Honey Bee * Lemon-お気楽主婦日記-

50代パート主婦の近況報告兼備忘録。すっきりシンプルライフが理想だけど現実は日々ごちゃごちゃしています。

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

プロフィール

Author:meiry
2011年に自宅をほぼ全面リフォームし、今もこつこつ家の中を片付け中(難航中)。
趣味はガーデニング、キモノ、PC・スマホ関連、映画、舞台、中華エンタメ、ヴィンテージ雑貨、旅行などなどまだ増えるかも。

2019年4月より夫婦二人の生活になりました。

インスタもやってます。
日常の写真↓
Instagram

旅の写真↓
Instagram

別館ブログ 『meiry's 旅日記』

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

舞台挨拶ライブビューイング付き上映

IMAG0057.jpg

待ちに待っていた映画が公開になり、初日に観に行った。
ネタバレをうっかり読んでしまうのが嫌で、期待の映画はなるべく早く試写会で観てしまいたいクチなのだが、この映画では残念ながら試写会には当たらなかった。なので初日の初回を観に行き、舞台挨拶のライブビューイング(中継)も観てきた。またもお初の体験(ライブビューイング)。

舞台挨拶については去年何度か参加して「生で見ること」にはある程度満足してしまったので、ライブビューイングで充分かなと思った。毎回ライブビューイングがあるとは限らないけども。初日の舞台挨拶付上映も、「出演者登壇ありの試写会」同様なかなか抽選に当たらないから、ライブビューイングがあると嬉しいのにな。「生で見ること」にはこだわらないけど、たとえばこういう舞台挨拶とか映画祭の時のティーチインとかで出演者や監督本人の口から語られる言葉を聴くというのは、活字媒体で文章に起こされたものを読むのとは全然違うおもしろさがあるのだよ。

ただ今回の舞台挨拶は映画上映後の登壇だったにも関わらず、撮影秘話などが語られることもなくて、ちょびっと期待はずれ。女優さんの胸元ざっくり大胆お衣装を大画面で観られたのが一番印象に残ったという(苦笑)

ともかくこの映画公開を皮切りに、私のこの夏の“お楽しみ”が急発進する。8月、9月にこの“お楽しみ”を存分に堪能するために、先に済ませられる用事は極力済ませてしまおうと、いつもに増してバタバタ動いていた7月だった。そして“お楽しみ”は秋以降も続いて毎年恒例の映画祭シーズンへと突入するのかな?(映画祭の方は年々しょぼくなっているから今年はどうなるかわからないけど。)

楽しく充実している時こそブログ更新が滞ってしまうのが常なのだが、振り返り記事も含めてなんとか遅れがちでも書いていけたらいいなぁという気持ちだけはあります(笑)

【100個捨てる!】最終回

ほそぼそと「捨て」活動を続けている。

先日は引っ越し以来「開かずの箱」となっていたダンボール箱を開けたら、整理して処分したと思っていたVHSテープが大量に出てきた。おそらく引っ越し当時はまだきっと捨てられなかったのだと思うけど、あれから数年たって「VHSのテープはまず観ない」と判断したのでほとんどのテープを捨てた。実は再生用のビデオデッキはまだうちにあるので、子ども関係のイベントを撮ったものなど何本かは残してあるけど。(→そのうちDVDかBlu-rayに焼き直そうと思っている。)

自分の衣類や小物は随時、見直しをしていて、普段用のバッグやサンダルをいくつか処分した。普段用はわりと使い古してしまうから捨てるのも惜しくはないし、捨てる罪悪感もない。捨てるハードルは低いが、捨てればそれなりにスッキリする。

いただきもののバスタオルとフェイスタオルのセットがあり、まだ箱に入ったままだったので、娘に頼んでバザーに出してもらうことにした。箱入りの新品ならリサイクルショップでも引き取ってもらえるのだけど、どうせ買取金額は雀の涙にしかならないから「バザーに出す=寄付」という道を選択。

