Honey Bee * Lemon-お気楽主婦日記-

50代パート主婦の近況報告兼備忘録。すっきりシンプルライフが理想だけど現実は日々ごちゃごちゃしています。

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

プロフィール

Author:meiry
2011年に自宅をほぼ全面リフォームし、今もこつこつ家の中を片付け中(難航中)。
趣味はガーデニング、キモノ、PC・スマホ関連、映画、舞台、中華エンタメ、ヴィンテージ雑貨、旅行などなどまだ増えるかも。

2019年4月より夫婦二人の生活になりました。

インスタもやってます。
日常の写真↓
Instagram

旅の写真↓
Instagram

別館ブログ 『meiry's 旅日記』

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

インテリアストリートのGARAKUTA市で買ったもの

IMG_20181103_150006.jpg

インテリアショップが数多く並んでいて「インテリアストリート」とも呼ばれる目黒通り。11月はじめ頃にそこのアンティークショップや家具屋さん、お花屋さんなどが集まって「GARAKUTA市~Meguro Interior Market~ 」を開催していたので行ってみた。マーケット会場には食べ物屋さんも出店していて賑わっていた。

IMG_20181103_162741.jpg

IMG_20181103_222812.jpg

マーケットも面白かったが、その後に目黒通りをぶらぶら歩いて、いろんなお店をのぞいて回ったのも楽しかった。いいお散歩になった。そして、またいろいろ買い込んでしまった。

IMG_20181119_022519.jpg

まずはマーケットで買った端切れセット。オーダーの椅子やソファーを作っているお店で売っていたもので、イギリス製の布地。椅子の座面に使う生地だから丈夫なんだって。布地なら既に腐るほどウチにあるのに、アンティークっぽい色や柄が気に入って買ってしまった。何にするかまだ決めていないけど、こういう布地って持っているだけで嬉しい。でもそのうち何かに活用する。

IMG_20181119_020110.jpg

そして、ほんとにガラクタみたいなもの。ガラスのカップと小皿。ガラス器が好きで、特にこういうアンティークものは見ると欲しくなる。白くて丸い陶器の容器は吊り下げられるように麻紐付きで(紐を通す小さい穴があいている)、これにはもちろん多肉を植えるつもり。奥のガラスの瓶も吊り下げて使う一輪挿し(?)

最近はあまりお店をウロウロすることがないし、モノを増やさないようにと買い物を自粛しているのだけど、その反動でたまにこうして細々したものを買ってしまう。1つ1つはたいして値のはるものでもないからいいんだけど。買ったからには使わないとね、と思うが、ガラスの器はたぶん出番がない気がする。かといって飾る場所もなし。どうすんのよ、これ~。

トイレの模様替え

模様替えといっても、収納棚を隠すカーテンを取り換えただけですが。

IMAG9381.jpg
ピンクのカーテンから

IMAG9552.jpg
モノトーン柄のカーテンへ

どちらも100均で買った手ぬぐいを使用。2枚並べると棚の幅にサイズがぴったり。つっぱりポールを通せるように、上の方を縫っただけで完成。

壁紙がうっすらピンク系の柄で、我が家の中で唯一”ラブリー”な雰囲気にしていたトイレだけど、気が変わってスリッパとタオルを黒系にしたのでカーテンが浮いてしまうようになった。でもうちにある大量の布地在庫の中に適当な色柄のものがみつからない。しばらく100円ショップに行くたびに手ぬぐいコーナーをチェックしていて、ようやく白黒のモノトーン柄をみつけた。これでスリッパやタオルとカラーが統一できた。そんなにこだわるほどのオシャレトイレでもないけどね。自己満足の極致。

カーテンで隠しているのは階段下のくぼみを利用して作った収納部分。設計士さんが「トイレが狭いから、あえて扉は付けないでおきます」と言われ、棚板だけ付けてくれた。カーテンの中には買い置きの洗剤や掃除道具などを入れている。

上の写真にチラッと写っているペーパーホルダーと、その上に付けたタオルリングがこちら。
IMAG9554.jpg

これらは気に入るものがなくて、かなり探してようやくみつけたもの。
詳しくは過去記事に。⇒「トイレの施主支給品」

IMAG9557.jpg

棚の上に置いてあるカゴは無印良品のもので、お掃除シート各種が入っている。トイレ用の他にガラス窓用とかフローリング床用のドライタイプ、ウェットタイプとか、ついついいろいろと買い揃えてしまうもので・・・。ちょっと在庫が多すぎると反省。
右側の小さいケースはトイレのお掃除シート入れ。蓋は木製、本体部分はスチールで、ちょっと立派すぎるケースだけど、プラスチックのケースを置きたくなくて探したもの。

