Honey Bee * Lemon-お気楽主婦日記-

50代パート主婦の近況報告兼備忘録。すっきりシンプルライフが理想だけど現実は日々ごちゃごちゃしています。

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

プロフィール

Author:meiry
2011年に自宅をほぼ全面リフォームし、今もこつこつ家の中を片付け中(難航中)。
趣味はガーデニング、キモノ、PC・スマホ関連、映画、舞台、中華エンタメ、ヴィンテージ雑貨、旅行などなどまだ増えるかも。

2019年4月より夫婦二人の生活になりました。

インスタもやってます。
日常の写真↓
Instagram

旅の写真↓
Instagram

別館ブログ 『meiry's 旅日記』

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

毎年のことだけど、10月はとぶように過ぎました

帰省中に遊びに行ったところの写真は、結局、旅用Instagramにあげることにして、仕事がない日にせっせと投稿している。たくさんあるので、投稿し終わるまでもうしばらくかかる見込み。
⇒旅写真用Instagramはコチラ

さてこちらにはリアルタイム画像(そうでもないか、)を。数日前に用事で出かけて、ついでにお散歩した時の。植物たちも空の雲もすっかり秋模様ですな。

IMG_20181026_112208.jpg

IMG_20181026_112232.jpg

IMG_20181026_112622.jpg

IMG_20181026_112851.jpg

IMG_20181026_112953.jpg

IMG_20181026_130258.jpg

先週は映画祭で映画三昧。今年もいい映画をたくさん観られて楽しかったな。11月も別の映画祭があるから楽しみだな。

一押し俳優の主演舞台が決まって、さっそくチケットの先行抽選申込が始まる。またちっとも当たらなくて、暗澹たる気持ちを抱えて過ごすのかしら。ああ。。。サクッと希望のチケットが買えますように。

秋の映画祭 中間報告

いや、誰に報告するんですか?ってな話ですが(笑) 恒例の秋の映画祭のうちの2つが終わったので、ここに備忘録として残しておく。

【東京・中国映画週間】

2018映画祭01
『僕はチャイナタウンの名探偵2』(原題:唐人街探案2)

2018映画祭02
『灰色だった空を見上げ、僕らは明日に向かう』(原題:拿摩一等) +Q&A

【東京国際映画祭】
IMG_20181026_134345.jpg

2018映画祭03
『プロジェクト・グーテンベルク』(原題:無雙) +Q&A

2018映画祭04
『トレイシー』(原題:翠絲) +Q&A

IMG_20181028_222940.jpg
『三人の夫』(原題:三夫) +トークセッション

2018映画祭06
『十年 Ten Years Thailand』 +Q&A

感想というほどでもない、簡単なコメントは全て instagram に投稿済。
さて、東京国際映画祭のメイン会場がある六本木ヒルズに行くと、毎回東京タワーの写真を撮ってしまう私だが、毎度それでは芸がないので、今回は東京タワーではない写真を。またクモのオブジェも、今回はいつもと違うアングル(真下から)撮ってみた。

IMG_20181102_153758.jpg

IMG_20181102_180802.jpg

IMG_20181102_232813.jpg

結局、いつもと変わり映えしませんけどね。

9月の観劇記録

もう11月だけど、9月のことを振り返る。9月もいろいろ舞台観に行った。

シティ・オブ・エンジェルズ @新国立劇場 中劇場
180907シティオブエンジェルズ

これはなぁ。。。テレビでお馴染みの役者さんが多数出ているのに引かれてミーハー気分で行ってしまって後悔した。はっきり言って残念だった。

某所に書いた感想 <柿澤勇人の歌と腹筋がよかったが、見どころはそこだけだった。佐藤二朗さん大好きな人ばかりが観るわけじゃないのに、あの演出はないなぁ。むしろ二朗さんがだんだん気の毒になってしまった。>
<ネタがね、私には全然おもしろくなくて笑えなかったんですよ。他の福田作品を観てないからとかではなくて、単純につまらなかったの。感性の違いだから許してね。>

元は「ブロードウェイで初演されたサスペンスふうのミュージカルコメディ」で、それを近頃何かと名前をよく見る福田氏が演出しているのだけど、この演出が私には全くおもしろいと思えなかった。そもそも福田監督の映画やドラマを全然観たことがないので、内輪ネタとか盛り込まれても興ざめなどころか、ストーリー的にも唐突で違和感しかない。

