Honey Bee * Lemon-お気楽主婦日記-

50代パート主婦の近況報告兼備忘録。すっきりシンプルライフが理想だけど現実は日々ごちゃごちゃしています。

02<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>04

プロフィール

Author:meiry
2011年に自宅をほぼ全面リフォームし、今もこつこつ家の中を片付け中(難航中)。
趣味はガーデニング、キモノ、PC・スマホ関連、映画、舞台、中華エンタメ、ヴィンテージ雑貨、旅行などなどまだ増えるかも。

2019年4月より夫婦二人の生活になりました。

インスタもやってます。
日常の写真↓
Instagram

旅の写真↓
Instagram

別館ブログ 『meiry's 旅日記』

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

とにかくフィリピンは楽しかったんだよ。

フィリピン旅行は、仕事でよくフィリピンに行くという知人と一緒に行った(連れていってもらった)ので、全くの個人旅行だった。しかも予定もざっくりとしか組んでなくて、長距離バスに乗ろうとバスセンターに行ったら「次の〇〇行きのバスは2時間後」と言われたり、チャーターした船が来なくて船着き場で30分以上待ったあげくに、別の替わりの船に乗ったもののエンジン故障で動かなかったりなど、ものすごい行き当たりばったりでハプニング続きの旅だった。

中でも最大のハプニングが、同行者が警察で事情聴取を受けたことだが(被害者側として)、そんなこんなも全ておもしろく、しかも全て「なんとかなる」で結果的にはたいして困った事態にもならなかった。

インドの時は旅の主導権がオットにあったので、私は自分の主張を抑えた部分もありケンカにならなかったが、今回はそういう全体的に「いい加減な」旅だったので、つい我がままも出てオットと口げんかになったりもしたが、そんな犬も食わない夫婦喧嘩を「おもしろいな~」と笑ってくれる第三者の存在があり、これもまた大喧嘩にならずにすんだ。

というわけで、とっても楽しく珍しいフィリピン旅行の道中を今度こそすぐブログに書こうと思っていたのだが、日本に帰ってくるなり(いや、旅行中から既に)、面倒な内容のメールが来ていて、いささかうんざり。ちょっとこれを先に吐き出したいなという気分なので、次の記事に書きます。くだらん愚痴だけどねー。

たとえばこういう事が面倒なの。

私の帰省中とか旅行中とかに限ってメールしてくる、元会社のおじさん。私が出掛けていることは社長にしか伝えてないので、このおじさんは知らないわけだけど、今回はそんな予感がしたので敢えて「お休みをいただく」とだけ連絡しておいたのに、それでもメールしてくる。

仕事でやりとりしているエクセルファイルが「壊れて開けなくなった」とかで。私の方でファイルのバックアップをとっているので慌てる必要ないのだけど、あまり詳しくない人だと「ファイルが壊れています」というメッセージを見ただけでパニックになってしまうらしい。たまたま私が旅行中で、バックアップファイルを送ってあげることもできず、それに関してはちょっと申し訳なかったとも思うので、あまり腹も立たないが、しかしいつもよりによって何か起こるのが私が家にいない時なのはなんでかなー。

しかも旅行前にあらかた仕上げておいた仕事も、ファイルが壊れたことで、一部やり直しが必要になって、なんだかな、もう!会社のPCのスペックが低すぎてたまにエクセルファイルが壊れるのだ、ぷんぷん。
さらに、このおじさんといい社長といい、日本人なのにメールの文章がいつも不完全で、たまに何を言ってるのかわからない時もあって、それも困る。困るんだけど、まあ仕方ない。やれやれ。

面倒なことはこれだけじゃなくて、またもや幹事をやっている件。
定期的に開かれている集まりの幹事の順番が回ってきたので(あまり詳しく書くと特定されるので、この程度でご勘弁を)、仕方なく「最後のご奉公」と思ってやっている。旅行に行く前にある程度段取りをつけておいたのだけど、この会にお招きする某先生の「ツルの一声」で日程変更をせざるを得なくなった。