IMAG9556.jpg

私はシートのみを入れているけど、本当は袋ごと入れるものらしい。でも中身だけ取り出して入れていても、蓋にパッキンがついているのでシートが乾いてしまうことはない。

そして下の写真がトイレの天井部分。これを見ると「階段下にトイレがあるのねー」ということがわかると思うのだけど、ここにつっぱりポール1本を渡してトイレットペーパーを収納。収納といってもただのせているだけなので、サッと取れる。一応、ペーパーホルダーやタオルリングと合わせて金色のつっぱりポールを使っているのデス。

IMAG9558.jpg

とまあ、突然ですが、トイレの話でした。狭小住宅の超コンパクトトイレだけど、これでもリフォーム前よりはタンクレスの便器にした分、若干余裕ができたのだ。以前のトイレがどれだけ狭かったかということだが。

実をいうとモノトーンの手ぬぐいをみつけて買ってからも、しばーらく放置したままだったのであるが、6月はヒマだったので(何度も言うが)、やっと気になっていたピンクのカーテンからモノトーンに変えることができた。ほんとはこうやって家の中をチマチマといじっているのが好きなのに、出歩いてばかりでなかなか時間がなかった。今年は梅雨明けも早くて一気に猛暑というか酷暑というか、そんな毎日なので、なるべく外出は控えて、仕事とスポーツジムと近所のスーパーに出掛ける以外は家にこもっていようかな。もちろんクーラー入れてね。冬ごもりならぬ夏ごもり。



フィルムカメラを処分、しようと思ったが

IMAG9500~2

まだ10代だった頃からカメラが好きで、今のように携帯やスマホのカメラでみんながみんなやたらと写真を撮りまくるような時代のはるか前から写真を撮るのが好きだった。

写真の上の方、Flash Fujica Date は「富士フィルム初のフラッシュ内蔵コンパクトカメラ」だそうで(それは今回調べてみて初めて知ったことだが)、これは中学生の時か高校に入ってすぐの頃に自分専用のカメラが欲しくて親に買ってもらったもの。ほんとにこれはよく使った。旅行とかイベントとかどこでも持って行っていた。まだ充分使えるもの。

下の Canon Autoboy S PANORAMA は子どもが幼稚園に入った頃に、ズーム付きのカメラが欲しくて買ったもので、これもコンパクトカメラ。「オートフォーカス35mm全自動ズームカメラの最高級機種」だったらしいことは、これも今回調べてみて「へー、そうだったっけ?」と思い出したこと。こちらは数年使ったあとにデジタルカメラを買ったので、あんまり使っていなくてきれいな状態で、もちろん使用可能。

Flash Fujica Date
CollageMaker_20180702_011353003.jpg

Canon Autoboy S PANORAMA
CollageMaker_20180702_011729415.jpg


どっちも今は全然使っていないので、売れるかどうかわからないけど、買取業者さんに送ってみようかなと思った。他にもいろいろ引き取ってもらいたいものがあるので、まとめて送ったらいいんじゃないかと。

ただ・・・。買った時はさんざん調べて「これがイイ!」と決めて買ったはずで、こうして眺めると手放すのが惜しくなってくる。特にFlash Fujica Date は素人でも簡単に使えるコンパクトカメラながら「写りがとてもいい」との評価を今もネットで見ることができるくらいで、今さらながら「良いカメラだったんだなぁ」と思うとやっぱりまだ持っていたい!年数から言っても立派なヴィンテージだし、カメラとして使うことはもう無いとしても、コレクションとして、そして私の初カメラとして記念に持っていたい、みたいな。

これだから、モノ減らしがいっこうに進まないんだなぁ。今もまだぐらぐら迷ってる。とりあえず処分するのはCanonだけにしようか。

そしてカメラと一緒に保管していた未使用のフィルム。こちらはもう捨ててしまった。フィルムカメラは使わないと思ったし、フィルムにも使用期限があり、「有効期限2003年」となんと15年も前に期限が切れていた。使えるかどうかは別にして、さすがにこれを使ってみる勇気はない。

IMAG9518~2

IMAG9520~2

「片付けます」宣言(なのかな?)

