Honey Bee * Lemon-お気楽主婦日記-

50代パート主婦の近況報告兼備忘録。すっきりシンプルライフが理想だけど現実は日々ごちゃごちゃしています。

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

プロフィール

Author:meiry
2011年に自宅をほぼ全面リフォームし、今もこつこつ家の中を片付け中(難航中)。
趣味はガーデニング、キモノ、PC・スマホ関連、映画、舞台、中華エンタメ、ヴィンテージ雑貨、旅行などなどまだ増えるかも。

2019年4月より夫婦二人の生活になりました。

インスタもやってます。
日常の写真↓
Instagram

旅の写真↓
Instagram

別館ブログ 『meiry's 旅日記』

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

持病はあっても長生きの夢はまだ捨てない

6月末のある日は通院デー。月に一度行っている眼科、二ケ月に一度の内科、まとめて行ってきた。どちらも今、何か症状があるわけではないのだが、予防措置的に薬をもらっている。

ここでサラッとカミングアウトすると、実は去年、脊柱管狭窄症という診断もくだっている。整形外科に通って電気治療を受けるよう言われたが、これは自主的にやめた。電気治療(電気刺激による物理療法)は痛みの緩和にはなるが根本的な治療にはならないと知っているし、私の場合は軽度で「痛くて歩けない」なんてこともないので。正確な診断さえつけばよかったのであって、後は筋トレと日常の動作や姿勢に気をつけることで症状を軽くしていこうと思っている。

去年、立て続けにいくつも病名がついて持病持ちになってしまったが、そのかわりモヤモヤとしたいわゆる不定愁訴的なものはなくなってきた。具体的な病気については対処法もはっきりしているからモヤモヤすることもない。「なぜかわからないけど疲れて何もしたくない」というようなことは少なくなった(慣れたのかもしれない)。

6月はすごく久しぶりに出かける用事も少なく時間的に余裕があったので、毎週3回カーブスに通った。毎日行ってる人もたくさんいるから週3回では大きな顔はできないけど、私は先月は2回しか行けなかった(月に2回だよ)から、大進歩!残念ながら体重は全然減らないけど、肩凝りは軽くなったと思う。一時ひどかった五十肩はすっかりよくなり、今では後ろ手で合掌ができるまでになった。肩の可動域はなんとか元にもどった模様。

こんな今の状態を維持できたらいいのだけど、ちょっと予定が立て込むとすぐに生活が不規則になってしまうし、寝不足になる。少しぐらい忙しくても乗り越えられる程度の体力をつけなければならん。とりあえず筋トレしよう。

そういえば、内科でポスターを見たのだけど、帯状疱疹のワクチンがあるらしい。ちょっと興味ある。。。
IMAG6947.jpg

梅酒&プラム酒を仕込んだ

7月になった。7月も6月に引き続き予定を詰め込まないようにして、ゆっくり過ごそうと思っていたが、すでに何やらあれこれ予定が入っている。仕方ないな。とにかく生活リズムを崩さないよう努めながら、断捨離の方も粛々と進めていく!

ところで、何年ぶりかで梅酒とプラム酒を仕込んだ。今まで梅酒一辺倒だったが、今回は梅の量を半分にして、初のプラム酒に挑戦。(たまたま生協のカタログに美味しそうなプラムが載っていたので。)

IMAG6949.jpg

IMAG6952.jpg

IMAG6953.jpg

本当は冷暗所に置いた方がよいのだろうけど、日々の変化を見ていたいからキッチンのバックカウンターにしばらく置いておく。ここにも私の「ガラス瓶好き」が見える(笑) お米とかシリアルとか、炊飯の時にお米に混ぜるカルシウムの粉とかをガラス瓶に入れてます。

買った材料を全部使いきってしまいたかったので、梅酒、プラム酒の材料の分量をレシピサイトで調べた作り方から少し変えてみた。

【梅酒】
梅:500g、氷砂糖:300g、ホワイトリカー:900cc

【プラム酒】
プラム:450g、氷砂糖:100g、ホワイトリカー:900cc

プラム酒の氷砂糖はこれでもレシピより多めなんだけど、たったこれだけでいいのかな?
あと「梅を水につけてアク抜きをする」とか、「プラムは洗って一日ほど干しておく」とか、後になっていろいろネットでみつけたが、時すでに遅し。何もしないできなり漬けこんでしまったよ。それでもできないことはないでしょう。出来上がりが楽しみだな!

【振り返り】大阪へ観劇遠征(2016年10月)

最近の画像の整理は済んだので、いよいよ溜めに溜めた過去画像の整理にとりかかる。
ということで、まずは去年の大阪遠征を振り返ることにする。

------------------------------------------------------------
迷いに迷ったあげく「やっぱり千秋楽を観たい!」と決心して、『VBB』の大阪公演、大千秋楽を観に行った。日帰りだったので早朝の新幹線で大阪へ向かった。

車窓から見えた富士山。
IMAG4930_BURST001.jpg

大阪到着。地下鉄の淀屋橋駅で降りて土佐堀川を渡る。
IMAG4943.jpg

川沿いをてくてく歩く。
IMAG4949.jpg

フェスティバルホール到着。
IMAG4954.jpg

まずは腹ごしらえ。せっかく大阪来たからお昼はかすうどん。
IMAG4964.jpg

いざホールへ!大っきくて立派な階段に圧倒される。
IMAG4962.jpg

上まで登りきったところで振り返ってパチリ。
IMAG4958.jpg

ロビーでもパチリ。
IMAG4965.jpg

星が降っているかのような天井からのライト。
IMAG4972.jpg

ここでも演目にちなんだオリジナルドリンクをいただく。
IMAG4975.jpg

大千秋楽とあって、終演後のカーテンコールの後になんとスペシャルライブまでもあり、ほんとにほんとに行ってよかった。その感想は別に書いたので、省略。ただ「迷ったら行くべき」との思いを新たにした経験でした。