お招きはするのだけど、はっきり言って出席していただかなくても会は成立する。前回幹事からの「大変多忙な先生で、この方の都合を聞いているとなかなか日程が決まらないので、先に日程を決めて『ご都合よろしければご出席ください』と連絡した方がよい」とのアドバイスというか申し送りに従って、そうしたのだが・・・。
先生から「その日は都合がつかないが、〇日か〇日なら出席できます。」とのトンチンカンな返事がきた。それが私の旅行中のこと。私以外の幹事さん達、先生からの予想外の返事内容に慌ててしまい、私が帰国するやいなや「どうしましょう!!」とメールが来たわけ。(まったくセンセイと呼ばれる人は、どの業界でも面倒くさい人が多いな!あ、偏見ですけどね。)

この幹事さん達が非常にマジメな方々で、しかも気遣いも並々ならないほどで、つまり独断で事を進める人がいない。私はわりとはっきりモノを言う方なので、何事か起こるたびに「私はこれこれの理由で、こうした方がいいと思います」と断定的なモノの言い方をすると他の人が「同感」とか「賛成」とか返事をくれて、やっとみんな安心して前に進むという流れがいつの間にかできてしまった。

この幹事に関しては、決して嫌だとか面倒だとかは思っていないのだけど、こうあれこれ重なっている状況で、次々とメール攻撃がくるので、いささか神経が疲れるっていうか。。。(だから私みたいな人間はLINEなんかやらない方がいいのよね。)あー、早く本番の集まりが終わんないかな!とつい思ってしまう。これが終わったら、友人関係以外のオフィシャルな会の幹事はもう二度と一生、やりたくない。

天井裏に何かいる!

ちょっと困ったことが、まだ他にもあった。でももう解決済だけど。

ちょうど旅行に出かける3日前だった。
雨が降って寒かった日の午前中、1階の天井裏で明らかに何か生き物が動く音がした。天井のこっちからあっちへ、移動していく足音。下から棒で天井を「どん!」とつついたら、ガサガサッと動いた。1階の天井と2階の床の間に「何かいる!」

近所の友達で、エアコンを新しく設置したか何かで工事をした時に、穴をきちんとふさがなかったら、とたんにネズミに入られたという人が以前いた。ネズミ取りを仕掛けたら、見事にネズミが捕れたんだそうな。だからこの近辺にネズミがいることは知っている。ネズミなのか?ただ、音が異様に大きいので、なんだかネズミではないような気がした。ネットでいろいろ調べたところ、「ハクビシンではないか?」という疑いが浮上。

その生き物は明らかに夜行性で、夜になると大暴れしだした。ネズミみたいな「タタタッ」とかいう音ではなく、もっと激しい。2匹いて相撲でもとっているのじゃないかと思うくらい「どすん!」という音がする。夜中、家族が寝静まった後に一人で1階にいて、その音を聞いていたら、心臓がどきどきして、もう一日も耐えられない気がしてきた。そのうちには「ちょろちょろちょろ」と水が流れる音が!「オシッコしていやがる!!!」 時々ザザーっと何かをひきづる音もする。「キューキュー」という鳴き声もかすかに聴こえた。その夜はほとんど眠れなかった。

とにかく一刻も早く出ていってもらわないと、このまま天井裏でオシッコをされ続けて天井にシミでもできたらかなわない。うちはリフォームしてまだ3年、天井に貼られた壁紙はまだ真っ白なのに!
ネットで最初は駆除業者を検索していたのだけど、ハクビシンだとしたら捕獲するには自治体の許可がいるということだったので、区のHPも見てみた。そうしたらネズミとかハクビシンがいた場合、保健所で相談にのってくれることがわかった。

さっそく保健所に電話。まずは侵入口がどこなのかを特定するため、家の外側を調べに行きますとのことだった(この場合、家の中を調べてもどうにもならなくて、外側を見ないとダメなんだそう)。しかしあさってには旅行に出発することになっている。息子達が留守番でいるにはいるが、彼らに対応を任せるのはどうも心もとないし、そもそも昼間は出かけるので保健所対応は無理。仕方ないので旅行から帰ってから調査に来てもらうよう予約した。

何者かは、時々家の外に出ていくらしかった。静かになっているので「もういなくなったのかな?」と思っていると、また帰ってきたのか音がしてガッカリ。そんなことを繰り返しているうちに、振り続いていた雨が上がった。保健所の人が来てくれるとはいうものの、自分でも調べてみようと思い、家の周囲をぐるりと見て回っていたら、全部の通気口に格子がついているはずなのに、なぜか1ヵ所だけ何も付いていないところがあった。縦10センチ、横20センチくらいの穴がぽっかり開いている状態。侵入口はここだ!(なぜここだけ格子がついていないのかは不明)

