Honey Bee * Lemon-お気楽主婦日記-

50代パート主婦の近況報告兼備忘録。すっきりシンプルライフが理想だけど現実は日々ごちゃごちゃしています。

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

プロフィール

Author:meiry
2011年に自宅をほぼ全面リフォームし、今もこつこつ家の中を片付け中(難航中)。
趣味はガーデニング、キモノ、PC・スマホ関連、映画、舞台、中華エンタメ、ヴィンテージ雑貨、旅行などなどまだ増えるかも。

別館ブログ 『meiry's 旅日記』

インスタもやってます。↓
Instagram

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

やることてんこ盛りな黄金週間

「やること」というより、「やらないといけないこと」、「いいかげんやれよ!(怒)」なこと。普段はなかなか時間が取れず放置状態のあれやこれや(主に家事や趣味関連)を、このGW中に少しでも片付けたい。

と言いつつも、パート先はカレンダー通りに営業。昨日の土曜はスタッフが一人休暇をとっていたので、基本午前のみ勤務の私が終日シフトに入ることに。明日の月曜は本来私は休みだが、午後から早退する人がいるので替わりに私が入ることに。勤務先から自宅が近い私が、いいように便利に使われてると思われがちだけどそうではない。こうやって地道にシフトを埋めて恩を売っておくのも、今後自分が「ここぞ!」という時に気兼ねなく休みをもらうため(笑)

そんなわけでGWといっても実際は大型連休でもなんでもないし、家族は仕事や学校が休みで家にいるので普段よりもむしろうっとおしいのだけど、私は私でとにかく1つでも懸案事項を片付けたいぞ。ならば、こんなブログなんぞ書いていないでさっさとやればいいのでしょうが(笑)、なんか「どっこらしょ」という気合いを入れるために、ここに書いてみた。

あいや、そんなこんなでもうお昼を過ぎたではないか。さて午後の部もがんばりましょう!

追記:仕事はちっともはかどらないのに、休憩ばかりしてまーす(爆)

大失敗!ミニバラの剪定をしていなかった!

IMAG4610.jpg

連休初日、お天気のよいうちにと植え替えをした。葉が巨大化したミニバラを一回り大きな鉢へ(画像右)。枯れた下葉をとり、込み入った枝も整理してさっぱり。空いたテラコッタの鉢は一度洗ってから、プランターに植えてあったガーデンシクラメンを引っ越し(画像左)。これで夏の間は涼しいところに置いて管理する予定。

シクラメンは2つ苗があったのだけど、1つは気がついたら下の方が腐ってドロドロになっていた。急いで腐った葉を取り除いたけど、たぶん根も腐っていると思う。今、瀕死の状態なのでプランターにそのまま残してある。やっちまったなぁ。でも2つあったうちの1つはこうして元気なので、まあヨシとしよう。(超前向き思考)
画像の奥の方に映っているのは八重咲ペチュニアで、花芽がたくさんついているので、そのうち一気に咲きだすと思う。

ところで、ミニバラ。この時期になっても花が咲かないどころか、つぼみすら全くついていない。おかしいなぁと思い調べてみたら、バラは冬の間に剪定をしないと花がつかないそうな。これ、基本中の基本なのかもしれないが、私はそんなの知らなかった。花がついていないから、有り余った栄養が葉に行って、葉が巨大化したのか?

これは今後どうしたらいいのだろう?秋にもう一度花が咲くそうだけど、このままでも咲く?今からでも剪定した方がよい?あまりにわからないので、「ミニバラ 剪定 忘れた」でネット検索したらいろいろ出てきた。剪定を忘れる人も結構いるのね。今からでも剪定してよさそうだけど、しかし、うちの場合は植え替えの時期も遅すぎたので、植え替え直後に剪定をしてはいけないのでは?ううむ、悩む。。。

IMAG4628.jpg

道端で摘んできて、ブリキの缶に適当に置いていた野良多肉。いつの間にか根をはり、そして気がついたら黄色い花が咲いていた。ということは、これが群生していた空き地の一角は、今ごろ黄色い花でいっぱいなのかなぁ。今度見に行ってみようかな。

クエン酸とセスキ炭酸ソーダの違い

<自分用覚え書き>

遅ればせながらウチでも少し前からナチュラル洗剤を使ってみている。先日、食器洗い機の縁についた白い汚れ(保温ポットなどにもよく付くアレ)にクエン酸水をスプレーしておいたら劇的に汚れが落ちたので(これほどまでに落ちると思わず、ビフォーの画像がないので使用前・使用後の画像比較ができないのが残念!)、本格的に使いこなそうと改めていろいろ調べた。

すぐに忘れてしまうので、ここにメモ。

【クエン酸】
水200ccに小さじ1(汚れに応じて濃くする)
水垢、石鹸カスの汚れ、鏡のウロコ汚れ、トイレの除菌・消臭
●使用できないもの・・・大理石、鉄
●塩素系の洗剤と混ぜてはいけない!

