Honey Bee * Lemon-お気楽主婦日記-

50代パート主婦の近況報告兼備忘録。すっきりシンプルライフが理想だけど現実は日々ごちゃごちゃしています。

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

プロフィール

Author:meiry
2011年に自宅をほぼ全面リフォームし、今もこつこつ家の中を片付け中(難航中)。
趣味はガーデニング、キモノ、PC・スマホ関連、映画、舞台、中華エンタメ、ヴィンテージ雑貨、旅行などなどまだ増えるかも。

2019年4月より夫婦二人の生活になりました。

インスタもやってます。
日常の写真↓
Instagram

旅の写真↓
Instagram

別館ブログ 『meiry's 旅日記』

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

非常事態!

連日遊び歩いていたツケで、あれやこれやと大変なことになっておりまして。

締切仕事が締切までに終わりそうにないという非常事態!
締切まであと約1週間あるのだけど、その間にも他の予定がどんどこ入ってきて、1週間前の現在ですでに「これ、やばいんじゃね?」と冷汗たら~りな状況。

そもそも去年までの在宅仕事は「忙しい時だけ手伝って」的な助っ人扱いだったのだけど、その後「じゃ、レギュラーでお願いします」という話になって、もう1つのパートのシフトを減らしたりしてやりくりして、なんとかこなしてきた。でもここにきて限界にきておりますよ。仕事以外で出掛ける用事が多すぎて!

あ、でも今回のバタバタはその前に自分が遊び過ぎていろんな事を後回しにしてきたからであって、今になってタスクの山に埋もれているのも自業自得。仕方ないなー。こうなったらミラクル起こして締切に間に合わせるしかないなぁ。今までもなんだかんだ言いながらギリギリではあってもなんとかなってきたのよ。だから今も焦っている一方でどこかで「なんとかなる」と思っている自分もいるわけだが、いやしかし、「今回はほんとヤバいから!」と自分に言い聞かせてPCにかじりついて仕事せねばー!

IMAG0009_20131202220058a12.jpg
六本木でみつけたクリスマスツリー。後ろは六本木ヒルズのメトロハット。

12月も半分過ぎた(冷汗たらり)

131215.jpg

お久しぶりのブログ更新。
昼間、↑の画像をアップロードしようとしたらハネられてしまい、ふてくされてブログ書くのやめて外出してしまった。夜になったらやっとアップできたわ。和洋折衷、節操のないコーナーだけど気にしないで(笑)

前記事で騒いでいた在宅の内職仕事は今回も“奇跡的”に締切に間に合い無事納品。でもほんとに、ほんとに毎回「奇跡」を起こすのは激しく消耗してその後の立ち直りに時間を要するので、次こそ余裕をもって仕上げようと、これまた毎回毎回思うのであった(つまり懲りないヤツ)。

さて、いろいろ書きたいことがたまっているし、別ブログでオフ会報告とかもしたいと思いながら、もう12月も半分過ぎましたよ、奥さん!「さらっと全部忘れてしまえ!」と思えない性分で、書けないままのあれやこれやが気になってしまって、精神衛生上よくないったらありゃしない。しかしながら、物理的に時間がとれない。毎日あちこち走り回っているので。

この週末も外出はしたものの、なんとか時間がとれたので、師走らしいこともやってみた。

その1
暖房器具のスタンバイ。エアコン掃除は夏の終わりにやっておくべきだったのだろうが、夏の終わりっていつだったのか?いつまでたっても暑かったので、よくわからない。で、気がついたら一気に冬になり暖房の季節。慌ててエアコンの中のフィルターやらの掃除をした。1階のと2階のも。それから灯油ストーブも出して、灯油を買いに行った。今のところ我が家の暖房はリビングは床暖のみ。息子達の部屋ではそれぞれ遠赤外線ヒーターを使っているのみだけど、これでもっと寒くなってもエアコンやストーブを使える。やっと冬支度完了。