同じくいただきもののデザート用のスプーンとフォークのセット。なんと結婚祝いでいただいたもので、きれいな化粧箱に入ったまま保管していたが、「箱に入れているから使わない」ということにようやく気がつき、箱から出してキッチンの引き出しへ。箱は処分。代わりに自分で買った安物のスプーンとフォークを処分した。

とまあ、細々したものを気がつくたびに捨ててきたけど、ここで気がついたのは、「一気にゴミ袋何袋分を処分!」というほど捨てるものがうちにはもう無いということ。いや相変わらずモノの量は多いけれど、「不要!今すぐ捨てる!」というものはあんまりない。ここまで来ると捨てるものの数はそうそう稼げないので、「100個捨てる」という目標はあまり意味がないなぁと思った。

今後は今あるものが本当に我が家に必要なのかをじっくり考える。持っているリスク(場所をとる、家が散らかる)と捨ててしまうリスク(あとで必要になり買い直す出費)を比較して、持ち続けるのかどうか考える。実際、もう要らないと思ったものに再び利用価値が生まれて「とっておいてよかった」と思うものが結構あったし。

そんなわけで、100個まで行きついていないのは残念だけど、【100個捨てる!】はここらで終了とする。
これからも常に「要不要?」を意識しながらモノを整理していくつもりなので、「捨て」活動の記事はたまに書くことがあるかもしれないけど、数量をカウントするのはやめようと思います。

モノ減らし、いよいよ趣味の領域へ。

モノ減らしで、『趣味のものは一番最後に手をつける』などとよく言われるが、私もついにその段階へ。(モノ減らしが最終段階に到達したわけではないのだが、なんだか今は捨てられそうな気分になっているので。)

「コレクション」と書かれたダンボール箱をご開帳。
一番古いスクラップブック、というかクリアファイルは某俳優の雑誌のグラビアやインタビュー記事を集めたもの。はまりかけの数ヵ月ほど集めたが、その後はわりと早くに「ゆるく見守る」体勢になったので、ファイルは2冊しかない。主に男性ファッション誌とアイドル雑誌。当時から既に『POTATO』とかあったのよね。ただこの俳優さんがすぐに本格俳優へと成長して『POTATO』には登場しなくなったので、切り抜きを集めるのもやめてしまったわけだが。

はまっていたのは約20年前で、その俳優さんもまだ20代だった。インタビュー記事では役者という仕事のことはもちろん、まだ独身だった彼が恋愛や結婚について語ったりもしているわけですよ。それらを読んでいたら、なんだかこっちまでこっぱずかしく、とても最後まで読めやしない。これはもう「よい思い出」として心にとどめてファイルは捨ててしまおう。そもそもファイルを再利用できないかと、この古いファイルを出してきたのだけど、微妙に汚れていたのでもうファイルごと捨ててしまう。

たまたまグラビアの裏が芸能ニュースのページになっていて、何気なく目を通したら「〇MAPも出てるバラエティ番組がGO」なんていう見出しがあった。『〇マ×〇マ』だと思いきや、それより古い『夢が~』のことだった。思わず遠くを見てしまったよ・・・。まさしく一昨日、彼らの解散が速報で流れたところだったので。

他には〇ガシが某国営放送の大河ドラマの主役に決まったとか(すっかり忘れていた。J事務所で大河の主役をやったのは岡〇くんが最初じゃなかったんだね)、原宿のJハウスの前でTO〇IOが握手会やったとか(めっちゃ若々しい彼らの写真入り)、なかなかおもしろいタイムスリップのひとときだった。

大掃除の最中に畳の下に敷かれた古新聞に思わず読みはまる、という『サザエさん』にもあったワンシーンを再現しつつ、ファイル2冊処分完了。

『西洋更紗 トワル・ド・ジュイ展』in6月

振り返り記事です。
もう2ヵ月も前になるのか。『西洋更紗 トワル・ド・ジュイ展』の内覧会に行ってきた。
もう終わってしまっていますが、詳しくはコチラ(公式サイト)。

とにかく布地が好きで、特にインド更紗が好きなので、「西洋更紗」とはどういうものかと興味があったのだけど、要するにインド更紗がヨーロッパに渡って「西洋更紗」になったということらしい。「トワル・ド・ジュイ」はドイツのもの。西洋更紗はのちに日本にも入ってきていて、江戸時代の着物の柄の見本帳のようなものも展示されていた。江戸時代、既にこんなカワイイ柄の着物を着ていたのか!という驚き。