ちょうどその時、何者かはお出かけ中のようだったので、穴をふさぐなら今だ!ベニヤ板の切れ端でちょうどいい大きさのものがあったので、地面を少し掘ってベニヤ板の下辺を数センチ埋めるようにして穴をふさいだ。うまい具合にガッチリはまって固定された。
このベニヤ板は家のリフォーム前に小さい棚を自作した時に棚板として使っていたもの。これらのベニヤ板や木切れを捨てずにとっておいたのを、「これも断捨離した方がいいのかな」なんて思っていたけど、やっぱり捨てなくてよかったよ。

こうして穴をふさいだ後は、何者かが戻ってきた気配はなかったので、ひとまず安心して旅行に行けることになった。念のため、時々1階にいて天井裏で不審な音がしないか確認するよう息子たちに頼んで、旅行へ出発した。

さてこの後の顛末は、長くなったので次回に持ち越し。つづく。

【続】天井裏に何かいる!

旅から帰ってきたが、留守中も不審な物音はしなかったそうなので、穴をふさいでおいたことで何者かは侵入できなかった模様。それでも本当にその通気口が侵入口なのか、そして「何者か」は何なのか、ネズミなのか、ハクビシンなのか、はたまた別の生き物なのか、確かめてもらうために予定どおり保健所の人に来てもらった。

保健所から2名1組でやってきた担当の方と玄関先で話をしていたら、ちょうど隣の奥さんが外出から帰ってきて、「どうしたの?」と声をかけてきた。「何か家の中にいたみたいなんです」と言ったら、なんとその奥さん、一発で「あ、それハクビシンじゃない?私、見たのよ!」と衝撃発言!!

奥さんが目撃したのは去年のことらしいが、庭のブロック塀(それは我が家の敷地との境目に立っている)の上を歩いているところを見ただけでなく、写真まで撮っていて、スマホに入っているその写真を見せてくれた。なんとまあ上手にはっきり撮れている写真に写っているのは、鼻に白い線がはいった狸みたいな生き物。それを保健所の人に見せたら「あー、ハクビシンですね。この近辺にもいるんですよ。」と。奥さんが二度目に目撃した時は、子供も連れていたそうだが、その親子連れの写真は撮りそこなったそうな。ともかくハクビシンが二度も出没していたとは。

そんな話を隣の奥さんとしている間に、保健所の人は家の周囲を調べてくれて、「壁もしっかりしているし、軒先などにもスキマはない。なので、侵入口はあの床下の通気口で間違いないでしょう。でも上手に板でふさいであるから、もう入ってこないんじゃないですか?」とのことだった。

肝心の何者かの正体だが、保健所の人は「ハクビシンは身体が大きいので、床下から入って壁の中を伝って天井裏に行くことは考えにくく、普通は軒下のスキマなどから家の中に入る。だから今回はネズミだったのでは?」と言うのだけど、一方で「もしハクビシンだったらトットットッという足音ではなく、ズサーっと何かをひきずるような音がするんですよ」とも。その「ズサー」はまさしく私が聞いた音だ!あれ、きっと尻尾をひきずる音だったんじゃないかな。

また「家のリフォーム時に、壁に結構びっしりと断熱材が入っているのを見たんだけど、あれを食い破って壁の中を登ったんでしょうか?」と聞いたら、「ガス管や水道管が通っているところは断熱材が入っていない。そういう空間を通る場合もあるんですよ。」と。なるほど。うちは今は使用していないが、暖房用のガス管が1ヵ所だけ2階まで通っている部分がある。あそこを通ったのかも。大人のハクビシンは無理でも、子供ならパイプの脇を通って天井裏まで行けたのじゃないかなーと思い、やはり「ネズミでは?」というのには納得できない私。

ところで、ベニヤ板でふさいだ通気口だけど、「このままで大丈夫でしょうか?」と聞いたら、通気量はたいしたことないので1ヵ所くらい完全にふさいでしまっても、他に数か所あいているなら大丈夫。ベニヤ板だけど、あれでしばらくはもつでしょう。」と言ってもらえて安心した。心配なら金網や金属製の格子を付けるといいと、参考資料のプリントをくれた。保健所は施工まではやってくれないので、近所の工務店にでも頼んで下さい、とのことだった。