また劇中で佐藤二朗さんがしきりと歌が苦手なことを言い訳し、あげくの果てには歌い終わったあとに「もっと精進します」的なことを言うのだけど、それは無いよね。テレビドラマと違って舞台は決して安くはないチケットを買ってわざわざ劇場に足を運んだお客が観ているのだ。「自信がない」とか「これで勘弁してね」とか本番の舞台上で言われてもなぁ。あれが佐藤氏のアドリブではなくセリフとして言わされていたのだとしたら、脚本も担当したらしい福田氏に対して嫌悪感しかない。今までも観たことなかったけど、今後もおそらくこの人が監督する映画やドラマを私は観ないだろう。舞台じゃなくて映像ならおもしろいのかもしれないが、もう「嫌い」になったから。

オセロー @新橋演舞場
180921オセロー1

某所に書いた感想 <「オセロー」観てきた。神ちゃん、すっごくよかった。VBBの時とは声から違っていた。かっこよかったなー。今後も舞台やるんだったらまた観に行きたい。>
<デズデモーナが階段を、ドタドタと他のどの演者さんより大きな足音たてて駆け上った時は、ちょっと興ざめした(笑)>

『Vamp Bamboo Burn』の舞台で初めて知った、ジャニーズWESTの神山くん(神ちゃん)。VBBの時はちょっと天然でカワイイ役だったが、この『オセロー』では野望と腹黒さを持った悪役イアーゴーをとっても上手に演じていた。さすが劇団☆新感線に呼ばれただけのことはあるなぁ。オセローは貫禄がありすぎて、イアーゴーの策略にはまって妻を疑い精神を病んでいく・・・ようには見えなかった(笑) デズデモーナ役の女優さんは某発泡酒のCMでさんざん「あざとさ」を見せつけられていたので、純粋無垢なデズデモーナとしてはミスキャストとか思ってしまった。そもそもこの女優さんが私は大嫌いなんだよね(あくまでも発泡酒とうどん屋のCMのイメージだけど)。

180921オセロー2

この日は2階席5列目の席だったが(公演日直前に会員ルートでゲットしたチケットなので、これは仕方ない)、新橋演舞場の2階席は見やすかった。ただこの日たまたまだと思うけど、2階席の観客のマナーが悪くて、開演前、場内の照明が落ちて暗くなってからも、ガヤガヤおしゃべりしたり、お菓子をガサガサ回しっこしてたり、挙句に遅れて入ってくる人多数。後ろの列に入ってきた人のバッグが私の後頭部にガツンと当たったが謝りもせず、で最悪だった。みんないい年したオバチャン達で、決して神ちゃんファンのジャニオタさんじゃないということは明言しておきます。(公演後に劇場前に観光バスが迎えに来ていたから、マナーが悪かったのはきっとあの団体さんだったのだと思う。何の団体だったのかな。)

新感線 RS メタルマクベス disc2 @IHIステージアラウンド東京
180928メタマク1

某所に書いた感想 <今までこの「回る劇場」では席に恵まれなかったけど、今回やっと、びっくりするほど前の方、円盤の縁に限りなく近い席で、ようやく「回る」座席の醍醐味を味わえました。オペラグラスも不要で役者さんの演技や殺陣を目の前で観られました。徳永ゆうき君が今回も「徳永君」の役だったので笑った。>

豊洲のぐるぐる劇場、回る劇場での観劇3回目。3回目にしてやっと、前から2列目と良席に当たった。前の方だから良席とは限らないけど、この回る劇場に限っては、なるべく舞台に近い方が前の席の人の頭で視界が遮られることがなくてよいのだ。あまりに近すぎて舞台全体の造りとかプロジェクションマッピングの映像が逆に見にくいというのはあったが、そこはdisc1の時にライブビューイングで観て概要は知っていたので問題なし。

席のことばかり言ってるけど、もちろんお芝居の内容もよかった。ただdisc2の尾上松也&大原櫻子ランダムスター夫妻もよかったんだけど、disc1の橋本さとし&濱田めぐみの方がより悲劇性とか悲壮感があった気がする。

ところでこの回る劇場(正式名称:IHIステージアラウンド東京)は「メタルマクベスdisc3」が最後の演目になるらしい。もともと期間限定で使用したあと取り壊されるとは聞いていたけど、劇団☆新感線の「髑髏城の七人」と「メタルマクベス」で終わってしまうのだね。客席が回るのは画期的ではあったけど、何度も言うけど、とにかく舞台が観にくい座席だった。回る客席を3回も経験したから、もういいよという感じではある。あと、劇場全体もいかにも仮設っぽくて重厚さや豪華さがないので「劇場に来たー!」という高揚感が感じられないのも残念な点ではあった。

もうなくなるから、記念に貼っておく。
180928メタマク2

あいかわらずの野っぱらだが、豊洲市場はオープンしたし、
ここもこれから変わるのかな。
180928メタマク3


イメージビデオの撮影

映画が好きで撮影現場を見たいというか、その雰囲気に触れたいがために、たまに映画やドラマのエキストラに行ったりしているのだけど、ある時エキストラとはちょっとまた違う撮影のお手伝いに行った。それはある美容雑貨の紹介ビデオで、なんと私はモデルをした!