劇団☆新感線 恒例の千秋楽の「せんべい撒き」。私の席は後ろの方だったから、出演者が投げたお煎餅は届かなかったけれど、通路まで配りにきてくれたものが席から席へと手渡しで回ってきて、無事に私もいただけた。

普通の醤油せんべいなんですけどね。
IMAG4991.jpg

感動と興奮の余韻に浸りながら帰路へ。
IMAG4982.jpg

IMAG4983.jpg

IMAG4988.jpg

川面に映る灯りがとてもきれいでうっとり。そして、「私はここらへん、前に来たことあるなぁ」とも思ったのだが、調べてみたらやはり。2006年の大阪アジアン映画祭で上映された《玉観音》(日本未公開作品)を観るために、あの時も中之島に来たのだった。場所は同じだけど、建物が建て替わっていたのね。あー、あれから10年たっていたのか。

そして数か月後に発売された『VBB』のBlu-rayがこちら。特典ディスクに千秋楽のスペシャルライブも収録されていたのは嬉しかったが、でもあの場で生であの興奮を味わえたのは一生の思い出。何回も言うけど、ほんとうに行ってよかったよ、大阪!!

IMAG6372.jpg

------------------------------------------------------------
実は大阪に先立ち富山公演にも遠征したのだけど、そちらは一泊の小旅行になった。『VBB』観劇以外にもあちこち観光して回って、どっちかというとその観光の方がメインになってしまったので、富山に関しては旅ブログの方に”いずれ”書こうかなと思うとります。旅先で足を捻挫するという、最大のスットコもやらかしたし、それはそれできっとおもしろい旅日記になると思うよ。書けたらの話だけどね(爆)

プラム酒、追加!&クロネコさんと多肉

梅酒0.9L、プラム酒0.9Lを仕込んだのだけど、いつも梅酒を作るのに使っていた1.8L用の瓶が未使用のままだった。最初はこの大きな瓶は邪魔になるから使わないつもりでいたのだけど、「やっぱり使わないともったいないよな」と思い、追加で仕込み。

スーパーではもう青梅は売っていなかったが、真っ赤に熟した美味しそうなプラムが売っていたので、プラム酒を追加することにした。

IMAG6955.jpg
仕込み後3日目のプラム(右奥)は赤い色がかなり抜けている。

【プラム酒2】
プラム:900g、氷砂糖:300g、ホワイトリカー:1800cc

前回と少し材料の分量を変更。氷砂糖を多めにしてみた。プラム、最初のは何という種類か不明だが、今回のはサンタローザという品種で高知産。試しに1個、そのまま食べてみたら酸味は少なく、甘くて美味しかった。
結果的に梅酒とプラム酒を合わせて、いつもの2倍量を作ることになったが、娘宅にもお裾分けするつもり。

------------------------------------------------------------
関係ない話だけど。
さっき宅配便が届いた時、配送の人が玄関脇に置いていた多肉棚に興味を示して、「これは全部サボテンですか?」と聞いてきた。「あー、多肉植物っていうんですよ。お水をあんまりやらなくても育つんです。」と答えたら、「これは手入れは簡単なんですか?」「へー、おもしろいですね、コレとか、コレとか」と、リトープスや子宝草を指さしてしばし見入っていたが、「あ、すみません!」と慌てて車に戻って行った。初めてみる顔だったけど、これから彼がこの地域の配送を担当してくれるのかな?また多肉、見に来てね(笑)

たいした内容ではなく、ただ写真を貼りたかっただけのブログ

某舞台の当日券狙いで劇場まで行ったのだけど、甘く見すぎていたようで、発売開始の何時間も前に行ったにもかかわらず長蛇の列だった。幸いにも私が着いたすぐ後に、係の人が「本日お売りできる当日券の数を大幅に超えているので、ここにお並びいただいても買える可能性は限りなく低いです」と言いにきてくれたので、無駄な時間を費やすはめにはならなかった(でも行き帰りの時間だけでも充分無駄にはなった)。

予定がなくなり時間があいたので、久しぶりにウロウロと買い物をして帰った。最近、ネットでばかり買い物していたので、お店であれこれ物色する楽しみは久しぶり。そして、てくてく歩いて帰宅。少しは運動になるかなと思いながら。

IMG_20170708_214315.jpg

娘の帰省時に『ジェニーちゃん』達を発掘!