ともかく何はともあれ、それ以降、何者かの侵入はない様子なので、ほんとに一安心。保健所の人にもいろいろ教えてもらえたし、偶然にも隣の奥さんからハクビシンの目撃情報と写真まで見せてもらって、何かと納得できたので、ほんとによかった。

さて、それでは、これでもどなたかの参考になるかと、うちの通気口の写真をば。
このように、地面とちょっと出っ張った壁の間にうまい具合にベニヤ板をはめこんだので、逆にはずそうと思ってももう簡単には取れなくなっている。
150303換気口2

そして、下は本来の通気口(これはお隣さんの通気口)。うちもこれと同じ形の通気口があるのだけど、この写真で見ると格子ががっちりはまっているのに、うちのは1ヵ所だけ格子がなくて、ぽーんと開いた状態だったわけ。
150303換気口1

「早く気がついて対処できてよかったね」と言われるのだけど、あの物音だと気がつかないわけにいかないよ。田舎の古い家で育ってネズミの足音には慣れているオットも「これはネズミではないだろう」と言うほどの激しさだった。やっぱり私は「ハクビシンだった」とあくまでも思っている。

わたし的癒しの時間

どうしてこう日々、いろんなことがあるのかな。生きていくのに疲れたなんて大げさなことではないが、でも毎日を暮らしていくのに、ちょっと疲れた。精神的なものが大きい。メール攻撃がまだポツポツ続いているし、期限付きでやらねばならないことが重なっているので。そんな事くらいでいちいち心がいっぱいいっぱいになって疲れる自分が情けないが。心の耐性とかスタミナとかが足りんのよね。

さて、そんな私にとって、映画館でただ映画を観るためだけに座っていられる2時間ほどが癒しの時間になっている。家では周りで家族ががちゃがちゃとうるさかったり、自分一人でいても家の中のあちこちが気になって、なかなかじっと座ってDVDを観ようという気になれない。
だけど映画館に入ってしまえば何にも邪魔されないし、「ながら」で何かやろうと思ってもできないので、いっそ諦めがついて目の前の画面に集中できる。かつては何かを作ることに熱中したり絵を描いたりすることもストレス解消の手段だったこともあったが、今はそれも難しいので、映画を劇場で観るというのが日常の中のストレス解消であり癒しになっている。

それともう一つの気分転換はやっぱり人と会っておしゃべりすることかな。一人で引きこもっているのもそれはそれで大好きなんだけど、だからって人と会うのが嫌なわけでもない。特に共通の趣味がある人達との会話は本当に楽しいし、がんばっている人の話を聞くと自分も元気になれる。

そんなわけで、2月某日、映画を観て、その後にオフ会的な集まりがあるというステキな一日がありました。

もうすぐなくなってしまう映画館
IMAG2739.jpg

映画のあとは火鍋を食べに行った。私には久しぶりの火鍋だ~。
IMAG2740.jpg

二次会で昭和レトロな喫茶店で小休止した後、さらに三次会。
このグリルしたいろいろも美味しかった。
IMAG2742.jpg

実は前の晩もいろいろあって眠れず、ほぼ徹夜明けで行ったので、映画の途中で一瞬だけ意識をなくした。私はそういう事は滅多にないのだけど、よほど疲れていたんだろう。でもその後、たっぷりしゃべってみんなから元気もらって帰りました。

そういえば、五十肩完治

これまでの経過についての過去記事
「五十肩」  「五十肩 その後」  「「引きこもり生活」突入のはずだったが。」

MRの予約をしたところまでは書いていたけど、その後「五十肩」については書いていなかったようだ。そして、これまた書きそびれていたが、2月には肩の痛みもなくなり、めでたくリハビリを卒業=完治した。

五十肩だなと自覚してから、しばらくは整骨院に通っていた。が、医者をしている友人から「一度MRを撮ってみて、腱断裂ではないことを確認した方がいい。もし腱が断裂していたら、いくらマッサージをしても治らない。」と言われたので、大きな病院の整形外科でMRを撮ってもらった。結果、炎症を起こしてはいるものの腱断裂ではないという診断。まずは痛みを止めることが先決、と薬を出してもらった。整骨院通いも同時に継続。