【セスキ炭酸ソーダ】
水500ccに小さじ1
油汚れ、皮脂、手垢、血液などのたんぱく質の汚れ
●使用できないもの・・・畳・白木、アルミ

ちなみに【重曹】はセスキ炭酸ソーダと同じ弱アルカリ性だけど、発泡性と研磨作用があるので鍋の焦げ付き落としに適している。でも汚れを落とす力自体はセスキ炭酸ソーダの方が強い。

成分的なことを言うともっといろいろあるのだけど、とりあえず使い方と「使ってはいけないもの、部位」さえ覚えておけば失敗なく使えるのでは?
トイレ用だの浴室用だのキッチン用だのって各場所ごとに洗剤を買っていたけど、今後これらを使い切って全てナチュラル洗剤に替えていけば、洗剤の置き場所も少なくてすむかなぁと思っている。そして素手で掃除ができるのがよろしい。私はゴワゴワしたゴム手袋をつけて掃除をするのがどうしても苦手なので。

わたしのGW中のお楽しみは・・・

GW中、買い物以外で唯一出掛けたのが、このミュージカル。
IMAG4648-1.jpg

帝国劇場 入口
IMAG4640.jpg

劇場ロビー
IMAG4649.jpg

募金箱の横にあった出演者による寄せ書き
IMAG4642.jpg

今回チケットを購入したのは、コープのチケット取扱いサイト。抽選だったけど運よく当たった。そこを利用するのは初めてだったから、ビギナーズラックだったかな。(その後、友達に頼まれて別のミュージカルのチケットをとってあげようと思ったらハズレたし。)席は選べなかったが、まあまあいい席。通路側だったのだけど、途中で出演者が後方から通路を通ってステージへ上がるシーンがあり、自分の傍を通った時に役者さんの生の歌声が聞こえて「おおー、ほんとに歌ってる!」と変なところで感動した(笑)

ミュージカルって、何回も同じものを観たくなるなって納得した。主演さんのファンだったら尚更だろう。

センペルビウム リベンジ

連休中に東急ハンズにフライパンを買いに行きまして。
うちのフライパン、我が家をリフォームした時にフライパンも新しくしたので、ちょうど丸5年使ったことになる。テフロン加工のフライパンで5年というのはかなり長持ちした方では?長持ちの秘訣は「金属製のフライ返しを使わない」という以外にもいくつかあるのだけど、話が脱線するので、ここでは触れない。

その5年使ったフライパンがさすがにテフロン加工がはげて使えなくなったので、渋谷の東急ハンズに買いに行った。ついでに多肉売り場ものぞいてきた。そういえば今までハンズの最上階まで上がったことがなかったのだけど、「屋外に多肉売り場がある」と多肉友達から聞いたので。

さほど売り場は広くはなく、多肉の種類もそんなにはない。しかも値段が高い。が、しかし、ここでも出会ってしまったの。ひと目惚れの多肉に。

160507センペルビウム1

名前はついていなかったが、これはセンペルビウム。センペルさんといえば、過去に蒸れて溶かしてしまった苦い経験がある。あれは多肉初心者だった頃、思えば多肉のセンペルさんに対して鉢が深くて大きすぎたし、普通の園芸用の土に植えていたしで「そりゃ蒸れるでしょうよ」な環境だったのよね。

で、いつかリベンジしたいと思っていたところ、なかなかプロポーションのよいセンペルさんに出会った。しかもこの子、ランナーが3本も出ている(家に持ち帰ってよく見たら4本目も出ていた)。将来性もありってことで、お買い上げ。

160507センペルビウム2

確かにお値段高めなんだけど、こんな素敵な鉢に植えてあるので半分は鉢代だな。ちゃんと多肉用の土に植えてあるので、植え替えの手間も要らないことを考えれば、まあ納得のお値段ではあった。

ネットでセンペルさんの育て方を再度確認していたら、「センペルを溶かした」というブロガーさんが多い。やはりセンペルは溶けやすいのか。。。これからの梅雨、真夏と高温多湿な季節を無事に乗り越えられるよう、今度こそがんばる!ってか、センペルさん、がんばれ!

