Honey Bee * Lemon-お気楽主婦日記-

50代パート主婦の近況報告兼備忘録。すっきりシンプルライフが理想だけど現実は日々ごちゃごちゃしています。

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

プロフィール

Author:meiry
2011年に自宅をほぼ全面リフォームし、今もこつこつ家の中を片付け中(難航中)。
趣味はガーデニング、キモノ、PC・スマホ関連、映画、舞台、中華エンタメ、ヴィンテージ雑貨、旅行などなどまだ増えるかも。

インスタもやってます。
日常の写真↓
Instagram

旅の写真↓
Instagram

別館ブログ 『meiry's 旅日記』

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

9月になりました

すでに3日だけど。。。

8月は自宅のリフォーム工事が終わって仮住まい先のアパートから自宅への引っ越しがあり、その1週間後にはバイトしている会社の引っ越しがあり、孫の初宮参りとか自分の人間ドックとかの予定も無事こなし、なんとか1ヶ月のりきった。

8月といえば、一気に3キロの減量(前向きなダイエットではなかったが)をしたのが去年の8月末だった。その後、ウォーキングを始めたのもあって合計9キロ強の減量を果たしたのだけど、告白します、実は現在3キロのリバウンド!3月の震災以来、余震と放射能に怯えてすっかり引きこもり状態になりウォーキングもジム通いもやめてしまった。今はリバウンドが3キロですんでいることがむしろ不思議なくらいの運動不足な日々です。

でも、先日の人間ドックでは、差引して去年の数値より6キロは体重が減っているわけだから、「がんばってますね!」などとほめられ、ちょっとなんだか申し訳ないような気持ち。これを機会にまた少しずつ運動を始めようかな。いや「始めようかな」なんてのんきに言ってる場合ではなく、一刻も早くリバウンドを食い止めなければならんのでしょうな(あくまでも他人ごと、これでいいのか?)

さて、我が家では来年に向けてまたまた「受験生見守り生活」に突入。私はこれまでもそうしてきたように、今回も既に7月から願掛けの禁酒をはじめている。今まで子どもの受験のたびにそうしてきたから、例外は認められないのだ(自分的に)。末っ子の大学受験だから、これがおそらく最後の受験(最後にして欲しいものだけど、もしかしたら来年もかなぁ)。
しかし受験生当人はいまだ夏休み中なんだよね(2学期は来週からだとよ!)。世間はすっかり夏休み終了モードなのに、なんだかなー。(東京の私立の学校は2学期開始がのんびりしているところが多いんですよ。)

そして、そして、秋になると近付いてくる映画祭!そろそろ情報も出始めて、そわそわしてくる。それじゃなくても今年は中華系の映画の一般公開も多くて、こりゃ今年の秋も忙しそうだ。忙しい兼業主婦トモの間では既に忘年会をいつやるか?ってな話まで飛び出していて(いつも11月中にやるので)、スケジュール管理をしっかりやらねばならん季節がやってきた!

秋の予定は

この記事はブロとものみ閲覧できます

【ビフォーアフター】照明器具の購入(ネット編)

我が家のリフォーム日記(?)が、6月25日の中間確認で止まったままだった。時間をさかのぼることになるけど、やっぱり記憶をたどって残しておこうかなと思う。

中間確認の時に、リフォーム会社のAさんから「7月中旬頃までに照明器具を用意して下さい」と言われる。
その前にインテリアコーディネーターさんからの提案ももらってはいたけれど、やはり自分で探して購入したいという希望をAさんには話してあった。ネットで買った方が安く買えるし、それにただコーディネーターさんから提案されたものをそのまま付けるんじゃなくて、自分でカタログやショールームでなるべくたくさんの商品を見て、その中から選びたいと思ったから。Aさんは「7月中旬まで待たなくても、購入したものからどんどん搬入してもらっていいですよ。」とも言ったので、逆に「そうか、照明器具を早く買わなくちゃ」と急に焦り出した。