もちろん「トワル・ド・ジュイ」もたくさん展示されていた。うっとりと見て回ったのだけど、布地とかテキスタイルデザインとかに興味がなければ、わざわざ入館料を払ってまで観るほどではないか(入館料1400円はお高いよねー)。そういう意味では内覧会招待券で鑑賞できたのはラッキーだった。

当日はお土産までいただけて、申し訳ないくらい。
会期中にブログを書いて宣伝するべきだったのよね(汗)

クリアフォルダ、一筆箋、チケットフォルダそして案内はがき。
どれもトワル・ド・ジュイの伝統柄。

P1140488.jpg
ポストカードもたくさんあったので、気に入った柄のカードを購入。
どれもステキな柄で3枚選ぶのに迷って迷って大変だった。
本来の色がブログの写真では出ないと思う。ちょっと残念というかもどかしい・・・。

IMAG4939.jpg
100均で買ったミニ額に入れてみた。

IMAG4941.jpg
こんな感じ。

会場でもらったチラシ。まだ先のことだけど、こういうのもやるらしい。お好きな方はいかがでしょう。
P1140495.jpg

ここ数ヵ月の「外ご飯」まとめ

振り返り-食日記-です。

まずは東南アジア料理。
160618海南鶏飯食堂
海南鶏飯食堂2 恵比寿店
奥に個室が1つ(?)あり、運よくそこを予約できたので、落ち着いた空間で楽しくおしゃべりできた。店名の海南鶏飯(ハイナンジーファン)はシンガポール料理だけど、メニューにはタイや中華っぽいものも。パクチーサラダ、おいしかった。

次はお久しぶりの香港カフェ。
160706贊記茶餐廳
贊記茶餐廳 (チャンキチャチャンテン)
前に行った時よりメニューが増えた?あいかわらず厨房から広東語ががんがん聞こえてくる。開店当初は行列ができていたけど、今はさすがに行列はなく、店内もゆったりまったりした雰囲気で居心地が大変よい。

香港カフェでランチした後、台湾カフェへ。
160706春水堂-2

160706春水堂-1
春水堂 飯田橋サクラテラス店
いつのまにかあちこちにできていた春水堂。中華に興味ない友人も知ってはいたけど「店名を何と読むのかわからなかった」そうな。チュンスイタンと読みますよ。この日はフルーツ入りの豆花(トウファ)をいただいた。

さらにこちらもお久しぶりのタイ料理屋さん
160809ピーマイ
ピーマイ
何度か行っているお気に入りのお店だけど、今回初めて気がついたのは「パクチー大盛り」シリーズのメニュー。前からあったっけ?パクチー好きはぜひ行くべし。タイ料理が好きでいろんなタイ料理屋さんに行ったけど、ピーマイは私の一押し。何を食べても美味しい。でもいつも混んでいるのが玉にきず。

最後はザ・中華。
160810中国茶房8
中国茶房8
六本木店は何度か行ったけど、今回初めて新宿店へ。新宿三丁目駅の真上で、お店で待ち合わせた友達も「すぐに場所がわかったよ」とのこと。友達のおすすめで牛コリコリ(ホルモン)の炒め物をはじめて食べた。牛コリコリがあるお店はなかなか無いそうで、友達も「久しぶりに食べた」と喜んでいた。画像のドリンクは「楊貴妃のお気に入り」というカクテル。

こうしてみると、どんだけアジア料理好き?だって好きなんだもん。イタリアンやフレンチと比べてお安く美味しいものが食べられるしね。

さいたまスーパーアリーナ

このカテゴリ(映画/音楽/本/テレビ)でいいのかなと悩みつつ(^^;)

お初のさいたまスーパーアリーナへ。
せっかくチケットが当たったのにうっかり出張を入れてしまったパパさんの代役で、お子さま向けイベントに参加。当たった席はアリーナ席で、床に席番号を書いたシートが張られていて、その枠の中に座るというもの。皆さん、家族連れでゆったり座って観覧。
(私史上初のアリーナ席が「おかいつ」イベントとは・・・苦笑)

