Honey Bee * Lemon-お気楽主婦日記-

50代パート主婦の近況報告兼備忘録。すっきりシンプルライフが理想だけど現実は日々ごちゃごちゃしています。

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

プロフィール

Author:meiry
2011年に自宅をほぼ全面リフォームし、今もこつこつ家の中を片付け中(難航中)。
趣味はガーデニング、キモノ、PC・スマホ関連、映画、舞台、中華エンタメ、ヴィンテージ雑貨、旅行などなどまだ増えるかも。

2019年4月より夫婦二人の生活になりました。

インスタもやってます。
日常の写真↓
Instagram

旅の写真↓
Instagram

別館ブログ 『meiry's 旅日記』

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

近況報告

生きてまーす!

毎日、動き回ってる。一時期に比べればかなり活動的になったとは思う。更年期も抜け出しつつあるってことかな。それともカーブスのおかげかな。とにかく元気は元気なので、誘われるがままに予定を入れてしまって、ほとんど家にいない。

ただ身体のあちこちに異常は出てきて、病院通いでさらに忙しいという。眼科、内科、外科。さらに先日、ミルキー(飴)を食べていたら歯の詰め物が取れたので歯医者にもいかなきゃ。歯医者、変えよう。こんなヤワな詰め物した前の歯医者にはもう行かないよ。

仕事は順調、と言いたいところだけど、職場でモヤモヤすることがないわけでもない。でももう「間違ったことは正さないと気がすまない」自分を今後は抑えていこうと思っている。ヘンな人は確かにいるが、その人を追及しすぎるとある日自分が足元をすくわれるという苦い経験をして懲りたから。もう知らんもんね。

人生の折り返し地点を過ぎて、もうどうでもいい事には関わらずほんとに大事なことだけに時間と労力をかけたいという気持ちが日増しに強くなっている。好きな人とだけ会って好きなことだけしていたいという我儘も強くなっていく。そしてなんだか生き急いでいる感もある今日、この頃。

いつまでも今と同じように動けるわけじゃない。目が見えにくくなったり、歩けなくなったり、身体を思うように動かせなくなったり、そしてそして頭も回らなくなったり・・・という人たちをたくさん見てきた(病院に行く機会が増えたので、ますますそういう人たちを目にするようになった)。だから焦る。自分もいつまでも動けるわけじゃないんだなって。時間は限られていて、どんどん減っていくんだなって。

うつ状態なのか、躁状態なのかよくわからんが、いわゆる気の持ちようが以前と変わっているのは確か。でも急な変化ではないな。たぶん数年前に叔母が亡くなった頃から、無常を感じるようになった。その変化がここ最近、加速している。

映画祭とか舞台とかお楽しみ満載&『四谷怪談』

お楽しみ満載のはずだが、今後のスケジュールがあまりに過密でめちゃくちゃ不安になっている。こなせるのか、私。

今年の秋は推しの日本明星関係が忙しいので恒例の秋の映画祭には不参加と、オタク仲間には宣言していたのに、フタを開ければ例年以上に映画祭のチケットを予約してしまっていた。それというのも、今年は映画上映のスケジュールがうまーく仕事のシフトと重ならず、全く仕事を休むことなく観られそうだった。それでついついチケット争奪戦に参加してみたところ、これまた観たい映画のチケットが首尾よく取れてしまったのだよ。

東京中国映画週間と東京国際映画祭が続けてあるのだけど、両方合わせて8本も取っちゃった(すべて中国語圏の映画)。こんなに観るのって数年ぶり。それと並行して日本明星の映画公開と舞台もあるので、いったいどうなることやら。今週末から始まって約二週間、全ての予定をこなせるのかな。以前のように「映画祭期間はバイトしない」なんてこともできないから仕事もしながらで、自分のキャパを超えている気がする。倒れるんじゃなかろうか?いや、倒れないように頑張るけども。「映画祭不参加」のつもりだったのに、どうしてこうなってしまったのかな。やっぱり躁状態なのかも。

それにしても、少し前に「人気の舞台のチケットがなかなか取れない」と嘆いていたけれど、最終的には劇場の友の会枠で結構な良席が手に入ったし、その後の先行販売でもやっとこさ当てることができて、複数回観に行けることになった。前述したように映画祭のチケットも狙ったものは無事に取れた(二日がかりで大変だったけど)。そういえば試写会も当たったし、案外、チケット運来てるかもしれない。この勢いで、公開初日舞台挨拶も当たりますように!