PCを開いてヤホーの画面を見たら、星座占いで私の星座が「今日は1位だよ!」と書いてあった。それで内容を見てみたら、以下のようなことが書いてあった。

古いことを忘れて、今を楽しむコツが身についてきたのを感じるでしょう。その気になれば、日常の中に素晴らしいこと、愛おしく感じること、貴重なことはいくらでも見つかります。今日のあなたは、自分にとっての宝物を見つけることができるでしょう。それがなんであれ、今後、あなたの人生で大きな役割を果たしてくれるはず。人の目を気にしすぎず、自分が納得のいく道を選ぶことが、今日のテーマになります。


ふむ。これはもう既に私の場合はできているような気がするのよね。それが宝物なのかどうかはわからないけど、「日常の中に素晴らしいこと、愛おしく感じること、貴重なこと」をみつける作業は日常的にできているし、「人の目を気にしすぎず、自分が納得のいく道を選ぶ」のも、「はい、そうしてます」なわけで。

ともかく、今日は運勢がいいんだってさ。

今日の「ラッキースポット」は「地下鉄駅」だそうだけど、いやいや今日は出掛けないよ。家にいられる貴重な日だから。
最近、家の散らかりようがMAXになっていて、かなりストレスになっている。モノを減らしたい。捨てたい。

「捨てる?まだ持っておく?」の基準がおそらく以前よりも低くなっていて、今はもう何でもかんでも捨てたい気分。だけど「捨て」作業もそんなに簡単ではなくてね、家にいる時間があまりないのでなかなか取り掛かれない。目についた引き出しなんかを衝動的に「全部出し」して不要品をピックアップしたりしているけど、無計画にそんなことをやっているから、他の家事ができなくなったりする典型的な「片付けられない症候群」でもある。

でも今日は家にいられるし、運勢もいいらしいし、心ゆくまで「捨て」作業に没頭してみようかしら?うん、そうしましょう!そうしましょう!

ある日のひとりランチ
IMAG9298.jpg

我が家のお雛様-春よ来い-

狭い家なので、こういう小さなお雛様しか飾れない。でも陶器のお雛様は気に入っている。

180302-2.jpg

実家から届いた桃カステラと一緒に。
180302-3.jpg

お散歩の途中でみつけた蝋梅の花
180302-1.jpg

こちらの地方は昨日、今日と暖かいが、まだまだ油断はできないと天気予報で言っていた。もう一回くらいは冬の寒さが戻るのかな。3月に入り、なんとなく身辺がザワザワ。これといって、新年度や新学期が直接私の身には関係するわけではないのだけど。

ザワザワしてもいいから、早く春が来て暖かくなってほしい。今年ほど冬の寒さがこたえた年はなかったように思う。もう寒いのには飽き飽きです。

モノを処分すれば空間ができる→家族が別のモノを置く(怒)

IMAG3665-1.png

久しぶりに「捨てたもの」シリーズ。
上の写真に映っている、システムコンポを捨てた。

我が家のリビングに置いてある小さな本棚(奥行30センチほど)の上に置けるステレオが欲しくて、サイズと見た目重視で選んだもの。とはいえ、一応、KENWOODだし、品質的にも悪いものではなかったと思う。

上の写真を見てもらえばわかると思うのだが、ここはインターホン、床暖房、部屋の照明のスイッチプレートが集中しているところで、それらがみんな白いので、横に掛けた鏡も白い枠のものを探したし、徹底的に白で統一したかった。さらに奥行30センチに収まるものではないといけないので、探しに探して買ったもの。

でも、CDの取り出しができなくなるという不具合が起き出した。ラジオは聴けるし、Bluetoothでスマホから音源を飛ばすこともできるし、USB音源にも対応してたりと、いろいろ機能はあったのだけど、一番多く使うのが普通にCDを聴くことで、入れたCDがしばしば出て来なくなる(途中でひっかかるらしい)のは非常に困った。

それで家族にリサーチしてみたら、うちの家族は各自で1台ずつパソコンを所有していて、最近はCDはそれぞれのPCに付いているCD/DVDドライブで聴いていた。ラジオもPCやスマホのradikoで聴いていた。つまり上記のシステムコンポを使っているのは私だけだったわけ。

私はラジオはあんまり聴かないし、小さいAM/FMラジオ(語学学習用)も持ってるし、radikoでも聴ける。CDは、同じ部屋にあるテレビに接続しているBlu-rayプレイヤーでも聴けるし(そっちの方が大きなスピーカーで聴ける)、要するに「これ、無くても困らないんじゃない?」という結論に至り、処分することになった。

上の写真の眺めは気に入っていたんだけど、単なるお飾りと化してしまった家電は要らない。

ということで、システムコンポを処分したのだけど、本棚の上の空いた空間に家族がすぐにモノを置くのが、ほんとにほんとにほんとにイヤ!なんとかしたい!!!