途中、おねえさんやおにいさん、着ぐるみのキャラクター達が台車に乗ってぐるぐるとアリーナ周囲を回ってくると、ちびっこ達は立ち上がって手を振る(ちびっこは立ってもOKらしかった)。思わず「おねえさんはファンサしてくれるのか?」とか思ったが、主要キャストは個別のお手振りはなかったような。周囲で踊っているダンサーさん達は近くの子どもに反応していたようだけど。(このダンサーさん達を見て、内心思うところがあったのだが、ここでは書かない。)

おねえさん、おにいさんはさすがに歌のプロ(だろう)から歌声も素晴らしかったが、着ぐるみ達のアニメ声の合唱はいささか聞き苦しく、こんなのを成長過程のお子達に大音響で聴かせてよいのか?とは思った。
ラストにはキャノン砲によるテープ打ちがあり、ここでまた思わず「銀テだ!拾わなきゃ!」と反応してしまう自分。はい、しっかり金銀両方拾って持って帰りましたよ(笑)

イベント終了後のロビーは飽きたり疲れたり眠くなったりのお子達がそこここで「ぎゃー!ぎゃー!」と泣きわめき阿鼻叫喚!とりあえずキャラクターと並んで記念撮影をした後、早々に退散してきた。あ、記念撮影もスタッフさんがシャッターを押してくれるというサービスあり。それ以外は写真も1枚も撮る余裕なし。荷物は多いし、大混雑の中で子どもが迷子にならないようしっかり手をつないでいないといけないし、小さい子連れでのイベント参加ってほんと大変だなぁ。私がパパさんの代役で行かなかったら、ママ一人では大変だったろう。
ま、ほぼ母子家庭だったうちは、イベントごともほとんど私一人でこなしてましたがね(ここで過去の恨み言をチクリ)。

ともかく私はお初のさいたまスーパーアリーナに行けたので満足。なかなか行く機会がないから。せっかく行ったのに、さいたま新都心駅との往復しかしてないけどね。

お譲りしたいもの一覧

この記事はブロとものみ閲覧できます

赤坂actシアター

IMAG0114.jpg
この夏最大のお楽しみ、念願だった舞台の東京公演が始まったので行ってきた。

IMAG0118.jpg
演目にちなんだオリジナルドリンク

お芝居の感想については別のところに書くとして。
こちら何回分かのチケットを確保しているのだが、まず1回目は一般発売で購入した2階席で鑑賞。2階だけど前が通路の席なので観やすいかと思っていたところ、実は目の前に手すりがあり、その手すりがちょうど視線の中央をさえぎる形で邪魔で仕方なかった。これは誤算だったなぁ。2階席のA列とG列は避けた方がよいと思ったので、忘れないようここに書いておく。次回からは1階の席なので、手すりの心配はないだろう。

はりきって開場前から並び、パンフレットとオリジナルグッズのバンダナをゲット。Tシャツは悩んだけど買わなかった。Tシャツ、あんまり着ないからなぁ。記念に持っておくだけなら要らないなぁと思って。あと数回来るから、欲しくなったらその時に買えばいいやと思っていたら、後日、Tシャツは品切れ、入荷待ちになったらしい。あらら。

そういえば、もうずっと前だけど、香港のとあるイベントに参加した時にTシャツもらったんだよね。イベントでみんなでお揃いのTシャツを着たの。あのTシャツ、それ以来仕舞ったままだった。出してよくよく見てみたら、黒地に白い文字が入っているだけ、その文字も当たり障りのない英文字のみ。アーティストの名前すら入ってなかった。ということで、息子の普段着に。厚地の生地でモノはよいので、きっと着心地はいいと思うよ。

そんなわけなので、今回のシャツはたぶん買わない、と言いつつ、次回再入荷したTシャツを見たら「在庫あるうちに!」とつい買ってしまうのかもね(笑)買ったら今度は仕舞い込まずに着ますよ。可愛いデザインだったし。