募集段階では身体の一部だけの撮影のように書いてあったのだけど、いざ決定の連絡が来たら「全身が映ります」と言われた。あまり詳しくは書けないけど「孫がいるおばあちゃん」役で、ヘアメイクできれいにはしてもらったけど、メイクの最後にほうれい線を書き足された(笑)

イメージビデオなのでセリフはないが、表情やしぐさなどの”演技指導”はあった。「あ、その笑顔いいですね!」なんて言われたり、メイクさんが頻繁に前髪を直してくれたりして、いっぱしの女優さん気取りで「やさしいおばあちゃん」を演じていい気分だった(爆)

出来上がった映像はインターネットで観られるし、DVDに焼いて差し上げますとも言われたのだけど、いっこうにDVDは届かない。サイトを開いてみても新しい映像はあがっていない。うーん、お蔵入りしたのかな。謝礼は撮影当日にもらっているから、いいんだけど。

一応、守秘義務があるのだが、撮影から日にちが立ったし、映像はアップされないからもういいかな。そういうおもしろ体験もたまにはいいものですよ。

手作り布バッグ(といっても私が作ったわけではない、笑)

10月に実家に帰った時に、久々の帰省だったのでいろいろもらった物が多くて、行きは着替えなどを宅配便で1箱送ったのに、帰りは荷物が2箱に増えていた。

↓の手提げバッグもその1つ。
母の手作りで、縮緬の和柄の布でできている。着物を着た時に持つのに良いなと思い、母にねだってもらってきた。

181115バッグ1

母の手作りバッグは他にもたくさんあって、無造作に部屋の壁に掛けられていたのを、1つ1つ撮影してきた。どれも古布や酒布(酒袋)をリメイクして作ったもの。
実は私の家にも骨董市で買ったリメイク候補の古い着物や帯(布地や柄が気に入って買ったもの)があって、バッグに作り変えたいのだけど持ち手の付け方でちょっと悩んでいて、なので母が作ったバッグを参考にしようとメモ代わりに写真を撮った。そのついでに撮影大会になってしまったというわけ。

181115バッグ2

せっかく写真を撮ったのだけど、やはりブログに貼るとものすごく画質が落ちる。これはいろいろ試したけど致し方ないものらしい。ブログに貼るためにサイズを小さくしたりすると画質も落ちてしまうらしいのね。だから同じ写真だけど、instagramにも貼った。instagramならきれいなまま貼れるので。

だけどinstagramは過去の投稿を日時を指定して読み返すことができないし、画像のみなら保存(ダウンロード)することはできるけど、コメントの文章も含めてはできないらしい。(できるのかな?私が調べた範囲ではその方法がみつからなかった。)だからやっぱりブログにも書いておきたいと思ったりして、もうほんとにあっちこっちに書き散らしてる感もあるけれども、いまだ迷走中である。

渋谷ヒカリエ11階から見た景色

舞台観劇のため渋谷ヒカリエの11階にある、東急シアターオーブ/TOKYU THEATRE Orb へ行った。『渋谷駅直結 宙空のミュージカル劇場』だそうな。東急文化会館跡地にヒカリエができたのはいつだったかな?もう数年前になると思うが、この中に入っている東急シアターオーブに行ったのは今回が初めてだった。

劇場エントランスのある11階のロビー、2階席入口があるさらにその上の階は壁がガラス張りになっていて、渋谷の街と渋谷駅が見下ろせるようになっていた。11階からの眺めにすっかりテンションアップ!せっせと写真を撮ってきたのであった。思えば旧東横線渋谷駅が取り壊されて以来、今後の渋谷駅界隈の変化を見届けようとか言ってたはずだったしねー。