その2
不用品処分。要らないものがまた溜まってきたので、リサイクルショップへ。「捨てるよりマシ」精神で持っていってるとはいえ、前回、引き取り価格があまりに“雀の涙”だったので「もうリサイクルショップへ持ちこむのはやめよう」と思ったのだけど、やっぱり新品同様のものをゴミに捨ててしまうのがしのびなくて、結局リサイクルショップへ。そして前回よりさらなる“雀の涙”に、私が涙ぽろりだったが「引き取り拒否」のものがなかっただけ良しと考えよう。処分したものは、そのうちヒマができたら「100個捨てる」シリーズで記事になるかもしれません。
さらに今回はオークション代行業者に持ちこんだものあり。それはギターとアンプ一式。上の子が買ったエレキギターがほとんど使用しないまま残っていたのだけど、下の子はクラシックギターの方向へ行ってしまったため、このほどエレキの方を処分することに。これはそれなりの値段がつくと踏んで、初めてオークション代行業者を利用してみることに。あ、自前でオークションに出品すればいいのにと思うでしょうが、私には無理無理。だいたい、ギターが売れたとして、どうやって梱包して送るのか。楽器の宅配って業者によっては受け付けてくれない所もあるくらい、いろいろ面倒なのよ。なのでプロにお任せすることにした。いくらで売れるかお楽しみ(入門用モデルでもともと安価なものだから、高望みはできないが)。

その3
草取り。これぞ年末大掃除。とはいえ、ほんとは秋口に一度、家の周りの草取りと掃除をしたのだけど、途中で力尽きて(笑)、一部未完のままなのが気になっていたので、やっと全部終わらせてすっきり。アカメガシワ(関連記事)は寒くなってから成長が止まったので、一応残してもうしばらく様子見。(途中で力尽きるほどの庭でも何でもない、ただの家と家の間のすき間なんだけどね。見栄はってるわけではなく、そんな狭い場所でも一気に草取りもできないほど体力と気力が続かないってこと。)

その4
師走とは関係ないけど、ネット回線の乗り換えをしようとしてキャンセルした一件(なんじゃそれ!)。先週、うちが加入しているケーブルテレビから「巡回点検」とやらで人が来て、点検の結果は問題なかったのだけど、ついでに営業されちゃって。「インターネットもウチに乗り換えませんか?」ってこと。うちはauひかりを使っていて、それでスマホの利用料が「スマートバリューで月々1480円お得×家族人数分」なんだけど、そのケーブルテレビの会社もauと提携しているから、スマートバリューは継続できるんだそうな。しかもテレビとネットとあと電話も全部まとめてしまえば料金がさらにお得になりますよとの話で、「んじゃ、そうしようかな?」と思ってそういう方向で話が進み工事の予約をした。この工事代金が「こちらの地域、今なら無料でやってます」というよくある話だったのよ。
しかし、点検の人が帰ってから自分でいろいろ調べて、家中のPCのネット回線速度を無線、有線それぞれで測ってみたりして詳細に検討した結果、ケーブルに乗り換えるとauひかりと同等の速度を確保できる保証がない、ということで乗り換え不要という結論に。工事予約のキャンセルをお願いする電話をかけたら「あ、そうですかー」とわりと簡単に受け付けてくれたのでよかった、よかった。と書くと簡単な話のようだが、この一件、丸々1週間かかりました!このクッソ忙しい時に何をやっているんだかと思うけど、家計を預かる主婦としては「お得な」話は見過ごせないし、その一方で我が家のデジタル担当も私なので無知なばかりに損するわけにもいかないしで、必死で調べた。結局、乗り換えしなかったのでムダな時間となったわけだが、調べた結果は今後に活かせると思うことにしよう。

その5
こんな感じでバタバタしている私にとっての唯一の癒しの時間、息子の演奏会へ。下の息子は音楽系のサークル2つを掛け持ちしており、それぞれで定期演奏会がある。大学生ともなると地方から来ている子もいることだろうし、わざわざ会場まで鑑賞に来る親は少ないようだけど、それでも私は定演は欠かさず行く。息子がかわいいのはもちろんだけど「楽器を弾く若い男子たち」を見るのが好きなのかもしれない(爆)(大学生になってからは女子もいるけども、よほど演奏が上手な子以外は女子は見ない。)