黄金週間の振り返り

昨日の月曜はたまたまパートのシフトに入っていなくて休みだったので、私のGWは実質昨日までだった。といっても10連休とかではなくて、合間にちょこちょこパートに行ったり、あと在宅で請け負っている仕事がちょうど月末月初で忙しかったりした(つまり在宅仕事に連休はない)。

というわけで遠出もせず、家で何やってたかというと、なんだか毎日、布団干しと冬物の洗濯に明け暮れていたような。ベランダが狭くて一度にたくさん干せないので、毎日ちょっとずつという感じで。GW中、ほぼお天気が良い日が続いたので、その点は助かった。

あとは多肉や葉っぱたちの世話。結局、あいた時間は好きなこと(=葉っぱ達との癒しの時間)ばかりして過ごしていたので家事は全然はかどらなかった。葉っぱたちの世話というのは、とにかく植え替え、植え替え。前はこの植え替えが面倒だったが、最近はやり慣れてきたせいか、前ほど億劫ではなくなった。調子にのって寄せ植えもいくつか作ったので、そのうち根が落ち着いたところで写真撮ろう。

書きだしてはみたものの、GWを振り返っても特に何も書くことなかったねー。ミュージカルを観に行ったことはもう書いたし。あとは、片づけをしようと広げたまま力尽きて逆に部屋を散らかしてしまったり、ミニバラをはじめとした花や葉っぱ達の様子に一喜一憂したり(ミニバラがまたうどん粉病になって、とてもブルー)、そしてあいわらずチケット取りでアタフタしたりと、いつもと変わらぬ日常。平和ではあったが、たいして休養にもならない、そんなGWだった。

セダムの寄せ植え 作りました

IMAG4665.jpg

前に花屋さんで「大人買い」した多肉のうちのセダム3種と、お地蔵さんの足元に生えていたのをいただいてきた野良多肉を寄せ植えに。真ん中のが野良でこれもセダムの一種だよね?前に調べて「ゴールデンビューティ」だよねーなんて書いたけど、セダムはいろいろ種類があって、名前も和名、洋名いろいろあって(マンネングサとかタイトゴメとか)キリがないので、もう調べないし覚えないことにした。今後は全部、セダム(笑)

道端に勝手にはえている多肉は圧倒的にセダムが多く、セダムは雨ざらし陽ざらしにしても元気に育つとわかってきたので、この寄せ植えは外に放置の予定。寄せ植えにしては隙間があいているけど、今後モリモリに増えることを期待。それでも隙間があったら、他の「外に出しっぱなしでもOK」と判明した多肉を挿していこうかな。多肉も過保護にした方がいい姫系と、外気にさらしてたくましくした方がいい野生児系とある、というのがわかってきた(よそ様の外置き多肉を観察した結果)。

花屋出身のセダム3兄弟は、真ん中の野良セダムの勢いに負けずにがんばって育ってくれよ。


正体不明の植物。スミレ?
IMAG4668.jpg

ご近所の方が要らなくなった鉢に「ご自由にお持ちください」と書いた札をつけて、大量に並べているところに通りかかった。立派な素焼きの鉢があったので、遠慮なくいただいた。その鉢にひょろりと生えていたのがこれ。「スミレか何かの種が飛んできて、勝手に生えたもの。抜いちゃって~」と言われたのだけど、きれいな葉っぱだったのでちょうどよい大きさの鉢に植え替えてあげた。ネットで見たスミレの葉に確かに似ている。花が咲けば嬉しいけど、花がなくて葉っぱだけでも充分、鑑賞できる。
いただいた素焼きの鉢には別のものを植える予定。鉢が大きくてすごく重いから、外に出しっぱなしOKのものを植えよう。


IMAG4663.jpg

これはウチのではなく、上とは別のご近所さんのお庭に咲いていたもの。これもセダムだと思う。これだけまとまって花が咲くと、とてもかわいい。広いお庭があって羨ましいな。私はもう庭のある家に住むことはないだろうなと思う。無い物ねだりをしても仕方ないから、これからも玄関先のネコの額よりも狭いスペースにちまちまと鉢を並べて楽しんでいくよ。

