ということで、思い立って着物を着て今年初のお買い物へ。母からのお下がりのウールの着物は普段着なので、誰とも会わないこういう機会に着てみようと思った。

着物を着て何を買いに行ったかというと、USBハブ。私のノートPCにはUSBポートが2つしかなくて、その1つに外付けHDD、もう1つにワイヤレスマウスの受信機を挿している。例えばHDDに保存した画像データをUSBメモリにコピーしたいなという時などは、マウスの受信機をはずしてUSBメモリを挿す。マウスが使えなくなるわけで、何かと不便。それでちょっと急いでやりたい作業もあって、早急にUSBハブが必要になり買いに行った。

「初売りとかやってるのかな?」と思ったけど、必要なものだけ買ってさっさと帰ってきた。
なんだか完全に風邪をひいてしまったみたいで咳が出る。一昨年のお正月も風邪で寝込んだなぁ、そういえば。市販の風邪薬は眼圧を上げる成分が入っていて緑内障の人は使わない方がいいそうなので、緑内障の人が飲んでも大丈夫な咳止めを、薬局の人に聞いて買ってきた。漢方のお薬だった。

スーパームーンとかで、お月さまがきれいでしたね。

 | ホーム |  »

【楽天】へGO!

にほんブログ村へのリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

ブログ村新着記事

【amazon】へGO!

QRコード

QRコード

タグ一覧

多肉 着物 カフェ 寄せ植え 渋谷駅 断捨離 着付け セダム 五十肩 ミニバラ タイトゴメ ブロンズ姫 エアプランツ 火祭り 虹の玉 エケベリア ラミュウム 花うらら ハムシー ツルニチニチソウ ニチニチソウ  冬美人 中目黒 白牡丹 半幅帯 桜吹雪 微紋玉 ブーゲンビリア 七宝樹 植え替え 緑内障 アーモンドネックレス 花見 青雲の舞 ジェットビズ ロゲルシー ポロックス 七福神 ヒューケラ テラリウム リメイク 駒込 巣鴨 オレンジX セスキ 収納 無印良品 恵比寿ガーデンプレイス シマトネリコ ハイビスカス コピア ビオラ リメ缶 ポリゴナム アボカド シンプルライフ ミニマリスト 持たない暮らし 京童子 重曹 飛蚊症 マンエングサ ゴールドビューティー キッチン ドライアイ ペパーミント ホームメード 舞台観劇 コンサート クリスマス 引き出し 子宝草 浴衣 果実酒 ポーチュラカ 銀座 お土産 紅茶 エメラルドウェーブ 介護 梅酒 インド ハンドメイド 朝ドラ マンネングサ 十二の巻 メキシコマンネングサ カネノナルキ センペルビウム エスニック料理 舞台 ガーデンシクラメン クエン酸 セスキ炭酸ソーダ オーロラ ペチュニア 恵比寿 リーディンググラス 胡蝶の舞 月の王子 浅草 サンバースト アイビー タイ料理 アジアン料理 エスニック 目黒川 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...