上記以外に親類で頭の痛い問題が勃発したかと思ったら、あっけなく解決したりと、物理的なだけでなく精神的にも考えることが多すぎて余裕がない毎日。「忙しい自慢」をするつもりは毛頭なく、ほんとにどうにかしてくださいよ~という心境なれど、自分でどうにかするしかないのだよね。当然ながら年賀状の準備などこれっぽっちもやってません!(開き直り)

無事到着

現地時間で日付が変わってからのデリー到着。飛行時間は約10時間。
こちら、霧でほとんど何も見えません。

画像は成田空港。

1日目 デリー

インド一日目は、インド駐在の友人の案内でデリー観光と買い物。

友人専属の運転手付きの車で、まずはクトゥブ・ミナールへ。昼食はビジネス街にある駐在員御用達のお店(オー!カルカッタ)でベンガル料理。次に向かったのはフマユーン。その後、日本人駐在員御用達の紅茶屋さん(ミッタル・ストア)やカーンマーケット内の友人の奥様お気に入りのブティック(アノーキ)などでいろいろ買い物。夕方になりライトアップされたインド門を見てから、予約してあるレストラン(バーベキュー・ネイション)へ。夕食はインド式バーベキュー&ビュッフェ。そして一日目終了。詳細は後日。

今日のひとこと。
デリーのお店はどこも店のスペースやお客の数に対して従業員がやたら多い。そして愛想がよくてサービス精神旺盛!

画像はフマユーン廟

2日目 ジャイプール

朝、ホテルまで現地ガイドのA氏と運転手さんが迎えに来てくれて、車で約5時間かけてデリーからジャイプールへ移動。途中、ドライブインのようなところで休憩して、A氏も一緒にチャイを飲んだ。
ホテルを出発した時は辺りは霧で真っ白だったが、だんだん霧がはれ、お日様も出てきてお昼過ぎには超いい天気に。

ジャイプールのピンクシティに着いて、遅めの昼食をロイヤル・トリートで。タンドリーチキンとターリー式のカレー。

午後はジャイプール観光。ジャンタル・マンタル(天文観測所)、シティパレス、風の宮殿を見学。天気がよくなったので、天文観測所の日時計もバッチリ確認できた。

少し時間が余ったので、silver and art palaceという政府公認のショップに行き買い物。ここでsilverではなくスタールビーを買っちゃった。

夕食はHotel Glits内のレストランでゆるーいラジャスターンダンスのショーを見ながら、またカレー。この日は以上。詳細は後日。

今日のひとこと。
インドのレストランでは空いたお皿は速攻で下げにくる。その速さと言ったらマジで速攻。

画像はシティパレス

3日目 ジャイプール

昨夜はジャイプール泊。
朝、迎えに来てくれたA氏と、さらに途中で合流したジャイプールのガイドさんとともにアンベール城へ向かう。私たちは山のふもとから象に乗ってお城まで行くが、ガイドさんたちは車で裏道を通って先回り。そしてアンベール城を見学。

一度山を降りて、ピンクシティ・ヘリテイジ レストランで昼食。またもターリー式カレー。

午後はオプションで追加した別のお城となんちゃら要塞跡(私が持っているガイドブックには載ってもいないので名前が未確認。聞いたけど忘れた。後ほど確認)へ行くために再び山の上へ。
その後、山を降りて、湖上の「水の宮殿」を岸から眺める。現在は宮殿の中には入れないらしい。

夕食まで時間があったので、バップバザールへ行ってしばしフリータイム。ショールなどが安かったが、品物もそれなりだっので購入には至らず。バングルを値切り交渉しながら大量買い。