IMAG5375.jpg

いきなり不気味な画像で失礼(汗)
古いお人形を写真に撮ると、こうもコワイ感じになるのか・・・。

断捨離しなければと言いつつ、子どものモノはなかなか処分する決心がつかず、おもちゃの類もまだ若干残してある。娘の人形と着せ替え用の洋服や細々した小物もプラスチックの引き出しケースに入れたまま保管していた。それが久しぶりに日の目を見ることに。孫たちが(男の子なんだけど)最近人形遊びに目覚めたとかで、うちに遊びに来た時に出してやったのだ。劣化はしているもののカビなどなくて、まだ遊べそうだった。(髪の毛が逆立ってコワイけど。)上の画像の、緑色のドレスを着ているのは、なんと娘ではなく私のものなので、えーとン十年前のものですね。物持ちが良すぎ!(笑)

お布団は私の母の手作り。
孫(=私の娘)のために作ってくれたもの。
IMAG5373.jpg

男児2名、さっそく興味津々で遊びだした。
IMAG5384.jpg

IMAG5380.jpg

クマさんも一緒にみんなでネンネ。
IMAG5376.jpg

お人形の洋服も、母が縫ったものと私が縫ったものと合わせるとたくさんあった。その中に母お手製のジェニーちゃん用浴衣もあった。
IMAG5386.jpg

作り帯も。
IMAG5387.jpg

お人形遊びの道具のほかに、ままごとセットやビー玉、おはじき、パズルなど娘のお気に入りのおもちゃが詰め込まれていたが、娘がそれを整理してだいぶ減らし、一部は自宅へ持ち帰ってくれた。

思い出が染みついた幼稚園の袋物セット

本日も、私が思い出として残しておきたい画像をずらずらと貼るブログ。(よろしかったら、画像をクリックして大きくしてご覧ください。)

子どもが幼稚園に入る時、園の指定でいろいろな袋物を用意しなければならず、それも手作りが推奨されていた。(うちの子が入った幼稚園はそうだった。)それぞれの袋のサイズが細かく決められていたので、市販品でサイズが合うものを探すのも難しかったし、そもそも私は縫い物が好きだったので、そりゃはりきって縫った。よその子の誰も持っていないような可愛いものを持たせたいとも思ったし。

それらは子ども達の卒園後も再利用されて今も家のあちこちにある。特に使い道のないものも、どれも気合を入れて作ったものばかりだから、そう簡単には捨てられない。その袋物たちをまとめて写真に撮っておこうと前々から思っていて、ようやく実行できた。使用中のものもかき集めてきて、記念撮影。

まずは長女の幼稚園セット。
体操着袋、お着換え袋、靴袋、ピアニカのホース入れ、お弁当袋、ランチョンマット、そして余り布で作った手提げバッグ。

IMAG5332.jpg

入れるものに合わせた絵柄の刺繍付き。
IMAG5352.jpg

次に長男のセット。長女と同じものを揃えたはずなのに、今はこれだけしか残ってなかった。男の子だから使い方が荒くて傷んでしまって処分したのか。それとも息子が私の知らないところで何かに使っているのか。

アップリケのフェルトとヒモを同色にしてます。
もう1つ、一番大きな袋は紺色のフェルトとヒモだった。
IMAG5336.jpg

長男の好きな「乗り物」の刺繍付き。
IMAG5354.jpg

コップ袋。
IMAG5359.jpg

そして次男のセット。

一部、既に家にあった布地を使っている。
IMAG5338.jpg

アップリケは、自分でステンシルしたもの。
IMAG5355.jpg

上二人と違いキルティング地を使っていないので、補強のために裏地を付けてある。
IMAG5357.jpg

次男の時は絵本袋やレッスンバッグも作った。
青いのはお弁当箱入れ。
IMAG5341.jpg

次男はウルトラマン大好きだったから、ウルトラマンの絵柄の生地を買って、ウルトラマンの絵のところを切り取ってアップリケした。

あとは幼稚園に入るもっと前、赤ちゃんだった時に作った小さいリュック。それから巾着袋各種。どれも単なる巾着袋だけど、布を見ると「これは〇〇を入れるのに使った」とか、「これは娘のスモックを縫った残りの布で作ったもの」とか、私には思い出深いものだし、そしてこれらは今もあちこちで使っている。

IMAG5348.jpg

IMAG5343.jpg

子どものために作った袋物、特に幼稚園セットを写真に残しておきたいと思っていたので、これで気がすんだ。
ご覧いただき、どうもありがとうございます。


インドのお土産-紅茶-

P1140555.jpg

この美しい宝石箱のようなものは、インドに旅行した時のお土産。手のひらにのるくらいの小さな箱で、中身は紅茶。(インドに行ったのは2013年の暮れだったので、もう3年半もたってしまった。)色や柄がいろいろあり、何個も買ってきて親戚知人に配ったりして1個だけ自分用に残したものがこれだった。賞味期限とかわからないけど、いい加減に飲まないとね、と開封。

P1140558.jpg

小さなスプーンは箱の中ではなく上にくっついていて、スプーンごと透明なフィルムで包まれていた。そして箱の中には紅茶の茶葉が入った金色の袋。

P1140560.jpg

うちでは緑茶でも中国茶でもそうなんだけど、お茶パックに小分けして、やかんや冷水ポットで一度にたくさんお茶を作る。金色の袋に入った紅茶は5パック分になった。冷水ポットに熱湯とお茶パックを入れて紅茶を作り、そのまま冷ましてアイスティーにした。この約1Lは入る無印良品の冷水ポットの紅茶が一日でなくなったんだけど、ほとんど私が一人で飲んでしまったのよね。でもまだあと4パックある。アイスティーを飲みながら、しばしインドの思い出に浸りましょう。。。

浴衣の単発レッスンを受けてきた

単発の「浴衣」講座に参加した。
着付教室に約一年通い、一応着物は着られるようにはなったのだけど、半幅帯の結び方は一度体験でやっただけだった。もうすっかり忘れてしまったので、半幅帯の結び方、それもリボン結びではなく大人女子でも違和感のない粋な「貝の口」の結び方を習うのが目的だった。