まずはロビーにあった模型。「渋谷駅周辺の再開発大プロジェクトが完了したら、こうなるよ」という未来図なんだろうと思う。白い半透明のが未完成のビルなのかな。

181116渋谷1

そして現在の渋谷駅を上から見たところ。
181116渋谷2

寄ってみましよう。
渋谷のスクランブル交差点、とその手前は山手線の線路。
181116渋谷3

こっちは銀座線。その向こうに東急東横店の西館。
線路の右側にあった東館は取り壊されて、
線路の左側に新しいビルがほぼ出来上がっている。
181116渋谷4

181116渋谷5

スクランブル交差点とその界隈はよく通るのだけど、こうして上から見てみるとビルが林立していて、その間のほそーい隙間を道路が通っているんだなあと思った。
渋谷駅周辺はこれからもまだまだ大きく変わっていくんだよな。これからもちょいちょい写真を撮っておこうと思う。

この日に観たミュージカルについては、また別記事で。


着付教室前半終了

10月から通い始めた短期の着付教室。10回のうち6回目まで終わった。5回目までが名古屋帯で、6回目から袋帯に入った。

帯の結び方で、標準パターンと、短い帯を使う時のパターンと2通り習った。私はこの短期10回コースを受講するのは2回目で、そういえば1回目の時も2通り習ったなぁと今さらながら思い出した。でもその2通りのやり方が頭の中でごっちゃになり、それで後から思い出してやろうとした時に「この時の仮紐は帯の上から当てるんだっけ?下にくぐらすんだっけ?」などと迷うことになってしまった。

1回目の時も一応メモをとったりしていたのだけど、それでも混乱してしまっていた。今回、やっと帯の締め方がクリアになってきたのは、今までに何度か自分で着てみて疑問点がはっきりしたから。そして2通りのやり方のどちらも正解で、どっちのやり方でも好きな方でやればいいんだってことで、たぶんもう迷わなくてすむだろう。

今まで今ひとつうまくできなかった、ポイント柄のお太鼓への出し方も、今回こそコツを掴めそう。着付10回コースの後半では敢えてポイント柄(お太鼓柄)の帯を持参して、コツの習得に励むことにする。

練習に使っている着物&名古屋帯
181116着付1

こちらはポイント柄の洒落袋帯
181116着付2

先日のお出かけコーデ。
181116着付3
着物、帯すべて母からのお下がり。


映画祭モードから年末モードへ切り替え

10月の東京中国映画週間、東京国際映画祭、11月の東京フィルメックスが終わった。今年は合計11本の映画を観た。映画の本数でいうと去年よりも多かった。映画祭期間は外出続きになるけど「一年に一度のことだから」と家のことなんかほっぽり出して出歩いて、あげくの果てに疲れ果てて、映画祭が終わったらボーっとしてしまう。今年もそんな感じ(笑)

でもずっとボーっとしているわけにもいかないので、頭を切り替えて次に向かわないとね。
実をいうともう既に、観たい舞台の発表が次々とあって今はチケットの手配で連日、頭を悩ませているところ。とりあえず欲しいチケットはなんとか手に入ったものの、今回は遠征になるので次は宿と足の確保をしなければ。

頭の中は遊びの予定をあれこれ考えつつも、一方で年末に向けて年賀状の準備やら大掃除やらも一応しないといけない。今年は断捨離も結構進んで、いろいろ整理したり処分したりしたけど、まだまだモノが多い。モノ減らしと大掃除を並行して頑張ろう!

ジム通いを続けたおかげかどうか、体力も更年期初期からするとだいぶん戻ってきた気がする。最近は肩凝りや頭痛がなくなった。肩凝りは若い頃から慢性的だったので、これが治るとは思いもしていなかったが、実際、今は肩凝りで悩むことがほぼない。(ここ数日は映画を観すぎて若干肩凝り気味ではあるが。) 調子がいい今のうちにあれこれ片付けておこう。

ということで、映画祭モードは終了で、今日からは家事優先でいきますぞ。

紅白。めでたい(笑)
IMG_20181105_143555.jpg

旅インスタ 「長崎佐世保編」完結&軍艦島の話

ちょうど一ヶ月かけて旅写真用 instagramに投稿を続けていた「長崎佐世保編」がようやく完結した。

私は生まれてから小学校1年生まで長崎県長崎市、小1から5年生まで佐世保市に住んでいた。その後、親の転勤で県外へ引っ越したが、私が大人になって実家を出たあとに両親だけまた長崎県に戻っている。というわけで、今回(行ったのは10月)は「旅」と言いつつ実は帰省だった。でも子ども時代にしか住んだことのない土地なので、私にとってはやっぱり旅行気分だった。

子どもの頃に何度か行ったことのあるところ、または今回初めて訪れたところ、いろいろあったのだけど、やはり生まれた土地には愛着があり、instagramに投稿する際も海外旅行の写真とは違う感慨とこだわりがあった(自分の中では)。