2015夏の想い出-帰省その1-

去年の夏の話を今頃。久しぶりに一家全員(娘一家も一緒に)揃って九州のオットの実家に行った時のことを途中まで書いて放置していた。途中といっても、ほぼ完成間近であったので、せっかくだし、最後の仕上げをしてアップすることにする。
夏休みを利用しての帰省だったが、帰省というより家族旅行のノリで遊んできた。

------------------------------------------------------------
<一日目>
まずは実家の近くの浜に行って軽く水遊び。海水浴場ではないので石ゴロゴロだけど、やどかりなど小さい生き物がいて癒された。夜は私たち夫婦が結婚式を挙げたホテルにて、両親も一緒に家族で会食。

P1130516.jpg

P1130552.jpg
海の幸満載のお料理、のほんの一部


<二日目>
朝からサファリパークへ。

P1130574.jpg
子連れの娘一家はこの猛獣バスに乗り、私たち大人家族は普通の乗用車(レンタカー)で、いざサファリゾーンへ。

P1130593.jpg
網目の隙間からエサをやれるので、こうして動物が寄ってくる。

P1130621.jpg
ラクダ。

P1130606.jpg
象の集会。

P1130598.jpg
水牛の散歩。

P1130670.jpg
ラクダの行列。

P1130589 - コピー
ライオンの昼寝。

私自身はサファリパークなんてもう何年ぶりか?というくらい珍しい体験で興奮して写真を撮りまくったけど、全部載せても仕方がないのでこのへんで。
さてこのサファリパークには、小動物と触れ合えるコーナーも併設されており、これがまたおもしろかった。

P1130633 - コピー
モルモットをお膝に載せたり、

P1130652.jpg

P1130651.jpg
リスザルに餌をあげたり、

P1130644.jpg
カンガルーの群れの中にお邪魔したり。なんだ、このおっさんカンガルー。

P1130648 - コピー
アナタ、餌をもらっておきながら態度悪すぎでしょ(笑)

P1130664 - コピー
ポニーに乗ったり。

さんざん遊んでホテル(実家には泊まらずホテル泊)に戻り、夕暮れ時のビーチへ。
IMAG3256.jpg

IMAG3257.jpg

そしてこの日の夕食もご馳走でした。
P1130689.jpg

「その2」へつづく。

2015夏の想い出-帰省その2-

<去年の夏の話を今頃書いているシリーズ>は続く。
 -帰省その1-はコチラ
------------------------------------------------------------
<三日目>
水族館へ。イルカのショーが大迫力でおもしろかった。
P1130705.jpg
イルカさん達がお客さんのところに行って挨拶している。

P1130707.jpg
最初はこんなに間近で見られる絶好のポジショニングだったのだが

P1130712.jpg
こーんな水しぶきがかかるので慌てて避難。
(ショーが始まる前に「海水がかかるのでカメラや携帯には注意して」としつこくアナウンスがあり、またレインコートの販売もあったり、無料でタオルを配ったりもしていた。)

動画を以下に。1つ目は近くから、2つ目は避難後に遠ーくから撮ったもの。


しぶきをかぶってキャーキャー言ってるお客さんがおもしろい。



あとは水族館で撮った写真をズラズラと。
P1130756.jpg

P1130765.jpg

P1130763.jpg

P1130770.jpg

IMAG3275.jpg

そして帰途へ。帰りの飛行機の中から富士山がきれいに見えた。→『機上からの富士山』

------------------------------------------------------------
以上、何を今さらな「夏の想い出」でした。
今後もこうして、思い出し記事を書くことがあるかもしれない。旅行記ブログもこんな感じである日、唐突に更新するかもしれない。あくまでも「かもしれない」。。。

2015夏の想い出-香港時間-

これも去年の夏のことなのに、書きそびれていた件。

中華愛好つながりの友達と大山にある『香港時間』さんに行ってきた(正確に言うと連れていってもらった)。香港式のミルクティーとエッグタルトがいただける、香港好きな方たちが一度は詣でるというお店。店内でも食べられるのだけど、すごく狭い。ぜひ大繁盛して、香港スタイルの客席のあるお店に成長して欲しいね、と友人たちと話した。商店街の中にあって若干場所がわかりにくく、もう一度一人で行けと言われても地図を見ないと行けないだろうな。(お店に伺ってから既に8ヵ月もたってしまったけど、お店は今もちゃんと営業されています。)