講座は1回2時間の少人数制で、貸しスタジオを使って行われた。
自分では浴衣は問題なく着られるだろうと思っていたけど、絹の着物と違って浴衣はすべりが悪くて意外にも苦戦。浴衣なんて誰でも着られるなどと言うけれど、きれいに着るのはやはり難しい。半幅帯は「貝の口」と「リボン返し」という結び方を習ったが、やはり一度では覚えきれなかった。うっすら記憶が残っているうちに復習と練習が必要。写真入りで丁寧に説明されている資料をもらったので、あとはその資料を見ながら自主トレをしようと思う。

先生は初めて習うお若い着付講師の方だったが、とても優しくてとても親切だった。区のシルバー人材センターの先生もやはり優しくて親切だった。こうして何人か違う先生に習ってみて思うのは、最初に通った学院系の着付教室の先生はひどかったなということ。知識は出し惜しみするし(質問しても「それは次のクラスに上がったら教えます」などど言う)、教室で推奨する着付小物以外はダメ出しされるし(持ってなければ「買え」と言われる)、自前で持っていった着物や帯をけなされる。教室には妙な緊張感が流れていて、だんだん楽しめなくなった。ワクワクして習い始めたのに、持ち物も着方も先生の言いなりにならねばならず、窮屈な思いばかりするようになり、とうとうやめちゃったのよね。

今は例えば着物の下に着るものでも、いろいろ便利なものが出ているので、自由に組み合わせて涼しく着る工夫をしたり、道具も自分に合うものを探してみたりして、「自由に着るって楽しい」という気分を満喫している。今回習った先生も、生徒の持ち物にケチをつけるなんてことはないし、「道具を使われる方、ひもだけで着られる方、どちらのやり方でも教えます」と言われたが、着付けなんて本来そういうもののはずだ。

時間が限られているので、ザっと一通りやってみただけで、浴衣もやり直す時間がなくてぐちゃぐちゃのままだけど、写真を撮ってもらった。

なんか変だな。出来そこないの「貝の口」
IMAG6972-iloveimg-resized.jpg

帯が短かったので、変形の「リボン返し」
IMAG6974-iloveimg-resized.jpg

ネットで「貝の口」や「リボン返し」で画像検索してみたら、どちらも出来上がりが全然違うー!これはかなり自主トレやらないとダメだな(笑)


着物を着ていく会 第3弾

「浴衣講座」のあと、浴衣を着たまま「着物を着ていく会」へ。

そういえば、前の記事に書いていなかったのでここに書いておく。
浴衣の下には「浴衣下スリップ」という、肌着と裾除けがつながったものを着て、さらにその下には汗取りのためにユニクロの「エアリズムシームレスTシャツ」を着た(タンクトップではなくあえてTシャツにしたのは脇汗対策)。ユニクロのエアリズムTシャツは後ろの襟ぐりが深めなので着物の下に着て襟を抜いても見えない。補正はタオル+ひもでやるやり方を「浴衣講座」で習った。ガーゼや晒でタオルをくるむやり方より簡単!


↑「浴衣下スリップ」。私はこれを冬でも長襦袢の下に着ようかなと思って買った。教室で習ったとおり、肌着+裾除けの上に長襦袢を着たら暑いので。でもその後に半衿のついた二部式襦袢も買って、これだと肌着を省略できる。浴衣下スリップ+長襦袢にするか、二部式襦袢だけにするかは、上に着る着物にもよるし、フォーマルに二部式襦袢はダメみたいなので、そのつど考えて選ぶことになるかな。

こういうのが面倒で「着物は着ない」という人もいるのだろうけど、私は慣れてくれば面倒ではないと思うし、いろいろ工夫するのはおもしろいとも思っている。そして、今はまだ着物の下に着るものをあれこれ試して検証しているところなので、こうしていちいち記録しているわけです。(しばらくすると、「あの時、下に何を着たっけ?」と忘れてしまうからね、笑)

------------------------------------------------------------
さて、それでは「着物を着ていく会」の話。
今回は暑いので駅ビルの中のお店で集合することにして、アトレ恵比寿にある鼎泰豊に行った。さらにその後、HARBSで巨大ケーキも食べて、カロリー摂りすぎた一日となった。

ここでも私たちが出会った場でもある学院系の着付教室が、今考えるといかにひどかったかという話になり、無知だったゆえとはいえ先生にダメ出しされた着付小物を(ちゃんと使えるものなのに)捨ててしまった人もいて悔やまれる。ほんとにもう教室の実名を公表したいくらいだ。

IMG_20170715_005059.jpg

右下の写真、見た目が悪いけど、皆でケーキを一口ずつ交換したらこうなった(笑)

果実酒、さらに追加!かぼすとマンゴー

八百屋でとってもきれいな大分産のかぼすを売っていたので、「これを果実酒にしたい!」と思い、さっそく実行。前にプラム酒を仕込んだ時に材料を使いきっていたので、ホワイトリカーと氷砂糖をわざわざ買い足してきた。

IMAG7002.jpg
左後ろのプラム酒は皮から色が出て赤くなった。

【かぼす酒】
かぼす:小さめのを4個、氷砂糖:100g、ホワイトリカー:300cc
※かぼすは皮をむいて白いワタもとる。皮を少々一緒に漬け込み、1週間後に皮だけ取り出す。

かぼすの量が少なかったので、買い足した氷砂糖とホワイトリカーが余ってしまった。で、「次は何をお酒にしようか?」と思っていたら、マンゴーをみつけた。ちなみにかぼすもマンゴーもお買い得だった。


IMAG7008.jpg


【マンゴー酒】
マンゴー:1個、氷砂糖:100gくらい、ホワイトリカー:400ccくらい

もはや分量は適当です。残ったのを全部使ったから。これでうまくいくのかどうかは不明なので、くれぐれもこの数字は参考にしないでください。

はてさて、梅酒にプラム酒、かぼす酒、マンゴー酒。出来上がりはどうなるかな~?