2週間ほど薬を飲んだ後に再び整形外科に行くと、「急性の段階を過ぎて、これから筋拘縮期に入る。この時期になるべく肩を動かさないと、このまま固まってしまう。でもまだ痛みがあり、自分で効果的に動かすのは実はとても難しいことなので、リハビリに通うのがいい。」と言われる。通うなら家から近い病院がいいでしょう、とうちの近所の整形外科に紹介状を書いてもらった。

「リハビリ」という言葉は目からウロコだったが、要は自分で動かそうとすることが大事なんだなと非常に納得がいった。近所の病院に紹介状を持っていき、まず整形外科で診察を受けた後、リハビリ科へ。理学療法士の先生の施術は、整骨院で受けるマッサージとさほど変わるところはないのだけど、ただ整骨院では「気持ち良さ」優先だったのに比べて、リハビリ科ではとにかくゴリゴリ動かされ、また自分でもゴムバンドを持って腕(というか、正しくは肩甲骨)を動かす運動とかやらされた。機械で肩をじんわり温めたり、低周波治療器での10分ほどのマッサージもメニューにあった。全体の時間はマッサージだけの整骨院の2倍かかるのだけど、料金は整骨院の3分の1ですむ。整骨院も保険診療でかなりお安かったのだが。。。そんなわけで、リハビリを始めた時点で整骨院通いはやめた。

週に1~2回リハビリに通いながら、時々、外科での診察も受けた。といっても薬はすぐに不要になったので、あとは外科では先生と話をするだけ(笑) そのうち、腕を上げても痛くないし、着替えなども支障なくできるようになり、外科の先生から「もういつでもリハビリやめてもいいよ。ただし自分で家でちゃんと体操ができるならね。」と言われた。「ちゃんとできるか?」と言われると自信がない。まだ時々、鎖骨のあたりが痛くなることがあったので。

しかし2月になって、ほぼ痛みもなくなった。背中の方に腕を回すこともできるようになり、ブラのホックを難なく止められるようになったところで、「もう大丈夫」との確信が持てた。同時にリハビリの先生からも「卒業にしましょうか。」と言われて、ようやくリハビリ完了。

もとのように腕が上がるようになったとはいえ、後ろ手に組んだ腕をぐーっと上にあげようとすると五十肩だった左の方だけ若干、肩に痛みがある。でもこれは致し方ないと思える範囲。これからもなるべく肩甲骨を動かしていれば、そのうち治っていくものかと思うし、肩凝り悪化を防ぐためにも今後も肩甲骨はせっせと動かさねば。

ともかく身体の不調を1つ克服したわけで、まあめでたし、めでたしというところ。

大阪へ。

大阪で行われていた映画祭で観たい映画があったので、何年ぶりかで大阪へ行ってきた。

早朝に家を出て新幹線で大阪へ。新大阪から映画館のある九条までの移動で迷うかなと思い時間に余裕をみて行ったのだけど、すいすい行けたので早めに着いてしまった。なのでぐるなび@スマホで調べて、近くの商店街の中にある老舗の喫茶店で早めのお昼ご飯を食べることにした。(ちなみに大阪の市営地下鉄も私鉄も、私が持っているsuicaで乗れたので、すごく楽だった。もしかして全国規模で交通ICカードの相互利用が可能になっているんだろうか?これは便利だねー。)

純喫茶だそうです。
IMAG2818.jpg

ホットエッグサンドがすごく美味しかった。
IMAG2819.jpg

1本目はこちらの映画館で。これまた古めかしく、そして小さな映画館だった。趣があってよかったけど、こういうところが映画祭の会場の1つになっていることに、ちょっと驚き。異様に狭かったしね。いやスクリーン自体の小ささは特に珍しくないのだけど、ロビーが狭いというか無い(通路しかない)ので、人があふれて立つ場所もないくらい。「早く中に入れて欲しい」と思うのだけど、ギリギリまで入れてくれなかったし。
IMAG2821.jpg