そういえば、これは鑑賞券が当たった。シネマ歌舞伎「四谷怪談」。

171013シネマ歌舞伎

前に観たシネマ歌舞伎『阿弖流為』がおもしろかったので、これも観たいと思っていた。劇場鑑賞券プレゼントに当選したのはラッキーだった。怪談なのに随所にコミカルな部分もありおもしろかったが、お岩さんの「口惜しや」の場面は恨みの情念、怨念たっぷりですごい迫力、怖かった。

というわけで、今週末からの映画ラッシュに備えて家事の前倒しを粛々と進めている。でも家事ってさ、日々生じるものであって前倒しで片付けるなんてことは本当はできないね。せいぜい夕食のおかずの作り置きをするくらい。で、それをやっているわけです。

※忘れていたけど、日本明星の映画公開を前にしてテレビの番宣祭りも始まるんだった・・・。

9月の振り返り-着物を着ていく会 第5弾-

今頃、9月の振り返り。
8月に引き続き某舞台のチケ取りに翻弄されていた。数々の先行抽選にフラれ続けていたが、最後の方でようやく当選が出て一段落。それでもどん欲に一般発売にもチャレンジしたが到底取れるはずもない。その後、「補助席販売」「立見席販売」とちょいちょい売り出されていたが、まだ1枚も取れていない人もいるようだったので、自分は遠慮してスルー。もう争奪戦に立ち向かう気力がなかったというのが正直なところだった。

------------------------------------------------------------
さて、9月にも「着物を着ていく会」開催。メンバーの一人が銀座でお買い物したいということだったので銀座に集合。「店員さんが和服でおもてなし」という情報から、ここのお店を予約してくれた。
個室会席 北大路 銀座茶寮

IMAG7290.jpg


店員さんは全員和服姿で、しかも仲居さんみたいなお揃いの着物ではなく皆さんそれぞれ違う着物だったので、見ていて楽しかった。(私たちは他人の着物姿を見るだけでも嬉しい。)
あいもかわらずキャッキャと着物のあれこれについて情報交換。桐のタンスはやはりスゴイらしいとか、そういう話。タンスとまではいかないが、クローゼットの中に入れられるような桐製の和服収納用の引き出しがあればいいなぁと思うものの、そもそもそんな引き出しケースが入るような大きなクローゼットが我が家には無いのであった。

ランチ後、注文していた着物だか帯だかを引き取りに行くという人に、他のみんなもついて行っておニューの着物だか帯だかを見せてもらうという。私は「セールでもない時に呉服屋に出入りする理由がない(余計な衝動買い防止)」とばかりにランチ後さっさと帰るつもりでいたのに、「えー、そんな事言わないで一緒に行きましょうよぉ~」と言われてついて行ってしまった。ほんとに意思の弱さに呆れるよ。しかし、まあセールでもないので、そこでは特に買いたいものもなく目の保養だけさせてもらった。

その後は「甘いものでも」とお次は 糀カフェ 悠久乃蔵へ。

IMAG7292.jpg

ここのお店は甘酒が飲み放題!(でもお猪口に1杯だけしかいただいてないですよ。)静かでゆっくりできるお店だったので、「また来たいね」と話しながら解散。

当日のコーディネート。母からのお下がりの単衣の紬にリサイクル帯。なんかやっぱり帯の上あたりの着物にシワが寄ってもしゃもしゃしているのが気になる。どうしたらスキッと着られるのだろうか。。。