旧PC→新PCのデータやソフトの移行完了(遅っ!)

3月末に新しいノートPCを購入して、旧PCからのデータ移行をゆっくりゆっくり進めていたのだが、7月にしてようやく移行完了。といっても、データの移行そのものはとっくの昔に済んでいて、旧PCはもう数か月間立ち上げてもいなかった。ただ最後に1つだけ残っていたのが筆王で、新PCに筆王をインストールして住所録データをちゃんと読み込めるのかどうか試してみなければと思いつつ、そのインストールをずっと先延ばしにしていた。

筆王はパッケージ版を買ってあるので、DVDからインストールするつもりでいたが、筆王のサイトのマイページでユーザー登録してあるものに関してはサイトからダウンロードできることを今回初めて知った(それも何回でもダウンロードできるらしい)。ということは、DVDドライブの付いていないPCでも、外付けドライブを接続したりする手間は不要なのね。それを知っていれば、もっと早くインストールしてたかもしれない(いや、それはどうかな?)

実は筆王はもうやめようかとも思って迷っていた。私は筆王は主に住所録の管理と年賀状の宛名印刷にしか使わないから、別に筆王じゃなくてもフリーのソフトでなんとかならないかなと思って。で、フリーのソフトを探してみたりもしたけど、いいものがみつからず、結局仕方なく筆王を使い続けることにした。筆王はやたら重いのがイヤなんだけども。

筆王はHDDの容量も食いそうなので(実際、どうなのか確認してないけど)、本体ではなく外付けHDDの方にインストールしたけど、無事に起動できた。もちろん外付けHDDを接続した状態でないと使えないけど、家にいる時は常に外付けをつなぎっぱなしにしているから問題なし。

肝心の住所録データはなんとか読み込めた。でも年賀状の送受信記録が読み込めなかった。でもまあ、住所だけでもポチポチと一から入力し直さなくてすんだからいいとしよう。年賀状を出す枚数も年々減らしていて、たいした数ではないのだけど。

その他、旧PCで便利に使っていたフリーソフトもほぼ同じものを新PCにダウンロード完了。ただ1つだけ、画像をブログ等にアップする時に自動で画像サイズを縮小してくれるソフトだけが、Windows10に対応していなくて使えなかった。そもそも画像縮小ができるソフトがなくて不便な思いをしている。今はネット環境もよくなって、画像を送ったりする時にいちいちサイズを小さくする必要もなくなったからなんだって。そうは言ってもなぁ。どなたか簡単に画像を縮小できるソフトでWindows10に対応しているものを作ってくださーい。

関係ないけど、すっかり夏空。梅雨明けはどうなった?
IMAG6965-iloveimg-resized.jpg

「横になったらめまい」とは?

1~2週間ほど前からかな。横になって寝返りをうったり、起き上がろうとした時にグワンと一瞬めまいがするようになった。調べてみたら、どうやら「良性発作性頭位めまい症」といって更年期以降の女性に多い症状らしい。出たよ、またかよ。要するに老化現象?「良性」というくらいで深刻な病気ではないし、自然治癒することも多いらしい。

私の場合は起き上がって動き回っている間は全くめまいはないし、横になった時にめまいがするといっても一瞬のことなので、今のところ生活に支障はない。なのでこのままにしておく。もちろん自己判断は禁物だろうけど、もうすぐ人間ドックもあるからその時にでもお医者さんに聞いてみよう。

それにしても「何かヘンだな?」と思うことには、必ず原因があるのだな。今回もネットで「横になったらめまい」で検索したらパッと情報が出てきて、病名までわかった(いやだから、自己判断だけどね)。「ヘンだな」という違和感はちょっとしたことでも、その原因の裏には大きな病気が隠れていたりもするわけだから、やっぱり「ヘンだな」と思うことは放置してはいけないと思った。

去年くらいから、次から次へと立て続けに身体のあちこちの不具合が出てきて、ほんとにほんとにイヤになる。でも向き合っていかねばならんのだろうなぁ。

※「良性発作性頭位めまい症」については、情報はたくさんあるけど
  コチラのページがわかりやすかった。
 良性発作性頭位めまい症の原因と症状、治療方法などについてまとめ

------------------------------------------------------------
先日、用があってでかけた広尾で、沖縄料理屋さんのタコライスを食べた。

IMAG7007.jpg

広尾の駅で初めて降りて住宅街の方まで行ったのだけど、ハイソな街だったなぁ。あんなところに住めたらいいなと思うけど、一生縁はないでしょうね。

夏の花が咲きそろいましたーポーチュラカ、ニチニチソウなど-

こちらの地方はほとんど雨が降らなかったので、「明けた~」という気は全くしないけど一応梅雨明けした。それと同時に公園のそばを通ったらセミの鳴き声もした(今年はじめて聞いた)。