そんな「長崎佐世保編@instagram」はコチラです。→旅の写真instagram

軍艦島(端島)に上陸できなかったのが、唯一残念だったなぁ。私が行く少し前に島の桟橋と見学用の通路が台風の被害を受けて、今も上陸が禁止されている。タイミングが悪かった、と思ったけれど、調べてみたら今年の7月にもやはり台風の被害を受けて一時上陸が中止されていたらしい。それでなくても悪天候で上陸ができなかったり、船が出なくて周遊すらできないこともあるので、軍艦島への上陸はほんとに運次第ということ。

つい先日のニュースでは、上陸が再開できるのは来年の1月下旬になる見込みだとか。上陸が再開されたら、またぜひ行ってみたいけど、その時も上陸できるかどうかはお天気次第。なんとかリベンジしたいけどね。

軍艦島では人が住んでいた当時から、大きな台風が来て被害を受けるのはよくあることだったようで(なにせ島の端っこの海すれすれのところまでアパートが建っているから)、今や廃墟となっている島のコンクリートの建物群もそうそういつまでも今の状態を保っているとは思えない。そのうち建物たちがどんどん崩れて永久に上陸できなくなるかも。そう思うと、「早く行かなければ!」と思うのだ。

今回、上陸できなかったとはいえ、船で間近まで行って、この目で廃墟の島を見てこられたのは、やはりよかったと思うべきなのかもしれない。海はベタ凪で船が全然揺れなくて船酔いもしなかったのは幸運だったといえるだろう。おかげできれいな海と空と軍艦島の写真も撮れた。


話は変わるが、長崎のスーパーでは「皿うどん」のお弁当を売っている。「かた焼きそば」ではなく「皿うどん」だよ。私はもちろん「皿うどん」は大好き。幼い時に食べた長崎の「豚まん」と、それから「皿うどん」と「ミルクセーキ」と、そしてそして長崎の観光スポットでよく売っているアイスクリン(「ちりんちりんあいす」というらしい。下の写真参照)が私の脳ミソに染みついた「長崎の味」である。

IMG_20181016_183240.jpg

IMG_20181016_152054.jpg
眼鏡橋の横で売っていた「ちりんちりんあいす」(の屋台)

旅の写真instagramでは、次回投稿から再びベトナム旅行の写真をアップしまーす。

手作り布バッグ(第2弾)

先日、母の手作りバッグの写真をあげたが(↓過去記事)
手作り布バッグ(といっても私が作ったわけではない、笑)

母から別の手作りバッグの写真が送られてきたので、これらも見てあげてください(笑)

バッグ5

バッグ3

上のバッグの裏側
バッグ4


 | ホーム | 

【楽天】へGO!

にほんブログ村へのリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

ブログ村新着記事

【amazon】へGO!

QRコード

QRコード

タグ一覧

多肉 着物 カフェ 寄せ植え 渋谷駅 断捨離 着付け セダム 五十肩 ミニバラ タイトゴメ ブロンズ姫 エアプランツ 火祭り 虹の玉 エケベリア ラミュウム 花うらら ハムシー ツルニチニチソウ ニチニチソウ  冬美人 中目黒 白牡丹 半幅帯 桜吹雪 微紋玉 ブーゲンビリア 七宝樹 植え替え 緑内障 アーモンドネックレス 花見 青雲の舞 ジェットビズ ロゲルシー ポロックス 七福神 ヒューケラ テラリウム リメイク 駒込 巣鴨 オレンジX セスキ 収納 無印良品 恵比寿ガーデンプレイス シマトネリコ ハイビスカス コピア ビオラ リメ缶 ポリゴナム アボカド シンプルライフ ミニマリスト 持たない暮らし 京童子 重曹 飛蚊症 マンエングサ ゴールドビューティー キッチン ドライアイ ペパーミント ホームメード 舞台観劇 コンサート クリスマス 引き出し 子宝草 浴衣 果実酒 ポーチュラカ 銀座 お土産 紅茶 エメラルドウェーブ 介護 梅酒 インド ハンドメイド 朝ドラ マンネングサ 十二の巻 メキシコマンネングサ カネノナルキ センペルビウム エスニック料理 舞台 ガーデンシクラメン クエン酸 セスキ炭酸ソーダ オーロラ ペチュニア 恵比寿 リーディンググラス 胡蝶の舞 月の王子 浅草 サンバースト アイビー タイ料理 アジアン料理 エスニック 目黒川 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...