着付けの教室と本『買ってはいけない着物と着物まわり』

突然だけど、4月から始めたお稽古ごとについて、ようやく明らかにしようかな。
お稽古と言ってよいのかどうか?だが、着付けの教室に通っている。今までなんでもったいつけて書いていなかったかというと、「着付けを習いに行く」と言うと大抵の人が「着物を売りつけられるよ」などと脅してくるから面倒くさくて、あんまり人に言いたくなかったから。

最初は無料の短期間のコースから始めるのはどこの教室も同じようだけど、確かに中には強引な商売をしているところもあるにはあるらしい。ネットでクチコミを探すと「被害者の体験談」がいろいろ出てくる。そういう業界でもあるので、「着付けの教室」についての情報を求めている人は多いが、しかし悪徳かどうかというのは一概には決められないのではとも思う。受講する方が何を求めているかにもよるし、着物の販売の斡旋も人によっては「押し付け」と感じたり、逆に「お得に買い物できて助かる」と感じたり。。。

そういうことを考えていると、ブログに詳しく書くのは控えておこうという気持ちになるし、それならいっそ書かないでおこうと思っていた。が。。。

4月から始まった無料のコースを無事終了し、今は有料のコースに進んで引き続き通っている。クラスのメンバーも、仕事の都合で辞められた一人を除き全員が一緒に進級した。今のところ通うのがとても楽しくて、この教室を選んでよかったと思っている。一人で上手に着られるようになったらキモノでお出掛けを楽しんでみたいと夢も膨らむし、和装のことを今後も勉強していきたい。そういう段階まで来たので、ようやくブログに書いてみる気になった。

先日ははじめての展示会も経験。呉服問屋さん主催の販売会だが、そこで着物の歴史とか慣習についてのお話しも聞けて、教室生の特典でお安く買える着物を着付けの先生方に一緒に選んでもらえるというもの。ネットでは悪評高い「展示会」だが、私とは別の教室に通っている友人に聞いてみたら、その友人は着物を見る目を養えるし着物のことをいろいろ教えてもらえて勉強になるよと、前向きなご意見だった。

でも、自分が「煽り」に弱いことも自覚しているので、
一応↓のような本を前もって読んで知識武装もしてみた(笑)


行ってみたら、先生たちに囲まれて無理矢理買わされるということもなく、ゆるーい雰囲気だったのでちょっとホッとした。自前の着物はほとんど持っておらず、気に入るものがあれば買おうとは思っていたので、あれこれ反物をあててもらって、複数の先生のアドバイスもいただいて、わりとサクッと欲しいものがみつかってめでたくご購入~。

教室のお仲間と一緒に行ったのだけど、高額な買い物だから、皆さんかなり悩んで迷って最後はヘロヘロに疲れたりもしながら、なんとかそれぞれ買い物を済ませた。でもみんな満足な買い物ができてニコニコしながら帰ったなぁ。着物が仕立て上がってくるのが楽しみね~と話しながら。私は一番に買い物が済んだので、みんなが終わるまでの間は、じっくりと他の着物や小物を見て回り、問屋さんの話を詳しく聞いたりしておもしろかった。

今、とても興味のある分野なので、今後はちょこちょことキモノのことも書いていけたらいいなと思っている。

夏が終わってしまう~からの多肉話

先週と今週は、パート仕事が全日程でロング(午前午後シフトに入っている)。
職場でお休みをとる人が多く、シフトの穴埋め要員である私がフル稼働しているわけで、こんなにびっしり働くのは珍しいかもしれない。しかしもともと8月と9月は私自身も「遊ぶぞ!」と決めていたから、こうなったら仕事に行く日以外はとことん自分の好きなことをする!家事はしない!と勝手なルールを作った。(いやもとから家事はあんまりしてないけどサ、笑)

だけどやっぱり、私は遊ぶのが下手なんだろか。どうもまだ完全燃焼できていない気分。かといって、じゃあ何もしてない時間で休養できているかというと、そうでもなく。。。でもまだ8月はあと少し残っているし、9月もあるし、がんばって(というのもヘンだけど)すぎゆく夏を満喫するのじゃ!