今、うちで咲いている花たち。
170721ポーチュラカ3

ポーチュラカは満開。
いろんな色があってカラフルで夏らしくて大好き。
170721ポーチュラカ1

この赤と白が混ざったのは「しぼり咲き」というらしい。
170721ポーチュラカ2

こぼれ種から勝手に生えてきたニチニチソウ。
勝手に生えたわりにいはいい具合に白、ピンク、紫が混ざって咲いている。
170721ニチニチソウ

過保護のバラも咲いた。でもなぜか1輪ずつしか咲かない。
170721ミニバラ

ブーゲンビリアは一度全部花が落ちて、
緑色の葉だけになってしまったが、また花が咲き始めた。
170721ブーゲンビリア
水やりは控えめに。剪定は冬越しを終えた春に。

イイ感じに茂ったアイビー各種とワイヤープランツ。
右端のワイヤープランツが冬の間はカリカリの枯れ枝だったとは信じがたい。
170721アイビー

以前、ワイヤープランツが枯れてしまったと思い鉢ごと捨ててしまったことがあったが、あれは春まで置いておけば、また緑の葉っぱが出てきたのかもしれない。捨てたりして、すまんかったね。
今年の梅雨は雨が少なかったから、植物たちはうどん粉病や灰色カビ病にならずにすんだ。「過保護のバラ」のみ、うどん粉病になったが早めの処置でなんとか危機を脱した。去年はアブラムシがついたりしたから、今年は注意を怠らないようにしなければ。

マウスの不具合&画像のリサイズができるソフト

今度は自分の身体ではなく、愛用していたマウスの不具合。マウスについているスクロールホイール(下の画像の赤丸で囲んだところ)が機能しなくなった。いくらコロコロしてもPCの画面は上下に行ったり来たりするばかりで、画面がスクロールできず、とってもイライラする。台湾で買ったお気に入りのマウスだったのに、とうとう壊れたのかな、買い替えかな、と思っていた。

IMAG7020-iloveimg-resized.jpg

が、最近、私は何でもすぐにネットで検索するので、今回も「マウス スクロール できない」で検索してみたら、対処法が出てくる、出てくる。そのほとんどが、マウスを分解してスクロールホイールの周囲の埃を掃除すれば直る」というものだった。そういえば昔の光学式ではないマウスを使っていた頃は、マウスの裏ブタを開けて、ゴムのボールを取り出して掃除をしていたっけ。「なるほど!よし掃除をしよう!」と思ったのだけど、なんと私のマウスにはネジがなくて分解できない!無理にこじ開けたら元に戻せなくなるかもしれない。

仕方がないので分解はあきらめて、でもなんとかホイールの周りを掃除したかったので、隙間からエアダスター(スプレー缶から空気がプシューっと出るやつ、PCのメンテナンス用品として売っている)を噴射!マウスの電池を取り出して、わずかに開いている穴からホイール部分をめがけて逆からも噴射!

そうしたら、なんと直りましたー!!マウスのスクロール機能復活!
なんだ、こんなに簡単なことだったのね。もう少しで新しいマウスに買い替えるところだったけど、これでまだまだ今のマウスを使い続けられる~。知ってる人には当たり前のことかもしれないけど、私は知らなかったから、今回初めて知って「やったね!」という気分。

------------------------------------------------------------
そういえば、前に「画像のサイズを縮小するソフトでWindows10に対応しているものがない」と書いたけど、
旧PC→新PCのデータやソフトの移行完了(遅っ!)

もとから入れていた「JTrim」というソフトに画像リサイズの機能があることを発見!今までこのフリーソフトで、画像にモザイクかけたり文字を入れたりという加工をしていたのだけど、リサイズもできるって気づいてなかったのよねー。<灯台もと暗し>とはこのこと。これで画像を簡単に縮小することができるようになってよかった!(簡単ではない方法ならあったんだけど。)

JTrim」はモザイク処理だけでなく、画像にいろんな効果をプラスできたり、ぼかしを入れたり好きな形にトリミングしたりと楽しめて、使い方も簡単で、しかもFREEなのでオススメです。
JTrim @窓の杜
http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/jtrim/

------------------------------------------------------------
PCを使い始めてもう20年にもなるけど、いまだに知らないことだらけ。でもこうして新しいことを知っていくのは楽しいし、ささやかながら心と脳みそへの刺激にもなっているはず。なんでも諦めずに調べてみるもんだね。

ブックオフオンラインのインターネット買取「宅本便」

そういえば、5月頃の話だけど唐突に思い出した。
ブックオフのインターネット買取「宅本便」というのを利用して、本を処分した。

息子が大学受験で使った参考書や問題集をやっと整理したので、それと合わせて不要な本や雑誌を箱に詰めて送った。整理するも何も受験で使った本がその後に何かで役に立つことなどそうそうないと思われるが、それでも一応所有者である息子が「不要」と言うまで、母は待ちました。待って、待って、いったい何年?本人は「後輩に売ろうと思っていた」と言うのだけど、それならさっさとそうして欲しかったよ。結局、本人ももうどうでもよくなったんだね。

というわけで、ダンボール箱が1つ埋まるくらいの不要本ができたので、ブックオフオンラインに会員登録して、送ることにした。今までも店舗に持っていって買い取ってもらったことはあるけど、箱に詰めて送るのは初めて。箱に詰めながら、まっさらな、一度も使った形跡のない問題集を見て、母は泣きました。これじゃ志望校に受かるわけない。でも思い返せば母である自分も過去問集とかほとんど手つかずのまま受験日を迎えてしまったっけな。この親にしてこの子あり。