IMAG7299.jpg


9月の振り返り-完成披露試写会-

近所のママ友たちとお茶した時に「いつも楽しそうでいいわね」と言われたのだけど、まあそうかもしれない。中には「meiryさんは結婚や子供を産んだのが早かったから、若い頃にできなかったことを今やっているのね」と理解を示してくれる人もいる。そんなに早婚というわけでもないのだけど、確かに地域柄、わりかし高齢になってから子育てをしている人も多く、それに比べれば私は人より早く子育てが終わっているかも。もっとも「青春を取り戻す」なんて意識はさらさらなくて、単に今、やりたいからやっているだけなんだけど。その時、その時にできることをみつけて楽しむのが私のモットー。今この時が楽しければいいの。

そんなわけで(というほど脈絡はないが)、映画の完成披露試写会が当たりました。
お金を払って買うチケットはちっとも抽選に当たらないが、試写会の招待状は昔からよく当たる。私の主義として、同じ応募先に何枚もハガキを出すことはせず、「1枚入魂」。アンケート等には丁寧に誠心誠意答える。ハガキ応募は頑張りがいがあるのである。

170926-2.png

完成披露試写会なので、上映前に監督・キャストの舞台挨拶があった。下は開演前に撮った会場の写真。席が3階の一番前の列だったので、上から見下ろした図になる。キャスト達が並ぶ特設ステージが用意されているが、その部分の座席がつぶされているので、「あの分がなかったら、もっと入場できる人が増えたのにね」なんてことを同行者とブツブツ言い合っていた。3階席からだと1階後方は全く見えず、キャストの入場、退場場面(どちらも後方ドアからだった)は見られなかった。ただキャーキャー言う声を聞いていただけだったのは残念だったな。

170926-1.jpg

ネット記事から拝借した画像。
170926-3.png

舞台挨拶の最後には天井からピンクの銀テープとハート型の風船が降ってきた。当然これも3階席には落ちてこなかったが、目の前に広がるキレイな光景を楽しむことはできた。そしてこの場面が後に映画のテレビCMに使われたりするわけである。

なんだかんだ言っても楽しかったし、公開前、いろんな人の評価不評価の声を聴く前にいちはやく映画を観られるのは、やっぱりいい。

インスタ映えするケーキ&やきにく~!

10月はまだ終わっていないけど、振り返る。10月初めに予定詰め詰めでものすごく忙しい4日間があった。その1日目。

午前中は仕事。友達がお宝ブツを譲ってくれるというので、受け取りがてらランチをすることになり、友達おすすめのA WORKSへ。そこでタイ料理とケーキのセットを食してしばし歓談後、友と別れて私はカーブスへ。一度帰宅してシャワーしてから(カーブスにはシャワーがないので)、職場の人に誘われて焼肉屋。二次会まで付き合ってから帰宅。

一軒家をおしゃれに改築したお店
IMAG7315.jpg

IMAG7316.jpg

IMAG7317.jpg

171005aworks.jpg

レインボーカラーのケーキはチーズケーキ。お味はいたって普通のチーズケーキの味だった。右のは友達オーダーの綿菓子がのったケーキ。どちらもいわゆる「インスタ映え」するケーキ。でもinstagramではなくブログに貼る、なぜならスマホカメラの画素数の設定を間違えていて画質がイマイチだから(笑)

そして肉!
IMAG7328.jpg

IMAG7329.jpg

お肉、おいしかったけど、でももう若者と一緒ででもなければ自分から焼肉屋には行かないだろうな。タンパク質摂取のためにお肉を食べないといけないのはわかっているけど。

職場の人たちと言っても、気の合う一部の人たちだけの内輪の会だったので楽しかった。でも当たり障りのない話しかできなかったのも確か。いろいろモヤモヤすることがあるのだけど、話したところで解決しないしな・・・。

キモノのお祭りを楽しんだ一日

10月はまだ終わっていないけど、振り返る。10月初めに予定詰め詰めでものすごく忙しい4日間があった。その2日目。

夏前に呉服屋さんの大感謝祭セールに初めて行ったのだが、それが楽しかったので、秋の催しにもまた行ってみることにした。来場予約をしておくと、いろいろな特典がある。夏前のセールではかごバッグをもらったけれど、今回は着物か帯のパールトーン加工無料券だったので、色無地を持参してその場で無料券を使ってパールトーンをお願いしてきた。