夕食は泊まっているホテルで、クリスマス・イブのスペシャルディナー。洋食あり、カレーありのちょっと豪華なビュッフェだった。今日はここまで。詳細は後日。

今日のひとこと。
銀行ATMからクレジットカードのキャッシングでお金を引き出す場合、1回に引き出す金額を制限されることがある。

画像は「象のタクシー」の上から撮った、前を行く象さんのお尻。

4日目 アグラ

昨日もジャイプール泊。
今日もホテルまでガイドのA氏と運転手さんが迎えに来て、車でジャイプールからアグラへ移動(約5時間)。

途中で"特別オプション"の階段井戸とファテープル・シークリーに寄る。階段井戸では帰り際に道端で少年のマジックショーを見せられ、チップを要求される。

アグラの街に入る手前で遅めの昼食。レストランの名前を確認するのを忘れたが、ここでは田園風景が眺められる屋外の席で、またもターリー式カレー。
レストラン併設の土産物コーナーをひやかすが、値段が高いので「見るだけ」にする。

アグラに着いて、こちらからお願いしてガイドさん推薦の土産物店(KARA KENDRE)へ連れていってもらった。アグラの工芸品など見て、さっきの店より良心的な値段設定なのと、日本語ペラペラの店員さんからの丁寧な説明があったので、ここでも買い物。買い物するのはガイドさんへのマージンも考慮してのこと(と言い訳、笑)。

ホテルにチェックインして、しばし休憩したあと夕食をとるため外のレストラン(ハベリ)へ。ホテルが街の中心から少し離れているため、また車で20分ほど移動する。夕食はカレーか中華を選べたが、オットの希望でまたもやカレー。本日はこれで終了。詳細、特に観光部分に関しては後日。

今日のひとこと。
インドでは何かの建物、施設に入場する際には大抵セキュリティチェックがあるが、実際にちゃんとチェックしているかどうかは怪しい。形だけって気も。

画像はホテルのドアマンと、フロントに飾ってあったサンタさん。

5日目 アグラ

まだインドにいます。
朝一でタージマハールへ。駐車場で車を降りて、小さな電動のカートに乗り換えて入場する。
次はアグラ城。昨日からお城をいろいろ見すぎて記憶が混同しそうになっているが、古都アグラの歴史と照らし合わせながら見ているので、一応、それぞれの違いは認識しているつもり。

昼食はタージマハール・レストランでターリー式カレー。昼食後は、大理石の民芸品ショップへ連れていかれ、大理石を加工しているところを見学。タージマハールの壮麗な壁の模様もこうやって作ったのかーと感心するものの、民芸品はものすごく高価(手の込んだ細工なので当然だが)なのでショップはスルー。しかしここにも日本語スタッフがいて恐れ入った。

そしてアグラからデリーへ車で移動(約4時間)。途中、ドライブイン的なところで1回休憩。デリーに近づくにつれて道路は渋滞し、空気は一気に目に見えて煙ってくる。

デリー到着後、夕食。地元の人が行く(観光客はほとんど行かない)レストランで南インド料理。その後、最初に泊まったのと同じデリーのホテルへ。

今日のひとこと。
デリーは大気汚染で天気に関係なくいつも曇っている、どころか遠くが見通せない。街並みや風景の写真は他都市へ行った時に撮っておくのがいい。

画像はインドの夕陽@高速道路から。バイク3人乗りはあたりまえ。

夕食を食べたところ。フードコートになっている。

6日目 デリー

インド最終日。
お昼前にホテルをチェックアウトして、いきなり昼食。日本企業が多く集まっている界隈にあるMoti Mahalでまたカレー。が、デザートが普通のアイスクリームだった。なんか意表をつかれたが嬉しい。

最終日はざっくりデリー観光としか決めておらず、ガイドさんと相談して予定を組むことになっていた。初日に回りきれなかったデリー城(ラール・キラー)と、マイミクさんに教えてもらったアグラーセンの階段井戸に行きたいと前日にA氏に伝えておいたので、まずはアグラーセンの階段井戸へ。A氏も「初めて来た」と言っていた。

次は車からサイクルリクシャーに乗り換えて、オールドデリーの雑踏の中を通ってラール・キラーへ。大混雑で車では入れないそうなので。

ラール・キラーを出たら、またリクシャーに乗ってインド最大級のモスク、ジャマー・マスジッドの入り口まで。金曜日で礼拝があっていたので、中には入らずにまたリクシャーで車が待っている駐車場まで戻った。