ネットで膨大な量の電子カタログの商品を見たものの、やはり実物を見ないとイメージがつかめない。それでショールームに行ってみることにした。ネットでいろんなメーカーのを見た中で、コイズミの照明がデザインが豊富で値段も手ごろだった。ちなみにヤマギワは全体的に高価格。東芝やパナはデザインが無難すぎて面白みがないし、デザインの種類もあまり多くはない。輸入物を扱うメーカーのはデザインが個性的すぎて狭い我が家には合わない。しかも値段も高い。ってことでコイズミにほぼ決定。

調べてみたら、コイズミのショールームでは毎週末「あかり教室」というのをやっていたので、まずはそれに参加することにした。7月3日にオットを伴い秋葉原のショールームへ。30分ほどの時間で、照明器具の選び方について講習を受ける。特に「白熱灯と蛍光灯とLEDの違い」の説明が役に立った。それぞれの長所、短所、適している場所などをショールームのお姉さんが実物を点灯させながら教えてくれて、とてもわかりやすかった。
ショールームを見て回る前にこの講習を受けたのと受けていないのとでは、照明選びの効率が大きく違ったんではないかと思う。

ショールームでは、気に入った商品の型番を片っ端からメモした。玄関、階段、洗面所、トイレ・・・というように場所場所で、さっき聞いた講習の内容をおおいに参考にしながら具体的に決めては型番を注文用の用紙にメモ。

エコを考えるとなるべく白熱灯は避けたかった。でもエコ的に優等生のLED照明はまだまだ高価だし、デザインの可愛さでは白熱灯にかなわない。見た目のおしゃれさで「あ、これいいな!」と思ったのは、大抵白熱灯タイプの照明だった。だけどいくら見た目がよくても電気代かかるし、熱を発するから夏は暑いし、しょっちゅう電球を交換しないといけないし。。。そこで浮上するのが電球型の蛍光灯、いわゆるエコランプである。これってウチでも既に使っていたけど、点灯してから明るくなるのに、すごく時間がかかっていた。じわ~っと明るくなる感じ。だけど今は照明器具そのものが進化して「クイック点灯」なるタイプもあるのよね。
そんなわけで、選んだ照明器具のほとんどがインバーター式の電球型蛍光ランプ使用のタイプとなった。

型番をメモした注文用紙はそのまま持ち帰り、ネットでみつけてあった激安ショップで型番を指定して注文。とこう書くと、とってもスムーズに聞こえるけどそうでもなかった。ショールームでも全商品を見られたわけではないので、ネットで注文する時にもう一度、電子カタログをあれこれ見るわけで、そうすると迷いも出てくるわけで、もう決まらない、決まらない。さらに家中全部の照明器具をネットで購入する予定ではなく、一部はインテリアショップでアンティークを買おうと目論んだりもしていた。
ともかく、あれやこれやと連日悩んだあげくにようやく7月17日に大半の照明器具をネットショップに注文。在庫切れだった1個を除き、7月22日には納品と、ギリギリセーフで間に合ったような状況だった。

【ビフォーアフター】壁下地の補強

7月2日 用事のついでに一人で現場に立ち寄る。
この頃は日が長くていつまでも外が明るいので、夕方現場に行っても工事中の様子がよく見えて助かった。
家の中に入ると、壁に石膏ボードが貼りめぐらせてあった。大工さんにお願いしておいた「補強したいところ」には、石膏ボードではなく、ちゃんとベニヤ板が貼ってあるのを確認。

P1040743.jpg

2階の廊下。天井裏に小屋裏収納を設ける都合で、廊下部分の天井は部屋よりも少し低くなっている。右側のハシゴがかけてある部分が小屋裏収納への登り口。左手の壁に沿って天井までの高さの本棚を並べる予定なので、本棚を壁に固定できるように天井近くにベニヤ板を貼ってある。ここの廊下は長さ2.5メートルほどだけど、その片側の壁の全部を本棚で埋めてしまうつもりなので、結構な量の本が収納できるのではないかと期待!