さて、1本目の映画から2本目まで時間が結構あいていたので、どうしようかなーと思う(はい、無計画で大阪に行きましたんで)。Google Maps@スマホを眺めていたら、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが意外に九条から近いということに気がついた。さすがに遊園地で遊ぶほどの時間はないし、雨降ってるし、そもそもおばちゃんが一人で行って楽しめるかどうかも疑問なのでUSJに行くつもりはない。が、USJの隣にユニバーサル・シティウォーク大阪というショッピング施設があるとわかったので、そこなら雨が降ってても大丈夫だし、なんか面白い買い物ができそうだと行ってみることに。実はいつかはUSJにも行ってみたいと思っているので(誰か一緒に行ってくれませんかね?)、その下見も兼ねて。
Yahoo路線情報@スマホで行き方を調べて、またもやすいすいと15分ほどで移動~。

「ユニバーサルシティ」という駅を出ると、こんな感じ。
これがユニバーサル・シティウォーク。
IMAG2823.jpg

シティウォークを抜けると、USJ入口。
IMAG2826.jpg

門をくぐると、これが。
IMAG2827.jpg

ほんとは時間があれば、ここだけでも観たかった。
IMAG2824.jpg

USJの入場ゲートの手前にスーベニアショップがあったので、そこで孫ちゃんにお土産を買い(でもUSJのキャラクターで可愛いものってあんまり無いのね。さんざん探してスヌーピーものを買ったけど)、ユニバーサル・シティウォークでもいろいろとおもしろいお店があったのでブラブラ見て回った。ここのところ家に引きこもりがちだったので、久しぶりのショッピングは楽しかった。

その後、次の映画の会場がある梅田(大阪駅)まで移動。ユニバーサルシティから大阪駅までは電車1本だった。なんだっけ、可愛い路線名だったけど忘れた(笑) 大阪駅を出たらまず向かったのはここ。

どーん!とヨドバシカメラ
IMAG2831.jpg

なぜに大阪に行ってまで家電量販店?と思われるだろうけど。。。以前、大阪勤務だったこともあるオットが「大阪駅前のヨドバシはものすごく大きいよ。行ってみたら?」と言うので(オットも私のデジタル好きを知ってる)、ちょうど買いたいものもあったので寄ってみた。しかしあまりに店舗が広すぎて、目的のものを探すのが超大変だった。結局、欲しいものは置いてなかったが(あんなに広いのにさー、私の欲しいものは無いなんて)、腕時計のバンドを替えたいと思っていたので、これまたおびただしい量のバンドの中ならやっと選んで購入・交換してもらった。

さて、いよいよ最終目的地であり友達との待ち合わせ場所でもある梅田スカイビルへ向かう。ここの空中庭園に行きたいな、というのは大阪に行く前から考えていたのだけど、着いた頃は雨が土砂降りになっていて、これじゃあ空中庭園展望台に行っても景色なんか見えそうもない。わざわざ入場料金を払ってまで行かなくていいやと今回は諦めた。さんざん歩き回ったので、とりあえずカフェで一休み。

梅田スカイビルのある界隈(新梅田シティと言う)はいろいろ見どころがあるらしかったが、あんまりよく調べてなかったので、コーヒーを飲みながらスマホで梅田スカイビルのHPなんかをここに来てやっと見てみる。と、なんと展望フロアの1つ下の39階までなら無料で行けるらしい。待ち合わせ時間までまだちょっとあるし、そんじゃ行ってみよう!とさっそく行動再開。

35階まではエレベーターで、35階から39階までは長ーいエスカレーターで上るのだけど、そのどちらもシースルーなので、すっかり暗くなった外の様子が見えた。雨は降っていたけど夜景は見えたよ。もうこれで充分。39階にはお土産ショップとレストランがあったので、ここでもお土産をちょこっと買う。

これは下りのエスカレーター。写真には写ってないけど、
透明のチューブの中を下ってる感じで外が見える。
IMAG2834.jpg

そうして梅田スカイビルの下まで降りてきたところで、大阪のお友達と待ち合わせ。ビルの地下にある滝見小路というレトロ食堂街に行った。お友達推薦のお好み焼き屋さんに行ったらお店の前に行列ができていたが、せっかくなのでと私たちも並ぶ。私の後ろに並んだカップルは台湾からの観光客で、また別の外国人もガイドブックに載っているこのお好み焼き屋のページを指さして「この店はここか?」と聞いてきた。なんだか有名店らしかった。