息子の本以外にも、もともと古本屋で買ったものだけど、私の香港関連本とかも若干詰めた。あと雑誌も。でも雑誌には買取金額はつかなかった。試写会の応募券欲しさに買った映画雑誌とかで、まだ新しいし、グラビア満載だから買い手はつきそうだと思ったのだが。意外な高値がついたのは『パソコン最強購入ガイド(2017)』で、これは最新刊だったからだろう。ちなみに他に100円以上の値がついたのは『受験数学と教えられない数学』と『図解 英語は「インド式」で学べ!』で、他はどれも1冊数十円にしかならなかった。

買取を申し込むと、運送会社から荷物を引き取りに来てくれるので、こちらは箱詰めして待っていればいい。送ってから1週間ぐらいで査定が出るので、ネットでそれを確認して承認すれば、買取金額が銀行口座に振り込まれる。振り込まれる金額は微々たるものだけど、本を運んだりする手間もないし、送料もかからないことを思えば、逆にそれでわずかでもお金がもらえるなんてありがたい。

また利用したいところだけど、箱に詰めるほどの不要本がそんなにない。いや、捨てたい本はたくさんあるのだけど、自分ではなく家族のものなので、勝手に処分できない。せいぜいトランクルームにこっそり移動させるくらいしかできないのよねぇ。。。

------------------------------------------------------------
全く関係ないけど、あまりの暑さにインド料理屋さんに飛び込んで食べた、オクラとチキンのカレー。
IMAG7011.jpg

もはや「ヴィンテージ」と言ってもいいノート(笑)

またもや、物持ちが良すぎる話。

私が年中「断捨離、断捨離」と言っているので、ここを読む人は私のことをパッパとモノを捨てて家の中はすっきり片付き、モノを持たない暮らしをしていると勘違いされるかもしれない。まったくその逆です。
あくまでも理想は理想であり、現実はその逆。断捨離はちっとも進まず、狭い家にモノが収まり切れずにいつも片付かない。なんてことを今さら嘆いても仕方がないのだけど。

実際はモノを捨てられない証拠がこちら。
IMG_20170724_114722.jpg

ノートです。
使いかけのノートが本棚の一部を占拠している。何ページか使ったあとほとんど白紙状態のノートが、なぜか何冊もある。たぶん子ども達が途中まで使って学年が変わってしまったとか、そんなことだろう。そしてその白紙のページを「いつか使うだろう」と思って、捨てられない。(新品未使用のノートはいつだったか、どこぞに寄付した気がする。)

先日、A5のノートを使うアテがあり、使いかけノートの在庫から1冊出してみたのが、これ↑
なんと!子どもではなく、私が学生時代に使っていたノートだった。中身は第二外国語で履修していたフランス語の単語帳。試験の前にテキストに出てくる単語を暗記するためにまとめたものなんだけど・・・これ、何年前(いや正直に言おう)、何十年前?!

数ページしか使っていないから、もったいなくて捨てなかったのだが、それにしたってモノ持ちが良すぎるにもほどがある。こんなだからモノが減らない。蔵でもあるならともかく、狭小住宅のくせにこんなものまで取っておくなよ!って話。

でもまあともかく、このノートにも出番がきたわけで、せいぜい有意義に使うことにしよう。

古いノートに残されていたもの

昨日書いた、ヴィンテージもののノート(違うけど)をめくっていて、別のページに子どもが幼い頃に書いた絵があるのを発見した。3人の子のうち誰が描いたのか、いつ頃描いたのか、全く覚えていないのだけど、ただ何を描いたのかは絵を見ればわかる。これはガチャピンムックだよね!うん、間違いない!

IMAG7039.jpg

そしてまた別のページには、↓のような落書きが。
IMAG7040.jpg

豆つぶみたいなものが並んでいるけど、きっとこれは本人は文章を書いたつもりなんだろう。まだ字も書けないくらい小さい時に、私の真似をして書いたのじゃなかろうか。

正直、ノートにこんなものが残っていたなんて、すっかり忘れていたのだけど、もしかするとこの絵のせいでノートを捨てられなかったのかもしれない。でも写真に撮ったし、これで残りのページを使い切ったら思い切りよく捨てられる。

介助方法講習会に参加したらとても有意義だった

近所のクリニックのリハビリテーション科で、リハビリする人ではなく介助をする人のための「介助教室」(参加費無料)があったので、友達を誘って参加した。友達は同居のお姑さんが高齢のため歩行困難になってきて、外出に付き添うことが多くなったそう。私は今すぐ身内の誰かの介護や動作的な介助をするわけではないのだが、でも限りなく近い将来、その必要が出てくるようにも思うので、知識だけでも仕入れておこうと思って。

「介助が必要な人」が横になった状態から寝返りをうつ、起き上がる、ベッドや床から立ち上がる、車椅子からベッドに移る(その逆)などのいくつかの行動について、それぞれ介護の度合いの軽度から重度までいくつかのパターンを理学療法士の先生がやってみせてくれて、自分でも「介助が必要な人」役の人を相手に実際にやってみる。