P1040747.jpg

1階リビング。窓の上の方、天井から約10センチほどの幅をベニヤ板で補強。ここにはピクチャーレールを付けるつもりだから。
縦長の窓は「すべり出し窓」というタイプで、わりと高い位置に付けられているのは、「その方が光がたくさん入るから」ということらしい。我が家の1階は両脇を隣家にはさまれて暗いので、せめて少しでも外光を入れられるようにと設計してくれたとのこと。細長い窓しか付けられないのは、耐震構造上、仕方なかった。

P1040742.jpg

そして、この斜めにベニヤ板が貼ってあるところは階段の手すりが付く予定のところ。我が家の階段は少し傾斜がきついらしいのだけど、リフォーム後も階段の位置は変えずそのまま、傾斜もそのまま。なので手すりは必須。

この家を購入した時は、階段の手すりは一部にしか付いていなかった。でもまだ子ども達も小さくて、手すりがないと危険だからと、大工仕事が得意な義父が階段周り全部に手すりを付けてくれた。すごく頑丈に付けてくれたので、その後10年以上たってもビクともしていなかったな。その手作りの手すりは今回のリフォームとともになくなってしまったんだけどね(階段の形状はそのままだけど、天井、壁、階段の踏み板、全て貼り替えたので)。前の手すりも写真に撮っておけばよかった。。。

【追記】
探してみたら、リフォーム前の階段&手すりの画像があった!ちゃんと撮ってあったのでした。そのビフォー&アフターの画像アップはまた今度ね。

【ビフォーアフター】隣家との話し合い

7月9日 現場へ。
この日は前もってお隣さんと約束してあった。隣家との敷地の境界線上にブロック塀があったのだけど、それがかなりグラグラしていて危険な状態だったので、我が家のリフォーム工事のついでの撤去してもらおうかという相談。

実はリフォーム工事は家本体と玄関ポーチまでがパックになっていて、いわゆる外構は今回の工事の対象外なのだが、家の前に簡易的に作られた猫の額並みの花壇と、倒れかけていたポール付き郵便ポストを撤去する作業はサービスでやってもらうことになっていた。花壇と言ってもコンクリートの上に適当な石を並べて土を入れただけのもので、石のすき間から土が流れ出て困っていたし、郵便ポストもかなり劣化していて残しておいても見た目が悪いだけだったので。
屋内のキッチンや浴槽などを廃棄する時に、ついでに石などのガレキも一緒に捨ててもらうことになっていた。

それで、グラグラしていて、311の地震の時に倒れなかったのが不思議なくらいだったブロック塀もウチとしては倒れる前に壊してしまいたかったのだけど、これは隣家との共有物なので勝手には撤去できない。なので「ご相談」となった次第。お隣さんは塀がグラグラしていることにすら気がついていなかったけど、実際に揺れている塀を見て「危険だから撤去しましょう」と言ってくれた。まあ普通に壊して処分すればそれなりの費用がかかるところを、今回はウチのリフォーム工事のついでにやってしまうのだからお隣さんには一銭の出費もかからないわけで、それなら賛成してくれるのは当然よね。もし塀が隣家側に倒れでもしたら、あちらの車(塀の前にいつも停めてある)に傷がつく事態も予想されたし。そんなわけでブロック塀の撤去の件での相談はすんなりまとまった。

その後に、リフォーム会社のAさんとも待ち合わせ。2階に追加で付けることになったアコーディオンカーテンのデザインを決定するため。前もって仮住まい先のアパートにAさんが届けてくれていた分厚いカタログの中から希望のデザインを決めて、それをAさんに伝えた。デザインといっても壁の延長のアコーディオンカーテンなので、壁と同じ白地で柄なし、地模様だけのシンプルなものにした。

この日はシステムキッチン本体や換気扇、玄関の作り付けのシューズクローゼットなどが設置されていた。2階のクローゼットの扉や、階段下の収納庫の扉など建具類も取り付けられていた。そして位置を変更するはずだった2階洋室出入り口の引き戸まで既に設置済み。Aさんに連絡して位置変更の承諾をもらったその日、一歩の差で既に大工さんが引き戸を取り付けてしまっていた。で、これについてはいったん引き戸ユニットをはずして裏返して付けなおす予定です、とAさんが言うのでホッとひと安心。

が!この時にうっかり見落とした点が1つ。それが後々、工事の遅れにつながることになるのだが。。。それはまた別記事で。

リビング窓のシェード(購入編)