IMAG3361.jpg

IMAG3364.jpg

ミルクティー&エッグタルト
IMAG3365.jpg

お持ち帰り用のパック
IMAG3366.jpg

香港時間



関連ランキング:カフェ | 大山駅板橋区役所前駅中板橋駅


子どもが小学生だった頃の工作の作品を写真で残しておく

これまた、かなり昔にさかのぼった「思い出し記事」。

写真を撮ったのは、なんとさかのぼること5年。我が家を全面リフォームするため仮住まい先にいったん引っ越しをしたのだけど、その際に結構大幅な断捨離をやって、子ども達の図工や美術の作品類もかなり処分した。処分する前には写真を撮って。それを一部公開。(つまり作品類は5年前ではなく、さらにもっと昔のもの。)

以下は、次男が小学校の1~2年生の頃、通っていた学童保育に併設されていた「工作室」で作ってきたもの。工作室というのは本当にありがたい所で、絵の具や工作の材料になる木切れとか画用紙など何でも揃っていて、電動の糸鋸もあって、指導してくれる先生もいたので、安全に好きなものを作れた。当時、息子はいろんなものを作って持って帰ってきた。

羽子板。お正月頃に作ったのかな?
P1040423.jpg

ジグソーパズル。
P1040482.jpg

これは「自由作品」とも言うべきもの。
真ん中は『どーもくん』だと思われる。右は何だろ?ゲーム機かな?
P1040485.jpg

車とミニゲーム(小さい玉を穴に入れるゲーム)
P1040491.jpg

こういう写真はほんとはプリントして、アルバムにでも貼ってやればいいのだろうけど(実際、上の子たちにはそうしたような気もするけど)、今はデジカメで写真撮っても、それをプリントすることはまずないからねぇ。せめて私のブログに貼っておくことにした。

多肉寄せ植え、作ってみた

多肉植物にはまって以来、初めての本格的な寄せ植え作り。手の平に乗るようなミニミニサイズだけど、できた。この日のために寄せ植えに適していそうな多肉を集めていて、ようやく揃ったので。ただぎゅうぎゅうに詰め込んだだけで、まだ根付いてはいないのだけど、このままどの子も枯れずに落ち着いてくれますように。

IMAG4680.jpg

メンバー紹介(笑)
IMAG4682 - コピー

十二の巻、シロボタン(白牡丹)、フユビジン(冬美人)は100均多肉、セダムは野良多肉。桜吹雪ブロンズ姫は鶴仙園さんで買ってきた鉢から一部株分けしたもの。実は写真では見えないが、十二の巻の陰にエケベリアのちびっこもいる。花屋さんで親株をとったあと特価で売られていた鉢に勝手に増えてたエケさんで、在庫処分ものなので詳しい名前はわからない。

「セダムの名前はいちいち調べない」とは言ったものの、どうもこれはメキシコマンネングサと言うらしい。
それから、大抵の多肉はネットで検索すればすぐに「育て方」が出てくるのに、フユビジン(冬美人)だけは中国語のサイトしかヒットせず。中国の百度百科によるとパキフィツム属で別名「東美人」とある。ただアズマビジン(東美人)で出てくる画像はなんかちょっと違う気がするわー、という謎の多肉なのでした。

ウチのキッチンマットの変遷

突然ですが、キッチンマットの話。結婚以来、いや一人暮らしを始めて以来、キッチンの流し台やコンロの前には必ずマットを敷いている。その方が床の汚れが防げると信じているから。

我が家のキッチンはコンロ(IHクッキングヒーター)と流し台が一直線につながった「I型キッチン」で、長さは210センチ。これはあまり一般的な長さではないので、この210センチにぴったり合うキッチンマットがなかなか売っていないのである。(わりとよく売っているのは180センチか240センチ。)『180センチのマットを敷いて端が少し床が出ている状態』が私的にはとてもイヤで(そういう性分なので)、どうしても210センチのマットをぴったり敷き詰めたい。

キッチンのリフォーム後、キッチンマットも新しいものにしようとして、この210センチの現実を知った。その時は急いでいたので210センチマットを探すのは諦めて、150センチと60センチを並べて敷くことにした。

P1050141.jpg

これ、自由ヶ丘のおしゃれな雑貨屋さんでみつけたもので、色柄はとても気に入ったし、2枚を合わせるとちょうど210センチになるのも好都合で買って帰ったのだけど、見てのとおり同じはずの幅が大きく違う!