Merry Christmas-素敵なクリスマスツリー

11月後半に入った頃から、街でクリスマスツリーを見つけると写真を撮ってinstagramにあげていた。その中でも一番きれいだなと思ったのが、これ↓

IMAG7671 (1)p
某所のレストランの店先にあったツリー


我が家では、気に入るツリーがみつからず、ここ数年ツリーを飾っていなかった。部屋がちっとも片付かずクリスマスの飾りつけをする気にもならなかったというのもある。それが今年はなんだか急に思い立ち、といっても相変わらず気に入るツリーはみつからないので、「もう何でもいいや」と100均でツリーを買ってきた。といってもツリーは200円だったが、でも200円!

IMAG7687p.png

白い毛糸で作ったポンポンと、8個くらい入って100円だった赤いボールを飾った。家に金色のリボンがあったのでボールにくっつけた。ライトも100円。超格安ツリーの出来上がり。「とりあえず」のつもりだったけど、これはこれでいいかも。

クリスマスまでまだ2~3週間はあったと思う頃、花屋さんで早くもクリスマス小物が半額になっていたので、ちょっと渋めのオーナメントを買ってツリーに足してみた。

IMG_20171218_004458.png

IMAG7799p.png
ちょっとゴチャゴチャ。シンプルな方がよかったね。

I wish you a merry Christmas!

久しぶりに「捨てる」神、降臨

まだまだ出てくるなぁ、捨てるもの。
オットのCDが入っているとばかり思っていた段ボールの箱を開けたら、オットのに混じって私の(というか子どもの)CDも入っていた。一応、娘に「捨ててもいい?」と聞いたら「要らない」とのことだったので、これらはまた箱に詰めてブックオフに送ろう。娘曰く「こういうのはyoutubeで聴けるからCDは要らない」のだそう。

IMAG7189.jpg

他にこんなものも出てきた。幼稚園の卒園証書みたいなものかな。

IMAG7192.jpg

いや、卒園証書は筒に入ったのが別にあった気もする。いずれにせよ、この「保育証書」とやらはとっておく必要はなさそう。立派な台紙にはさまれていて、とてもかさばる(邪魔)。これも処分。
あとン十年前に発行された、私の高校の同窓会名簿。これも要らないわ。同窓会名簿なんか買ったことないと思っていたのに、なぜか1冊あった。あまりに古すぎて情報としては無価値。でも名簿って迂闊に捨てられないよなぁ。処分方法についてはちょっと考えよう。

リージョンフリープレーヤーは、リモコンが壊れて本体スイッチでしか操作できなくなっていたのだが、久しぶりにCDを聴こうとしてみたら(DVDプレーヤーだけどCDも聴ける)、途中でディスクが止まる。本体も壊れかけている模様。そもそもリージョン違いのDVDを観ることももう無いと思うのだけど、もしまた観たくなったとしても別に持っているポータブルプレーヤーでリージョン3が観られることがわかったので、リージョンフリープレーヤーは処分。りーじょんじょん、さようなら。

「捨て」作業に拍車がかかっている、ここ数日。この波を逃さず断捨離に励むぞ!

もはや「ヴィンテージ」と言ってもいいノート(笑)

またもや、物持ちが良すぎる話。

私が年中「断捨離、断捨離」と言っているので、ここを読む人は私のことをパッパとモノを捨てて家の中はすっきり片付き、モノを持たない暮らしをしていると勘違いされるかもしれない。まったくその逆です。
あくまでも理想は理想であり、現実はその逆。断捨離はちっとも進まず、狭い家にモノが収まり切れずにいつも片付かない。なんてことを今さら嘆いても仕方がないのだけど。

実際はモノを捨てられない証拠がこちら。
IMG_20170724_114722.jpg

ノートです。
使いかけのノートが本棚の一部を占拠している。何ページか使ったあとほとんど白紙状態のノートが、なぜか何冊もある。たぶん子ども達が途中まで使って学年が変わってしまったとか、そんなことだろう。そしてその白紙のページを「いつか使うだろう」と思って、捨てられない。(新品未使用のノートはいつだったか、どこぞに寄付した気がする。)

先日、A5のノートを使うアテがあり、使いかけノートの在庫から1冊出してみたのが、これ↑
なんと!子どもではなく、私が学生時代に使っていたノートだった。中身は第二外国語で履修していたフランス語の単語帳。試験の前にテキストに出てくる単語を暗記するためにまとめたものなんだけど・・・これ、何年前(いや正直に言おう)、何十年前?!