リフォーム完成後、自宅に引っ越してきてからも、リビングの窓にカーテン無しの状態が続いていた。あ、レースのカーテンはあるのだけどね。リビングの唯一道路に面した窓につけるカーテンをどうするか、ずーっと迷っていたのである。

最初はカーテン要らないと思っていた。シャッターが付いているので夜はシャッターを閉めるし、昼間はミラーレースという透けにくい素材のレースのカーテンをかけているので、それでOKかと。が、家族が「レースのカーテンだけでは家の中が外から丸見えなんではないか?」ととても気にするのである。私がミラーレースだから多少外が暗くなっても大丈夫だって言ってるのに、「いや、丸見えでしょ」と。家の前は細い路地だが、そのわりには人通りが結構あるのは確か。それで、ちょっと外がうす暗くなると家族が早々にシャッターを閉めてしまって、それはそれで暑苦しい。
やっぱりレースの上に透けないカーテンが必要か。それなら何もミラーレースなんかにしないで、普通のレースカーテンでよかったのに。ミラーレースって表面が妙にテラテラしていて、その質感が実はあんまり好きじゃなかったのに。

何はともあれ、カーテンを買い足すことにした。ただでさえ狭いリビングにギャザーたっぷりのカーテンをかけるのもうっとおしいので、できるだけすっきり見えるようにプレーンなシェードにすることにした。ただシェードだと寸法を窓ぴったりにしないといけないので、オーダーになっちゃうのよねー。何か所かオーダーカーテンを取り扱っているお店を見たけど、どうも大掛かりなシステムで引いてしまう。「お見積り」とか「まずは採寸のためにお伺いします」とか。ウチは小さな腰高窓1つに、小さなシェードを付けたいだけなのに。。。(かといって、手作り用キットを買ってきて自作する自信も暇もなし。)

なかなかカーテン購入に至らずインテリアショップをさまよう日々が続いたある日、ダイエーのカーテン売り場でセミオーダーのシェードの見本をみかけた。見た目がおおげさでなくシンプル。布地はレールにマジックテープで付けられているので、取り外して洗濯するのも簡単(シェードはカーテンと比べて洗濯が大変だと聞いていたけど)。窓への取り付けは自分でやるのだけど、その分、お値段も手ごろ。カーテン生地の種類もたくさんあって選び放題だったし。「あー、これでいいやー」とやっとカーテンというかシェード決定なり。

注文から約2週間で出来上がり、配送をお願いしておいたので先週末に我が家に届いた。しかし、取り付ける段になって、あんなに苦労することになるとは!続きは「取り付け編」で。

リビング窓のシェード(取り付け編)

注文しておいたリビング窓用シェード到着。こういう状態で届いた。
110911シェード1

付属品のブラケットとネジ。
110911シェード3

このブラケットを先に窓枠の上にネジで取り付けて、次に本体のヘッドレールをブラケットにカチッとはめこむだけ。取り付けは超簡単!のはずだったのに。。。私がやってはいけないことをやってしまったばかりに、この後、悪戦苦闘することになった。
説明が難しいから省略するけど、要するに届いた時のままの状態で本体をブラケットにはめこめばよかったのに、いらんこと折りたたんであったシェードを広げ、さらに生地に通っていたコードを抜いてしまったのよ。なので、それを元に戻すのに悪戦苦闘したわけ。言い訳すると、説明書の「取り付け方」がわかりにくかっただよ。もっと手順に従って書いてて欲しかった。

何はともあれ、予想外に時間がかかったものの無事に取り付け完了。
110911シェード5
画像右側の縦長の窓は網入りの型板ガラスで外からは見通せないのでカーテン無し。