P1050140.jpg

表示では同じ幅だったんだけど、家に帰って敷いてみて初めてこんなに違うとわかった。しょうがないから、そのまま使ったんだけどね。

その後、お店ではなかなかみつからない210センチマットも、ネットで探すと売ってはいるらしいとわかり、みつけたのがこちら。
P1090256.jpg

横に写っているのは、もう10年以上使って塗りがハゲハゲになってきた踏み台。キッチンの棚の高いところに手が届かないので、この踏み台をいつもここに置いてある。
で、キッチンマット。ようやくぴったりサイズをみつけたし、柄も汚れの目立たないものをチョイス。が、ある誤算が!この多色使いの柄が災いして、うっかり野菜の切れ端とかを落としたら、まあみつからないこと!「どこいった?どこいった?」状態になる(笑) 野菜を切っていて、よくまな板から落としてしまう私が悪いんでしょうが。。。

そして、次に買い替えたのがこちら。前回の教訓をもとに、無地にした。
IMAG3340.jpg

これは、好きな長さに切ることができるマットで、確か生協のカタログに載っていたもの。これなら自分で210センチに切ればよい。薄くて床に吸い付くように敷けるので全くずれないのも気に入った。何より無地でシンプルだし。それで今後は買い替える時も同じものをリピートしようと思ったのだけど・・・。最近、毛玉がすごく出るようになって、新品の時はよかったが(写真はもちろん購入直後に撮ったもの)、今は見た目が非常に悪い。

どうも気に入るものがみつからない。気に入らないからって次々に買い替えているわけではなく、一定期間は使っている。これはリフォーム後5年間の変遷である。5年で3枚って買い替え頻度が多すぎるのかどうなのかわからないけど。新しいのを買うたびに嬉しくて写真を撮っていたので、たまたまこうしてキッチンマットの歴史がわかっておもしろかったので、載せてみた。

だがしかし、おもしろがってばかりもいられず。これからも210センチマットを求めて、(たぶんネットを)ふらふらと探し続けることでしょう。

舞台鑑賞用に使い捨てコンタクトレンズを作った話

IMAG4713-1.jpg

先週、観に行ったシネマ歌舞伎。舞台を映画にしたもので、このようなものをテレビで観たことはあったが映画館で観たのは初めてだった。迫力があり、これはこれでとてもおもしろいと思った。当日は先行上映会ということで、主役3名の舞台挨拶もあり、たまたまその中に「明日がお誕生日」という人がいた。ステージ上にケーキが運ばれてきて、皆でハッピーバースデーを歌ったりという、よくあるシーンを生で見られたのもおもしろかった。

がしかし、本日のお題はシネマ歌舞伎のことではなくてですね。

最近、舞台づいている私、舞台鑑賞用にワンデイ(一日使い捨て)のコンタクトレンズを作りました!
というのは、普段使っている遠近両用のハードコンタクトレンズでは舞台など遠くのものがよく見えないから。遠近両用といっても、ド近眼の私の場合、遠と近のバランスをとるために近視の度数を落としてある。それはわかっていたのだけど、友人と一緒に行った旅行で友人には見えている看板や表示が私には全然見えないことに気づき、想像以上に遠くが見えていないことに愕然とした。

そんな折、たまたま別の友人と会った時に、専業主婦であまり外出の機会がない彼女が「普段はメガネ、お出掛けの時だけワンデイのコンタクトレンズを使う。」と言うのを聞いて、「なるほど、たまにしか使わないなら使い捨てレンズでもいいわけか」と思い至った。そこで舞台や映画をくっきりはっきり観るために(というか、お目当ての役者さんの顔をじっくり見るために)、遠近両用ではなく近視用で自分の度にあったコンタクトレンズを処方してもらい買った。

何度かそのワンデイのコンタクトレンズを装着して出かけてみたけど(もちろん舞台鑑賞の時)、なるほどよく観える。でも、遠近両用ではないので当然ながら近くは見えない。値札や飲食店のメニューが見えないし、自分の腕時計とかもよく見えない。ある時、道で外国人に地図を見せられ「I want to go here!」と道を尋ねられたのだが「 here! here!」と指差されても、それがどこなのか見えなくて困った。

老眼鏡も持って出かけるのだけど、使い慣れないからいちいちバッグから出すのが面倒で。首からぶら下げておくといいのかもしれないが(そのためのチェーンも持ってはいるが)、それもまた邪魔くさいし。

といろいろ文句言ったところで、どうにもならないけど。あーあートシとるってほんと面倒くさいことが増える。

5月最終週はこんな感じですぎて、早くも6月!!