IMAG4936.jpg

7月初めに買った多肉。サンバースト、火祭り、エケベリアの何か(名前不明)。このうちサンバーストは鉢に植えてすぐに枯れてしまった。うちにお迎えした多肉のうち最短の命だった。

今は多肉のほとんどが“オフシーズン”のようで、上の3つも売れ残りで安くなったものを買ったのだけど、それ以降はお花屋さんの店頭で多肉を見かけることもなくなった。“オフシーズン”に植え替えとかやると、やはり多肉の命を縮めてしまうことになるみたいで、サンバーストも下手に鉢に植えたりせずにプラポットのままにしておけばよかったのかな、と後悔しても後のまつり。

まつりといえば、上の火祭りは鉢に植え替えてもそのまま元気に育っている。今ではすっかり緑色になってしまい、「どこが火祭り?」な状態だけど、元気でいてくれるならそれでいいよ。秋、冬に紅葉するのを楽しみにしている。

「LINEはやりません、やりたくないから」ではダメなのか?

LINEのIDを教えてくれって言われてもな、LINEやってないんだよね。
メール一斉送信すると必ず誰かしらからはじかれてしまって送りなおしたりするの面倒だから、幹事さん的にはLINEで連絡するのが楽なのかもしれないけどね。幹事交替するまで、その面倒な作業を私がずっとやってたわけだから、面倒さはわかるよ。でもLINEやってないから教えるも何もIDないのよ。

私以外に3名もLINEのIDがわからない人がいて、「みんなID教えてー」って言ってきたけど、それらの人がみんなLINEやっていると思っているのか。さらにみんなが「はい、はい」とIDを教えると思っているのか。その感覚が既にどうもね。

面倒ならもう連絡回してくれなくていいと思っているんだが・・・。そう言ってしまうのもカドが立つだろうし。だいたいこういう感覚の人には「LINE強制されるくらいなら、関係を断ってくれてもいい」というこちらの気持ちを理解してもらえるとも思えない。「なんで?なんで?なんでLINEやらないの?便利なのに!」って言われるのがオチだし。

とりあえず返信するのは保留にして、私以外の3名の出方を見てみようと思ってる。
もともと「そろそろ抜けたい」と思っていたところ、この「LINEのID教えろ」で決定的になるかも。

 | ホーム | 

【楽天】へGO!

にほんブログ村へのリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

ブログ村新着記事

【amazon】へGO!

QRコード

QRコード

タグ一覧

多肉 着物 カフェ 寄せ植え 渋谷駅 断捨離 着付け セダム 五十肩 ミニバラ タイトゴメ ブロンズ姫 エアプランツ 火祭り 虹の玉 エケベリア ラミュウム 花うらら ハムシー ツルニチニチソウ ニチニチソウ  冬美人 中目黒 白牡丹 半幅帯 桜吹雪 微紋玉 ブーゲンビリア 七宝樹 植え替え 緑内障 アーモンドネックレス 花見 青雲の舞 ジェットビズ ロゲルシー ポロックス 七福神 ヒューケラ テラリウム リメイク 駒込 巣鴨 オレンジX セスキ 収納 無印良品 恵比寿ガーデンプレイス シマトネリコ ハイビスカス コピア ビオラ リメ缶 ポリゴナム アボカド シンプルライフ ミニマリスト 持たない暮らし 京童子 重曹 飛蚊症 マンエングサ ゴールドビューティー キッチン ドライアイ ペパーミント ホームメード 舞台観劇 コンサート クリスマス 引き出し 子宝草 浴衣 果実酒 ポーチュラカ 銀座 お土産 紅茶 エメラルドウェーブ 介護 梅酒 インド ハンドメイド 朝ドラ マンネングサ 十二の巻 メキシコマンネングサ カネノナルキ センペルビウム エスニック料理 舞台 ガーデンシクラメン クエン酸 セスキ炭酸ソーダ オーロラ ペチュニア 恵比寿 リーディンググラス 胡蝶の舞 月の王子 浅草 サンバースト アイビー タイ料理 アジアン料理 エスニック 目黒川 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...