下に重ねたレースカーテンの方が丈が長くてはみ出ている(笑)
レースカーテンは市販の完成品で寸法があってないので、自分で丈詰めしなくちゃ。

途中まで折りあげると、こんな感じ。
110911シェード8

全部上げると、こんな感じ。レースカーテンの突っ張り式カーテンポールをうまく隠せた。
110911シェード6

シェードの生地は、お店で見た時はもう少し明るいモスグリーンに見えたのだけど、実際にシェードに仕上がって窓にかけたら、えらく地味な色合いに。(この写真は白熱灯のランプの光で撮ったので、さらに色味が茶色っぽい。)でもまあシェードばっかり存在感を主張されても、狭いリビングでは目ざわりだろうから、これでいいか。ボールチェーンを引っ張ってのシェードの上げ下げはとっても軽くて楽々、快適である。

このシェードとレール一式は「スミノエ」というメーカーのもので、我が家に付けたのは「ドラム式・シングル」というタイプ。

映画「海洋天堂」を観て恵比寿で中華

久々に“おうち”以外のネタです~。

先週のレディスデーに、久々に友人と映画を観に行ってきた。観たのは遅ればせながら今ごろになって「海洋天堂」。リー・リンチェがアクションを封印して挑んだのは、自閉症の息子を持つ余命わずかな父親の役。子どもを持つ人には特に泣ける映画だったけど、友人の隣の席にいた20代男子も映画を見ながら大泣きだったそうな。それでも中国映画独特のどこかカラリとした、「泣かせよう、泣かせよう」という押しつけがましさのない、良い映画でした。自閉症の息子が泳ぐのが大好きという設定で、水の中のシーンが多かった。きれいな映像だなーと思っていたら、後日、友人が「撮影がクリストファー・ドイルだった!」と教えてくれた。

映画を観た後、友人おすすめのお店に連れていってもらうため恵比寿へ移動。でも目的のお店のランチタイム終了に惜しくも間に合わず、仕方なく他のお店を探して、「上海食堂」という中華屋さんで500円ランチを食べた。

五目あんかけ焼きそばがフライパンに入って登場!フツーのフライパンなんですケド・・・。
110914上海食堂 恵比寿店

友人が「古い本だけど」と貸してくれたのが、下の本。
110914香港グッズ・パラダイス

1998年発行の「香港グッズ・パラダイス (アソコン・ブックス)」という本で、オールカラーの写真いっぱいの本。香港の男人街や信和中心で売っていたという、いわゆる無権利のグッズが堂々と載っている!今じゃ考えられないな。それで、紹介されている明星にはご丁寧に広東語読みと日本での呼び名が並んで表記してあるわけだけど(コッ・フーセン/アーロン・コクみたいに)、「古天楽」は「グー・ティンロッ」としか書いてない。そしてちっこく載っている写真は「白ルイス」のみだった(笑)。ニコさんは1998年ならデビュー直後か、この本には載ってない。もちろんエヂもショーンもジェイシーもセシも載ってない。そんなちょっと昔の香港本。
久しぶりの中華明星バナシが楽しかった一日でした。

耐震改修助成金 その4

時系列で書いている【ビフォーアフター】シリーズがまた中断したままだけど、リフォーム完成後の届け出関係について、忘れないよう書いておく。手続きがゴチャゴチャしていて、書いてまとめておかないとワケがわからなくなりそう。

先日、区役所へ行って、大きく分けて「耐震改修助成金」と「固定資産税減税」の2つについて手続きを行ってきた(というかいまだ手続き進行中なんだけど)。そのうちの「耐震改修助成金」についての「その4」です。

※耐震改修助成金についての過去記事はこちら。その1 その2 その3

区から9月1日付けで「耐震改修助成金交付額決定通知書」という文書が届いた。我が区の助成金額は「改修工事費の80%以内で、上限1,000,000円」と定められている。で、うちはその上限いっぱいまで助成してもらえることになった。次に「耐震改修助成金交付請求書」という書類を出さなければならないのだけど、これに押す印鑑が実印なのか認め印でよいのかわからなかったので、施主であるオットの代わりに私が区役所まで聞きに行った。ここで確認した上で印鑑押して書類を提出すれば、手続き終了~な話なんだけど。。。