あいかわらず日々がびゅんびゅん過ぎていき、明日から6月!いやになるなぁ。ちょっとあれこれ手を広げすぎて、頭の中も家の中もまとまらなくなっている。

先週のある日。いつもは半日のパート仕事を、頼まれて午前午後と延長してやった。これもいつかやってくる「ここぞ!」という日に、できるだけ気兼ねしないでお休みをもらうため。その日はちょうど職場でお弁当が出る日だったので、ある意味ラッキーだった。いやいや、食べ物につられただけでなくて、いつもは入らない時間帯のシフトも経験してみると、いろいろためにもなるからね。

IMAG4777.jpg

週一で通っている習い事も、一日も休まず順調に進行。実は全8回のコースでいったん終了なのだけど、そのまま続けて上のクラスに進むことにした。8回だから万難を排して(ちょいと大げさ)休まず通えているけれど、このまま継続となると1回も休まずというのは難しいかも。休み休みでもゆっくりペースで続けられたらいいのだけど。

また、ある日は夕方からテレビ朝日へ。六本木の映画館には何度も行ったけど、お隣のテレ朝のビルに入ったのは初めてだった。某バラエティ番組の観覧に行ったのだけど、「笑うところではしっかり大きな声で笑って」と言われたので、「わはは!」と笑っていいストレス解消になった。考えてみれば、最近、大きな声を出すことってなかったなぁ。

IMAG4788.jpg
現在放送中の番組ポスターがずらり。

IMAG4787.jpg
この「徹子さん」はお人形です。このあたりは誰でも入れて見学できる。

さらに、パートがお休みの日に『宮本 隆司 写真展:九龍城砦 Kowloon Walled City』を観に行った。
20年前に取り壊されてしまった香港の九龍城砦を撮った貴重な写真。「地元の人でもないのに、よくこんなところまで撮影できたなぁ」と思うような写真もたくさんあった。一緒に観たのが香港に詳しい皆さんだったので、写真を観ながら自分の知らなかった話も聴けてありがたかった。その後、お茶しながらさらにいろいろな香港話ができて楽しい一日だった。

IMAG4792.jpg
品川駅港南口オフィス街のビジネスマンやウーマンに混ざってのランチはタイ料理。

とまあ、あっという間に一週間が過ぎて、また新たな一週間。(月曜は仕事が休みなので、どうしても私の週の始まりは火曜からという感覚。)今週もいろいろと盛りだくさんだ、がんばるぞー!

 | ホーム | 

【楽天】へGO!

にほんブログ村へのリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

ブログ村新着記事

【amazon】へGO!

QRコード

QRコード

タグ一覧

多肉 着物 カフェ 寄せ植え 渋谷駅 断捨離 着付け セダム 五十肩 ミニバラ タイトゴメ ブロンズ姫 エアプランツ 火祭り 虹の玉 エケベリア ラミュウム 花うらら ハムシー ツルニチニチソウ ニチニチソウ  冬美人 中目黒 白牡丹 半幅帯 桜吹雪 微紋玉 ブーゲンビリア 七宝樹 植え替え 緑内障 アーモンドネックレス 花見 青雲の舞 ジェットビズ ロゲルシー ポロックス 七福神 ヒューケラ テラリウム リメイク 駒込 巣鴨 オレンジX セスキ 収納 無印良品 恵比寿ガーデンプレイス シマトネリコ ハイビスカス コピア ビオラ リメ缶 ポリゴナム アボカド シンプルライフ ミニマリスト 持たない暮らし 京童子 重曹 飛蚊症 マンエングサ ゴールドビューティー キッチン ドライアイ ペパーミント ホームメード 舞台観劇 コンサート クリスマス 引き出し 子宝草 浴衣 果実酒 ポーチュラカ 銀座 お土産 紅茶 エメラルドウェーブ 介護 梅酒 インド ハンドメイド 朝ドラ マンネングサ 十二の巻 メキシコマンネングサ カネノナルキ センペルビウム エスニック料理 舞台 ガーデンシクラメン クエン酸 セスキ炭酸ソーダ オーロラ ペチュニア 恵比寿 リーディンググラス 胡蝶の舞 月の王子 浅草 サンバースト アイビー タイ料理 アジアン料理 エスニック 目黒川 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...