それから、これも希望してコンノート・プレイスに行き、やっとみつけたコンビニでレトルトのカレーやらマサラティーやら3ステップで簡単に使えるカレーの香辛料やらを買い込んだ。

いよいよ空港へ。途中で夕食をとるのだけど、あんまりお腹も減っていないのでマクドナルドへ行くことに。私はマックでベジタリアン用のハンバーガーを食べてみたかったので。(カレーコロッケのバーガーだつた。)
マクドナルドはデリー内にたくさんあるが、私達が行ったのはA氏が高校生の時に初めてデートした思い出のお店だった。

ついに帰国の時間が迫る。車の中でA氏とFBのアカウントを教えあう。
空港についたら、ぱらぱらと日本人がガイドに伴われて集まってきていたが、他のどのガイドさんより若くてイケメンのA氏なのであった。そのA氏と神的なドライビンクテクニック(インドではこれ、大事)を持つ運転手さんとお別れして帰国の途へ。

現在、空港内で搭乗待ち中。インド楽しかった。また来たいです。さよなら、インド!

いろいろ見てきたところの画像は後ほどアップする予定。旅の詳細も書きたいことは山ほどあるので、いずれまた。

インド旅行記前段

前記事まではインドからのブログアップ。日本に帰ってからでは忘れてしまうと思い、自分用のメモ替わりだった。(メモ帳も持って行っていたが、PC使用の毎日で手がすっかり退化してしまい、たとえスマフォ入力でも手書きより早いという・・・)

さて、無事に帰国しました。オットが20年来行きたがっていたインドへの旅。もともとオットは一人で行こうと思っていたようだが、今年は子ども達の就職やら進学が無事に決まって、私もようやく長く家を空けてもいいような気分になったので、一緒に行くことにした。友人達の中には「なんでまたダンナなんかと旅行に?」と言う人もいたけど、そして私も「行く先々でケンカするんじゃないか」と思っていたけど、なんとか一度もケンカすることなく旅終了。なんだかインドにいると気持ちが大きく寛容になるようだ(笑)

今回の旅行は小さな旅行会社でツアーを申し込んだのだが、その日程でインドに行くのは私たち夫婦のみだったので、必然的に専属の現地ガイドと運転手を付けてもらうことになった。(初日はフリーにしてもらい、仕事でインドに駐在しているオットの友人に案内してもらったが。)今回の旅行の成功はひとえにこの現地ガイドさんと運転手さんのおかげ。とってもいい人たちでラッキーだった。不愉快な思いをすることは一度もないばかりか、ガイドさんのきめ細やかな気遣いと日本人の考え方をとてもよく理解していることに敬服することしきりだった。

ちなみにこのガイドさん(A氏)はまだ若いが育ちの良さとインテリっぽさを感じさせながらも、話好きで人なつこいイケメン君だった。歴史好きのオットと話が合ったようで、「日本からのお客さんで歴史の説明をこんなに一生懸命に聞いてくれる人は珍しい」と逆に喜んでくれた。もちろん日本語はぺらぺら。

運転手さんは素晴らしい運転テクニックの持ち主。インドの道路は車線はあってないようなもので、道路に大型トラック、バス、乗用車、人力車みたいなリクシャ、オート三輪みたいなオートリクシャ、そしておびただしい量のバイク、さらにラクダや牛、人間が入り乱れて走っている。人間は走っていないけど、ほとんど信号がないので、好き勝手にひょいひょい道を渡る。車に乗ってる方からすると、いきなり横から人間が出てくるから怖いことこの上ない。そして交差点には我れ先に四方八方から上記のあれやこれやが突っ込んできてみんな身動きとれなくなるという、まさに混沌!そんなインドの道路で車を運転するのは、私なんかから見れば「神」の域。

デリーの中心部へ向かう道路。ここは都会の大きな道路なのでラクダとかはあまりいない。画質が悪くて見にくいが、クラクションが鳴りっぱなしなのはわかるかな?
[広告] VPS