滝見小路
IMAG2837.jpg

IMAG2838.jpg

カウンターに座ったら目の前で焼いていた。
これはモダン焼きとも少し違うけど、なんだったのかな?
IMAG2840.jpg

私たちが食べたのは「豚たま」。美味しかった~!!お皿もかわいい。
IMAG2841.jpg

お好み焼き屋さんはあいかわらず並んで待っている人がいたので、食べたらさっさと席を立ちカフェに移動。そこでもしゃべり倒してから、ようやく3階にある映画館に移動した。私は本日2本目の映画。映画館入口でもう一人のお友達とも一瞬だけ再会。わざわざ待っててくださって本当にありがとう。「きっとまた、次はゆっくり会いましょう」と約束して別れた。

映画が終わったら23時くらいだったのかな?歩いて大阪駅まで行って、コンビニでお茶など買いこんで高速バスのターミナルへ。ターミナルが駅の中にあってよかった。新大阪まで行って新幹線に乗るより楽だなーと思ったのだが、だが。やっぱり高速バスは高速バスだなぁ。一応「プレミアムシート」というのにしたんだけど、やっぱり窮屈だし、それに暖房が効きすぎて暑いしであんまり眠れないまま、翌朝、新宿駅に着いたのでした。でもま、寝てる間に東京まで帰れるんだから時間の無駄はないし、ホテル代もかからない。多少寝苦しかったのは仕方ないね。
バスによって設備はいろいろ違うようだが、私が乗ったバスは各座席にコンセントがあり、スマホの充電ができたのは助かった。この日一日スマホが大活躍で、バスに乗った頃にはバッテリー切れそうだったので。

こうして大阪日帰りの旅は終わった。映画はおもしろかったのはもちろん、お友達にも会えたし、充実した一日だった。

自分へのお土産

毎日ふわふわと生きております。(え?)
なんだろうね、いろいろやらなければいけない事が山積みで、その中にはとっても気が重い案件とかもあるのだけど、一方で楽しいこともちょいちょいあるので、なんだかふわふわしとります(それをもしかしたら『地に足がついてない』と言うのだろうか?) がしかし、ふわふわしている場合じゃなかった。世の中は年度末で、皆さんお忙しいのに、私だけボケボケしているわけにはいかないのであった。(それにしても、私って、どんなに忙しくて大変な時でも何かしらおもしろい事をみつけるのが我ながら上手いなーと思う。その結果、ついついはまっちゃって自分で自分の首を絞めているわけだが。)

明日から娘が泊りがけでうちに来て、私のミシンで幼稚園グッズを縫うのだそうな。かつては毎日ガンガンに使っていて、単なる道具じゃなくて「愛機」とも言えるほどだったマイミシンだけど、かれこれ15年ほどほとんど使っていない。放置プレイもいいとこ。はたして今もちゃんと動くのだろうか。。。糸とか綿テープとかの制作に必要な材料は、昔のなごりでまだ在庫がたくさんあるのだけど、肝心のミシンが動かないとどうにもならない。娘が来る前に試運転してみようと思っていたけど、結局できていないのは、いつもどおりのワタクシですよ(開き直り)。

↓は大阪に行った時に、ユニバーサル・シティウォークの中にあった「ノスタルジア ミュージアム」という、アンティークやヴィンテージのおもちゃや、おもしろ可愛いグッズがいろいろ置いてあるお店で買ったもの。ささやかな自分へのお土産。ヘプバーンの缶バッヂで、昔こういうのが好きだった時があったなーと思って懐かしくて買った。

150318缶バッヂ

ちなみに↓は学生時代に買ったマリリン・モンローのシガーケースで、今は切手入れ。
150318シガーケース

「ノスタルジア ミュージアム」には、ブライス・グッズのコーナーがあって、私自身はブライスドールは持っていないけど、ブライス好きなお友達がいて前に話題にしていたなと思い出して見ていた。お店のお兄さんが寄ってきて、「これは新商品」とか「これは一番人気」とか教えてくれて、しばし会話して楽しかった。でもあのお兄さん、全然関西弁じゃなかった。このお兄さんに限らず、久しぶりに大阪に行ったけど、なんだか以前ほどこてこての関西弁が聴けなかったんだよね。なぜだろう?