数ページしか使っていないから、もったいなくて捨てなかったのだが、それにしたってモノ持ちが良すぎるにもほどがある。こんなだからモノが減らない。蔵でもあるならともかく、狭小住宅のくせにこんなものまで取っておくなよ!って話。

でもまあともかく、このノートにも出番がきたわけで、せいぜい有意義に使うことにしよう。

ブックオフオンラインのインターネット買取「宅本便」

そういえば、5月頃の話だけど唐突に思い出した。
ブックオフのインターネット買取「宅本便」というのを利用して、本を処分した。

息子が大学受験で使った参考書や問題集をやっと整理したので、それと合わせて不要な本や雑誌を箱に詰めて送った。整理するも何も受験で使った本がその後に何かで役に立つことなどそうそうないと思われるが、それでも一応所有者である息子が「不要」と言うまで、母は待ちました。待って、待って、いったい何年?本人は「後輩に売ろうと思っていた」と言うのだけど、それならさっさとそうして欲しかったよ。結局、本人ももうどうでもよくなったんだね。

というわけで、ダンボール箱が1つ埋まるくらいの不要本ができたので、ブックオフオンラインに会員登録して、送ることにした。今までも店舗に持っていって買い取ってもらったことはあるけど、箱に詰めて送るのは初めて。箱に詰めながら、まっさらな、一度も使った形跡のない問題集を見て、母は泣きました。これじゃ志望校に受かるわけない。でも思い返せば母である自分も過去問集とかほとんど手つかずのまま受験日を迎えてしまったっけな。この親にしてこの子あり。

息子の本以外にも、もともと古本屋で買ったものだけど、私の香港関連本とかも若干詰めた。あと雑誌も。でも雑誌には買取金額はつかなかった。試写会の応募券欲しさに買った映画雑誌とかで、まだ新しいし、グラビア満載だから買い手はつきそうだと思ったのだが。意外な高値がついたのは『パソコン最強購入ガイド(2017)』で、これは最新刊だったからだろう。ちなみに他に100円以上の値がついたのは『受験数学と教えられない数学』と『図解 英語は「インド式」で学べ!』で、他はどれも1冊数十円にしかならなかった。

買取を申し込むと、運送会社から荷物を引き取りに来てくれるので、こちらは箱詰めして待っていればいい。送ってから1週間ぐらいで査定が出るので、ネットでそれを確認して承認すれば、買取金額が銀行口座に振り込まれる。振り込まれる金額は微々たるものだけど、本を運んだりする手間もないし、送料もかからないことを思えば、逆にそれでわずかでもお金がもらえるなんてありがたい。

また利用したいところだけど、箱に詰めるほどの不要本がそんなにない。いや、捨てたい本はたくさんあるのだけど、自分ではなく家族のものなので、勝手に処分できない。せいぜいトランクルームにこっそり移動させるくらいしかできないのよねぇ。。。

------------------------------------------------------------
全く関係ないけど、あまりの暑さにインド料理屋さんに飛び込んで食べた、オクラとチキンのカレー。
IMAG7011.jpg

 | ホーム |  »

【楽天】へGO!

にほんブログ村へのリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

ブログ村新着記事

【amazon】へGO!

QRコード

QRコード

タグ一覧

多肉 着物 カフェ 寄せ植え 渋谷駅 断捨離 着付け セダム 五十肩 ミニバラ タイトゴメ ブロンズ姫 エアプランツ 火祭り 虹の玉 エケベリア ラミュウム 花うらら ハムシー ツルニチニチソウ ニチニチソウ  冬美人 中目黒 白牡丹 半幅帯 桜吹雪 微紋玉 ブーゲンビリア 七宝樹 植え替え 緑内障 アーモンドネックレス 花見 青雲の舞 ジェットビズ ロゲルシー ポロックス 七福神 ヒューケラ テラリウム リメイク 駒込 巣鴨 オレンジX セスキ 収納 無印良品 恵比寿ガーデンプレイス シマトネリコ ハイビスカス コピア ビオラ リメ缶 ポリゴナム アボカド シンプルライフ ミニマリスト 持たない暮らし 京童子 重曹 飛蚊症 マンエングサ ゴールドビューティー キッチン ドライアイ ペパーミント ホームメード 舞台観劇 コンサート クリスマス 引き出し 子宝草 浴衣 果実酒 ポーチュラカ 銀座 お土産 紅茶 エメラルドウェーブ 介護 梅酒 インド ハンドメイド 朝ドラ マンネングサ 十二の巻 メキシコマンネングサ カネノナルキ センペルビウム エスニック料理 舞台 ガーデンシクラメン クエン酸 セスキ炭酸ソーダ オーロラ ペチュニア 恵比寿 リーディンググラス 胡蝶の舞 月の王子 浅草 サンバースト アイビー タイ料理 アジアン料理 エスニック 目黒川 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...