インドはこの時期は乾季にあたる。今回行ったデリー、ジャイプール、アグラはどこも北インドにあたるので冬はそれなりに寒い。特に昼と夜の温度差が激しい。私はほとんど薄手のシャツ1枚で過ごして大丈夫だったが、朝のうちだけ上着を着たりもした。A氏は常に真冬用の厚手のジャケットを着こんでいたが昼間は暑そうだった。道行く人はA氏のようにジャケットやセーターを着込んでいる人もいれば、サリー着用の女性はお腹や背中が一部露出していても平気そうだし、なんかもう人により様々って感じ。小さな子どもがやたら厚着をさせられているのは北京と同じだった。雨はデリーで1回だけぱらぱらと振ったが傘が必要なほどではなかった。
ジャイプールやアグラは早朝だけ霧がかかっていたがすぐに晴れて、すごくいいお天気で空も青くて気持ちがよかった。でもデリーは最初は霧のせいで空が曇っていると思ったけど、そうではなくて大気汚染がかなりひどいのだと後でわかった。2007年に行った北京よりもひどいと思った。北京は遠くが白くかすんでいるだけだったが、デリーは煙臭いニオイもするし、空も白いというより薄茶色に曇っている。空気が汚染されているのと土ぼこりの両方だろう。アグラからデリーに戻る途中でみるみる空が濁りはじめ、アレルギー持ちのA氏が咳き込みはじめるほどだった。

各都市間の移動は今回は全て車。汽車にも乗ってみたかったけど、常に「運転手付きの車で移動」ならではの良さもおおいにあったので、まあいいか。A氏と運転手さんは頻繁に携帯でやりとりして、見学場所やレストランを出るとさっとお迎えの車が来て私たちを待たせることはない。時間が有効に使えたと思う。観光バスと違い車の窓からは街の様子も間近に見られてよかったなー(日本人の団体ツアーとしばしばレストランなどで一緒になったが、団体さんは日本と同じように大きな観光バスで移動していたようだ。)

そういえばインド人のA氏のスマホは日本のソニー・エリクソン、日本人の私のスマホは台湾メーカーのHTC。なんだかおもしろいなーと思った。ではいよいよ次から画像満載の観光レポといきたいところだけど、その前に年賀状書かなくちゃ。

 | ホーム | 

【楽天】へGO!

にほんブログ村へのリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

ブログ村新着記事

【amazon】へGO!

QRコード

QRコード

タグ一覧

多肉 着物 カフェ 寄せ植え 渋谷駅 断捨離 着付け セダム 五十肩 ミニバラ タイトゴメ ブロンズ姫 エアプランツ 火祭り 虹の玉 エケベリア ラミュウム 花うらら ハムシー ツルニチニチソウ ニチニチソウ  冬美人 中目黒 白牡丹 半幅帯 桜吹雪 微紋玉 ブーゲンビリア 七宝樹 植え替え 緑内障 アーモンドネックレス 花見 青雲の舞 ジェットビズ ロゲルシー ポロックス 七福神 ヒューケラ テラリウム リメイク 駒込 巣鴨 オレンジX セスキ 収納 無印良品 恵比寿ガーデンプレイス シマトネリコ ハイビスカス コピア ビオラ リメ缶 ポリゴナム アボカド シンプルライフ ミニマリスト 持たない暮らし 京童子 重曹 飛蚊症 マンエングサ ゴールドビューティー キッチン ドライアイ ペパーミント ホームメード 舞台観劇 コンサート クリスマス 引き出し 子宝草 浴衣 果実酒 ポーチュラカ 銀座 お土産 紅茶 エメラルドウェーブ 介護 梅酒 インド ハンドメイド 朝ドラ マンネングサ 十二の巻 メキシコマンネングサ カネノナルキ センペルビウム エスニック料理 舞台 ガーデンシクラメン クエン酸 セスキ炭酸ソーダ オーロラ ペチュニア 恵比寿 リーディンググラス 胡蝶の舞 月の王子 浅草 サンバースト アイビー タイ料理 アジアン料理 エスニック 目黒川 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...