今回のお目当ては半幅帯だったので、いろいろ見せてもらって、博多織の半幅帯をゲット。ちと予算オーバーだったが、いつもの着物仲間も一緒に値切ってくれて、お得にゲットできた。

そこのセール会場は早々に引き上げて、日本橋に移動。「きものサローネ」という催しものがあっていたので、その中のステージイベント「5分で着替えるショー着付けデモンストレーション」を見に行った。

吉澤暁子さんとお弟子さんによるファッションショーの早着付け
171006きものサローネ

着ている着物を脱がせて別の着物を着つけるのに、5分どころか3分台で仕上げたのにはびっくり!帯は作り帯だったけど。
「着付は理論だ」というお話にものすごく納得。なんとなーく感覚だけでやっていたのでは、なかなか上達しないのね。今は着付教室には通っていないので、時々はこういう無料のイベントやトークショーなどに参加して、勉強していこうと思った。
それにしても、このステージイベントの会場に入りきれないほどの人が集まって大盛況だったのにもびっくりした。キモノは案外、ブームなのかもしれない。

「きものマルシェ」といって着物関連のショップが多数出店していたので、それらも見て回った。着付け小物の便利商品をいくつか購入。ネットや雑誌「七緒」に載っているのを見たことはあったが、実物を手にとって確認してから買える機会はありがたい。(通販と違って送料もかからないし。)

着物仲間と一緒に着物関連のあれやこれやにたくさん触れて楽しい一日だった。

タイ旅行で見た故プミポン前国王を祭る祭壇

タイの故プミポン前国王の国葬が行われているというニュースを見て、今年2月にタイを旅行した時に街のいたるところで前国王を祭る祭壇をみかけたことを思い出した。ほんとにあちこちでみかけたので、タイの人々がどんなに前国王の死を悼んでいるのかよくわかった。バンコクの街をいく人々は大体は普通の服装だったが、公務員は喪服着用とのことで、特に朝の出勤時間帯には全身黒の服装の人を多くみかけた。

宿泊したホテルのロビー
IMAG5629.jpg

ショッピングビルの入り口
IMAG5938.jpg

ワットアルン
IMAG6026.jpg

どこかのビルの中
IMAG6270.jpg

これもどこかのビルの出入り口
IMAG6279.jpg

タイ・スワンナプーム国際空港
IMAG6289.jpg

そういえば、instagramにあげていたタイ旅行の写真、途中で更新が止まったままだった(汗) 近々再開する予定です。

骨とう品屋で買った着物が・・・。

10月はまだ終わっていないけど、振り返る。10月初めに予定詰め詰めでものすごく忙しい4日間があった。その3日目(その1)。

午前中は仕事。
午後はいつもよく行くリサイクル着物のお店へ。時々こちらのお店に悉皆屋さんが来てくれる日があるのだけど、この日もそうだったので、以前、別の骨とう品屋さんで買った夏物の付け下げ訪問着を持っていき、しみ抜きや丸洗いの相談をした。着物は模様の一部にはしごレースのような透かし織が入ったものなんだけど、それを見た悉皆屋さんから「これは!大変珍しく難しい織り方で、貴重なものだから大事にされた方がいいですよ」と言われた。「洗い張りをしてでも持っておく価値がある」とも言われたが、とりあえず「丸洗いで様子を見る」ということになった。(この日は丸洗いがサービス価格で利用できる日だったので。)

確かに気に入ったからこそ買ったものなんだけど、それほどまでに良いものだとは思っていなかった。買ったお店は由緒ありげなふるーい骨とう品屋さんだったが、さすが!
柄は古典柄のようだけど遠景の山のようなもののテッペンに十字架が描いてある。どんな意味があるのかなぁと不思議に思っていた。袖口に若干の変色はあるが生地や縫いの傷みは全くない。悉皆屋さん曰く「変色も味わいのひとつ」だそうで、それは「ほんとかなぁ?」とは思うけど、大事に持っていよう。