当事者が倒れたりしないように安全にというのはもちろん、介助する自分の側も腰を痛めたり無駄に力を入れて疲れたりしないためのコツなどを教えてもらった。練習台になってくれたのが男性だったので、実際に支えようとするとかなり「重い!」というのを体感できてよかった。これは覚悟をきめてやらないと、あっという間に腰をやられるな。そして日常的に家族を介護している方や、介護のお仕事をされている方の大変さも、ほんの少しではあろうけどわかった。

1時間程度の、しかも無料の講習だったので、正直それほど期待はしていなかったけど、思った以上の有意義な内容だった。(私は自分の仕事でも今後、役に立つだろうと思う。) 実際にうまくできるかどうかは別にしても、知っているのと知らないのとでは大違いだとも思う。参加してみてよかった。

7月の振り返り-たいしたことはしていない-

7月は明日まだ一日残っているけど、明日から1週間忙しくなるので、今のうちに7月の振り返り。

特に出かける用事が多かったわけでもないのに、またもや家の中がすごいことになっている(散らかっている)。なんでだ!たぶん夏バテよね~。時間はあったのにボーっとしてしまって、家事は全然はかどらなかった。でも外に出ると暑いので、遊びに行くこともほとんどなかった。ダメダメな一カ月。

がんばったのは、6月より回数は減ったけどカーブス。暑い中でもカーブスには行った。でも体重は減るどころか増えている。周りの人は「筋肉がついたのよ」と言うけど、そうかなぁ?自分ではそうは思えない。でも数か月後に結果がついてくることを期待して、諦めずに続けよう。1つ変わったといえば、胸は大きくなった。大きくなったというかバストアップしたのかな?でも着物を着る時は胸はなるべく平らな方がいいので、これはちっとも嬉しくない。

カーブスに行くと、「カーブス1回で300kcal消費するとして、これはドーナツ1個分です」とか書いて貼ってあるのね。これを見て「今日はカーブスに来たからドーナツ1個食べてもいいんだ」と解釈する私は、やはりダイエットは一生無理ですね?(笑)

そんな私が最近はまっているのは‟フローズンヨーグルト”。といってもそういう商品を買ってくるのではなく、ただのヨーグルトを冷凍庫で凍らせて食べるのです。アイスクリームを食べるよりは多少はカロリーダウンかと。フローズンにして美味しいのはバニラ系のお味のヨーグルトだと思う(個人的意見)。

P1140548.jpg
大きな容器のは別の容器に小分けして凍らせる。

7月はドラマのエキストラと再現ビデオみたいなもののエキストラと番組観覧に行った。番組観覧では初めて出演者の人とからむシーンもあったが、私は特におもしろい事は言わなかったからカットだと思う(その方がよい)。「おもしろい事を言う必要はないです」と言われたので、ただ普通に質問に答えただけ。ただ堂々と「映ってもいいです」と言えるように、これからは美容にも気をつけようかなと、チラッと思った。

エキや観覧に行くと、待ち時間や休憩時間に周りの人とおしゃべりするのだけど、この全然知らない人たちとのおしゃべりが意外に楽しい。そこで有益な情報を得られたことが、これまでも多々ある。有益と言っても遊び関係だけど。で、終わったら「楽しかったです。どうもありがとう。お疲れ様でした~」と名前も告げないまま解散する。これが気楽でとってもいいです。

そんな感じでダラダラ過ごした7月だった。あ、果実酒を仕込みまくったね。これは飲み頃まではまだまだ。マンゴー酒のマンゴーが醤油漬けのようになっているけど大丈夫かな。。。

職場の近くに新しくできたカフェ。コインランドリー併設のカフェコーナーなんだけど、テーブルの上には洋書が置いてあったりとやたらオシャレ。
170729カフェ

 | ホーム | 

【楽天】へGO!

にほんブログ村へのリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

ブログ村新着記事

【amazon】へGO!

QRコード

QRコード

タグ一覧

多肉 着物 カフェ 寄せ植え 渋谷駅 断捨離 着付け セダム 五十肩 ミニバラ タイトゴメ ブロンズ姫 エアプランツ 火祭り 虹の玉 エケベリア ラミュウム 花うらら ハムシー ツルニチニチソウ ニチニチソウ  冬美人 中目黒 白牡丹 半幅帯 桜吹雪 微紋玉 ブーゲンビリア 七宝樹 植え替え 緑内障 アーモンドネックレス 花見 青雲の舞 ジェットビズ ロゲルシー ポロックス 七福神 ヒューケラ テラリウム リメイク 駒込 巣鴨 オレンジX セスキ 収納 無印良品 恵比寿ガーデンプレイス シマトネリコ ハイビスカス コピア ビオラ リメ缶 ポリゴナム アボカド シンプルライフ ミニマリスト 持たない暮らし 京童子 重曹 飛蚊症 マンエングサ ゴールドビューティー キッチン ドライアイ ペパーミント ホームメード 舞台観劇 コンサート クリスマス 引き出し 子宝草 浴衣 果実酒 ポーチュラカ 銀座 お土産 紅茶 エメラルドウェーブ 介護 梅酒 インド ハンドメイド 朝ドラ マンネングサ 十二の巻 メキシコマンネングサ カネノナルキ センペルビウム エスニック料理 舞台 ガーデンシクラメン クエン酸 セスキ炭酸ソーダ オーロラ ペチュニア 恵比寿 リーディンググラス 胡蝶の舞 月の王子 浅草 サンバースト アイビー タイ料理 アジアン料理 エスニック 目黒川 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...