レッグウォーマー

まだ冬の初め頃、床暖だけではどうも足元が寒いので、突然思い立って、残り毛糸でレッグウォーマーを編んだ。足が太いので大きめに作ろうと思って編み始めたけど、大きすぎて「腹巻か!」というほどだったので一度ほどいて編み直して、ようやく出来上がったのがこちら。(編み目がガタガタなのがばれるといけないので、小さい画像で載せる。)

IMAG2718.jpg

私の最近の編み物は大体いつもこんな感じで、適当に「これくらいかなー」と編み始めて、「やっぱり大きさが変」と数回編み直しをして完成する。赤紫の毛糸は大昔に自分のセーターを編んだ時の残り。グレーは何にするつもりだったのか覚えてもいないけど、なぜか1玉だけ買っていた毛糸。こういう毛糸や布地の余りがどうしても捨てられない。こうして何かの形にして、ちょっと使えば、たぶん納得して捨てられる気がする。

私の編み物歴は結構長い。少しずつ買いそろえていくうちに、編み棒、カギ針、こんなに持っていた。他にも便利な編み物グッズをたくさん持っているが、これらは今後も大事に持っているつもり。編み物は部屋も散らからないし、ちょっとの時間に少しずつ編めるし、編んでいる時間は無心になれるので、よいストレス解消法だと思う。

IMAG2719.jpg
この編み針ケースの赤いギンガムチェックが時代を感じさせるなー。

また1つ片付いた。

いろいろと段取りが狂う事が重なって、すごく気が重いことになっていた某食事会だったが、先日無事に終わることができて、幹事としての任務完了。ほんと気持ちがせいせいした。当日は会費集めなどの会計をやった上に、司会としてのご挨拶まで振られたが、公的な幹事はこれが最後と思っていたので「もう何でもやってやるさ!」という気分で「はい、はい」とこなした。

集まり自体は和やかなもので、集金とお店への支払いを済ませて会計を締めたらすっかり気が楽になり、その後の二次会的なお茶会では存分におしゃべりも楽しめて、帰る頃にはご機嫌になっていたのであった。もうこれっきり参加も無しにしようと思っていたけど、次回の集まりにも行ってもいいかなとか考えが変わったりして。(もう幹事をやらされることもないわけだし。)

さて、東京では桜の開花宣言も出されたので、我が家のお花たちの近況報告も。

プリムラは元気に満開。
P1120886.jpg

なかなか育たず小さいままだったノースポールもようやくお目覚め、花が咲き始めた。
P1120887.jpg

ミニバラ。新しい葉っぱがもりもり出てきた。
P1120888.jpg

 | ホーム | 

【楽天】へGO!

にほんブログ村へのリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

ブログ村新着記事

【amazon】へGO!

QRコード

QRコード

タグ一覧

多肉 着物 カフェ 寄せ植え 渋谷駅 断捨離 着付け セダム 五十肩 ミニバラ タイトゴメ ブロンズ姫 エアプランツ 火祭り 虹の玉 エケベリア ラミュウム 花うらら ハムシー ツルニチニチソウ ニチニチソウ  冬美人 中目黒 白牡丹 半幅帯 桜吹雪 微紋玉 ブーゲンビリア 七宝樹 植え替え 緑内障 アーモンドネックレス 花見 青雲の舞 ジェットビズ ロゲルシー ポロックス 七福神 ヒューケラ テラリウム リメイク 駒込 巣鴨 オレンジX セスキ 収納 無印良品 恵比寿ガーデンプレイス シマトネリコ ハイビスカス コピア ビオラ リメ缶 ポリゴナム アボカド シンプルライフ ミニマリスト 持たない暮らし 京童子 重曹 飛蚊症 マンエングサ ゴールドビューティー キッチン ドライアイ ペパーミント ホームメード 舞台観劇 コンサート クリスマス 引き出し 子宝草 浴衣 果実酒 ポーチュラカ 銀座 お土産 紅茶 エメラルドウェーブ 介護 梅酒 インド ハンドメイド 朝ドラ マンネングサ 十二の巻 メキシコマンネングサ カネノナルキ センペルビウム エスニック料理 舞台 ガーデンシクラメン クエン酸 セスキ炭酸ソーダ オーロラ ペチュニア 恵比寿 リーディンググラス 胡蝶の舞 月の王子 浅草 サンバースト アイビー タイ料理 アジアン料理 エスニック 目黒川 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...