IMAG6887.jpg

長くなりそうなので、3日目(その2)は別記事にします。

舞台『六条御息所』鑑賞

10月はまだ終わっていないけど、振り返る。10月初めに予定詰め詰めでものすごく忙しい4日間があった。その3日目(その2)。

リサイクル着物のお店から表参道へ移動。この日の夜、お芝居を観るためオットと待ち合わせすることになっていた。オットの知り合いの役者さんが出演する舞台で、誘われた時はあんまり興味なかったのだけど、演目が源氏物語の「六条御息所」で能作品を元にした舞台と聞いては、国文学科で学んだ者としてはスルーできない。

目的地に移動する途中でオットから「楽屋に招待された」と連絡が入った。それでは手ぶらで行くわけにもいくまい、と急遽、和菓子屋さんに寄って差し入れを調達。

そのお菓子屋さんを探している途中で、ネイルやメイクを短時間でやってくれるサロンをみつけた。美容院とはまた違う、メイク、ネイル、ヘアセット専門のお店。最短15分でメイク直しをしてくれるという。「さすが表参道やなぁ」なんて思いながら、ものすごく興味がわいて、ちょうど時間もあったのでメイクと眉カットをお願いした。眉カットはもう何年も前に美容院でやってもらって以来ずっと自分でやっていたので、メイクよりむしろ眉カット目当て。あと、アイメイクも下手なので、プロにやってもらって参考になった。たまにはいいよね。「atelier haruka / アトリエはるか」というサロンで、短時間のメイク直しだけでなく、フルメイクや着物の着付、メイクレッスンなんかもやってるらしい。まあ私がまた利用することはたぶんないかと思うけど(笑)

表参道とか久しぶりに歩いた。
171007表参道

お芝居の会場は能楽堂
171007銕仙会能楽堂

『六条御息所』。お能とは違うし、セリフも現代文なのだけど、舞台の端には琵琶や尺八、「打ちもの」と言われる打楽器の奏者さんが控えていて、録音だけど謡が流れる場面もあるなど独特な演出。何より能楽堂の雰囲気もあいまって幽玄で優美なお芝居だった。

その後、少しだけ楽屋にお邪魔して、知り合いの役者さんの計らいで主演女優さんのサインもいただけた。

171007六条御息所

実はこの方のお芝居を観るのは二度目で、一度目はうーんと昔、大学の先輩に誘われて行った紅テントだった。そんなお話も少しできた。

 | ホーム | 

【楽天】へGO!

にほんブログ村へのリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

ブログ村新着記事

【amazon】へGO!

QRコード

QRコード

タグ一覧

多肉 着物 カフェ 寄せ植え 渋谷駅 断捨離 着付け セダム 五十肩 ミニバラ タイトゴメ ブロンズ姫 エアプランツ 火祭り 虹の玉 エケベリア ラミュウム 花うらら ハムシー ツルニチニチソウ ニチニチソウ  冬美人 中目黒 白牡丹 半幅帯 桜吹雪 微紋玉 ブーゲンビリア 七宝樹 植え替え 緑内障 アーモンドネックレス 花見 青雲の舞 ジェットビズ ロゲルシー ポロックス 七福神 ヒューケラ テラリウム リメイク 駒込 巣鴨 オレンジX セスキ 収納 無印良品 恵比寿ガーデンプレイス シマトネリコ ハイビスカス コピア ビオラ リメ缶 ポリゴナム アボカド シンプルライフ ミニマリスト 持たない暮らし 京童子 重曹 飛蚊症 マンエングサ ゴールドビューティー キッチン ドライアイ ペパーミント ホームメード 舞台観劇 コンサート クリスマス 引き出し 子宝草 浴衣 果実酒 ポーチュラカ 銀座 お土産 紅茶 エメラルドウェーブ 介護 梅酒 インド ハンドメイド 朝ドラ マンネングサ 十二の巻 メキシコマンネングサ カネノナルキ センペルビウム エスニック料理 舞台 ガーデンシクラメン クエン酸 セスキ炭酸ソーダ オーロラ ペチュニア 恵比寿 リーディンググラス 胡蝶の舞 月の王子 浅草 サンバースト アイビー タイ料理 アジアン料理 エスニック 目黒川 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...