まあ、以下は余談です。
窓口で「ここに押す印鑑ってー」と質問をすると、「実印じゃなくてもいいと思う。それよりむしろ、最初の申請の時に押した印鑑と同じにしないといけないかも。でも今日は担当者が不在なので確認できません。」と言われる。「申請時に押したのと同じ印鑑を押せ、とはどこにも書いてないけど?」と言うと、「違っててもいいかもしれないけど。でも同じじゃないといけないとかで、書類が通らなかった例が過去にあった気もするし。そうだったら書類を出し直さないといけなくなるから申し訳ないし。」と、親切なんだか頼りないんだかわからない窓口のお姉さん。

その後、お姉さんが別の人に聞いてみたりして「申請時と同じ印鑑にしておいた方がよかろう」という結論になった。ところが、今度はその「申請時に押した印鑑ってどれだっけー?」と記憶があいまいな私(押した印鑑がオットのなのか、私のだったのか)。お姉さんは今度はキャビネットの引き出しをあちこち開けまくってファイルを引っ張りだして、やっと印鑑の特定ができた。やれやれである。結果的にはお姉さんのおかげでなんとか「出直し」にならずにすんだのか。

だけど、もし仮に「申請時と同じ印鑑じゃないと書類が通らない」のであるなら、そう注意書きをしておいてほしい。私は窓口に確認しに行ったからいいけど、確かめずに出しちゃって後から「印鑑不備!」とかで戻ってきたら腹立つだろうな。

あと毎回、オットの代理でこういう手続き関係に私が関わるとどうもすんなりいかない事が多くていや。家の持ち主、工事の施主、すべて100%オットなのだから、本来ならオットがやるべき手続き。それを代理の人がやるから、いろいろ面倒なことになるのよね。オットのせいじゃないかもしれないけど、どうしてもイライラする。「俺は会社があるから区役所なんか行けねえだろ!」な態度に余計、ムカつくんだわ。最後は愚痴でした。

前売り券ゲット

そろそろ、そわそわ、わくわくの季節がやってきた。映画祭シーズン!
今年は大きな映画祭の他にも中華系映画の一般公開が続いて嬉しいなぁ。ということで、前売り券ゲット。わざわざ上映館まで買いに行き、特典のポストカードもゲットしてきた。

110929前売り券

新宿武蔵野館のエレベーターの扉はこういうことになってる。
TS3S0392.jpg TS3S0390.jpg

現在上映中の『レジェンド・オブ・フィスト~怒りの鉄拳』はたぶん私の苦手系だから観ないけど、次の『アクシデント』と『密告・者』を楽しみにしている。

 | ホーム | 

【楽天】へGO!

にほんブログ村へのリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

ブログ村新着記事

【amazon】へGO!

QRコード

QRコード

タグ一覧

多肉 着物 カフェ 寄せ植え 渋谷駅 断捨離 着付け セダム 五十肩 ミニバラ タイトゴメ ブロンズ姫 エアプランツ 火祭り 虹の玉 エケベリア ラミュウム 花うらら ハムシー ツルニチニチソウ ニチニチソウ  冬美人 中目黒 白牡丹 半幅帯 桜吹雪 微紋玉 ブーゲンビリア 七宝樹 植え替え 緑内障 アーモンドネックレス 花見 青雲の舞 ジェットビズ ロゲルシー ポロックス 七福神 ヒューケラ テラリウム リメイク 駒込 巣鴨 オレンジX セスキ 収納 無印良品 恵比寿ガーデンプレイス シマトネリコ ハイビスカス コピア ビオラ リメ缶 ポリゴナム アボカド シンプルライフ ミニマリスト 持たない暮らし 京童子 重曹 飛蚊症 マンエングサ ゴールドビューティー キッチン ドライアイ ペパーミント ホームメード 舞台観劇 コンサート クリスマス 引き出し 子宝草 浴衣 果実酒 ポーチュラカ 銀座 お土産 紅茶 エメラルドウェーブ 介護 梅酒 インド ハンドメイド 朝ドラ マンネングサ 十二の巻 メキシコマンネングサ カネノナルキ センペルビウム エスニック料理 舞台 ガーデンシクラメン クエン酸 セスキ炭酸ソーダ オーロラ ペチュニア 恵比寿 リーディンググラス 胡蝶の舞 月の王子 浅草 サンバースト アイビー タイ料理 アジアン料理 エスニック 目黒川 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...