Honey Bee * Lemon-お気楽主婦日記-

50代パート主婦の近況報告兼備忘録。すっきりシンプルライフが理想だけど現実は日々ごちゃごちゃしています。

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

プロフィール

Author:meiry
2011年に自宅をほぼ全面リフォームし、今もこつこつ家の中を片付け中(難航中)。
趣味はガーデニング、キモノ、PC・スマホ関連、映画、舞台、中華エンタメ、ヴィンテージ雑貨、旅行などなどまだ増えるかも。

2019年4月より夫婦二人の生活になりました。

インスタもやってます。
日常の写真↓
Instagram

旅の写真↓
Instagram

別館ブログ 『meiry's 旅日記』

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

アラウーノの泡が出なくなった。

うちのトイレ、アラウーノといって泡が出るトイレなんだけど、洗剤を補充しても泡が出てこない。

調べてみたら、長く使っていると洗剤が固まってノズルが詰まってしまい、泡が出なくなるそうな。洗剤タンクにぬるま湯を入れてノズルを洗うといいらしい。

とここまでネットで調べてわかった。うちに取説もあるのに、読みもしない(苦笑)
だって2階の本棚まで取説を取りにいくより、目の前の箱(パソコン)に聞いた方が早いんだもの。

リフォーム時にトイレをアラウーノにしてもうすぐ4年になる。これまでお掃除も楽だし、何の不具合もなく、とても気に入って「アラウーノにしてよかった!」と思っていたけど、なるほど、こういう落とし穴があったか。

メンテナンスして、また泡が出るようになればいいけど。ネットには「部品を取り換えた」なんて話もあって、それだと修理代がかかるよね。

うだうだ考えていないで、まずはその「ぬるま湯でノズルを洗う」っていうのをやってみればいいわけだ。うまくできるかなあ。今日はもう主婦業務完了につき、それは明日。

------------------------------------------------------------

家の中で育てている葉っぱ達、大集合。今日は葉っぱたちの整理をした。
IMAG3148.jpg

植え替えたり、株分けしたり、水栽培していたのを土やハイドロに植えてやったり、などなど。
窓の桟など狭いところ、ちょっとした出っ張りに置くので、小さいものばかり。大きな観葉植物とか置いてみたいけど部屋が狭いのと、1階は陽当たりが悪いからね。あー憧れのウンベラータよ・・・。

新車到着。だけど。

IMAG3079.jpg

自転車屋さんの株主優待券をもらったので、10年使ったマイ自転車を買い替えた。今まで乗っていたのはすごく頑丈だったけど重かったので。
通販専門の自転車屋さんで、ほぼ完成状態で家に届いたのだけど、ハンドルの高さと向きを変えて、ペダルを付けるという最後の行程だけを自分でやるというもの。そのための六角レンチとスパナも付属していた。
さっそく仕上げの行程をやって乗ってみようと思ったのに、あれ?六角レンチが細すぎて全然ネジが回らない。スカスカしている。どうにもならないので、「もっと太い六角レンチを送ってください」とメールしたら、「すみません、すぐ送ります」と返事が来た。

というわけで、せっかく届いた新車だけど、まだ乗れてない。他にも困ったことがあったりして気分が落ち込んでいたので、たったこれだけのことだけどすごくガッカリ。

その上さらに追い打ちをかけるようなことが。またもやDVDプレーヤーのリモコンが壊れた。といっても、メインのではなくて、滅多に使わないリージョンフリープレーヤーの方だけど。今持ってるやつの前の機種も本体じゃなくリモコンがダメになった。それで買い替えたのに、また?と落ち込む。
今回は原因ははっきりしていて、電池が液漏れしたから。

IMAG3080.jpg

これね、アルカリ電池を入れっぱなしにしておくと、こうなるらしい。前にテレビのリモコンも同じようになったことがあって、いろいろ調べたら「リモコンにはアルカリ電池ではなくマンガン電池を使うべし」とあった。テレビのリモコンはヤフオクで見たら同じものを売っていたので、買い直して事なきを得て、今はマンガン電池を入れている。その時に他の全てのリモコンもチェックすればよかったんだよね。

リージョンフリープレーヤーなんてアヤしいものは、そういうアヤしいものを扱っているお店で買ったので、リモコンを再購入できるかどうかもアヤしい。でもだからってまた本体ごと買い替えるのも勘弁して欲しいので、なんとか手立てを考えよう。(この手の機械って、本体にはほとんどスイッチ類がなくてリモコンで操作するようになってるから、リモコンが使えないとほとんどの機能が使えないことになる。)

ああもう、最近こういう事ばっかりで脳ミソが疲れるわ。ボケボケしてないで頭も使えってことかしらね。
そうそう、この際、家中のリモコンの電池をチェックしてマンガンに替えよう。家中のリモコンを集めたら結構な数になるだろうな。

※今、念のため再度調べたら、リモコンでも説明書などで「アルカリ電池を使うように」と推奨しているタイプもあるそうで、そういう場合はアルカリ電池を使った方がいいそう。要するに一気に大電流を使うような機器はアルカリ電池、小電流をちびちび使うような機器(リモコン以外にも掛け時計とか)はマンガン電池が適しているそうです。

【続】天井裏に何かいる!

旅から帰ってきたが、留守中も不審な物音はしなかったそうなので、穴をふさいでおいたことで何者かは侵入できなかった模様。それでも本当にその通気口が侵入口なのか、そして「何者か」は何なのか、ネズミなのか、ハクビシンなのか、はたまた別の生き物なのか、確かめてもらうために予定どおり保健所の人に来てもらった。

保健所から2名1組でやってきた担当の方と玄関先で話をしていたら、ちょうど隣の奥さんが外出から帰ってきて、「どうしたの?」と声をかけてきた。「何か家の中にいたみたいなんです」と言ったら、なんとその奥さん、一発で「あ、それハクビシンじゃない?私、見たのよ!」と衝撃発言!!

奥さんが目撃したのは去年のことらしいが、庭のブロック塀(それは我が家の敷地との境目に立っている)の上を歩いているところを見ただけでなく、写真まで撮っていて、スマホに入っているその写真を見せてくれた。なんとまあ上手にはっきり撮れている写真に写っているのは、鼻に白い線がはいった狸みたいな生き物。それを保健所の人に見せたら「あー、ハクビシンですね。この近辺にもいるんですよ。」と。奥さんが二度目に目撃した時は、子供も連れていたそうだが、その親子連れの写真は撮りそこなったそうな。ともかくハクビシンが二度も出没していたとは。

そんな話を隣の奥さんとしている間に、保健所の人は家の周囲を調べてくれて、「壁もしっかりしているし、軒先などにもスキマはない。なので、侵入口はあの床下の通気口で間違いないでしょう。でも上手に板でふさいであるから、もう入ってこないんじゃないですか?」とのことだった。

肝心の何者かの正体だが、保健所の人は「ハクビシンは身体が大きいので、床下から入って壁の中を伝って天井裏に行くことは考えにくく、普通は軒下のスキマなどから家の中に入る。だから今回はネズミだったのでは?」と言うのだけど、一方で「もしハクビシンだったらトットットッという足音ではなく、ズサーっと何かをひきずるような音がするんですよ」とも。その「ズサー」はまさしく私が聞いた音だ!あれ、きっと尻尾をひきずる音だったんじゃないかな。

また「家のリフォーム時に、壁に結構びっしりと断熱材が入っているのを見たんだけど、あれを食い破って壁の中を登ったんでしょうか?」と聞いたら、「ガス管や水道管が通っているところは断熱材が入っていない。そういう空間を通る場合もあるんですよ。」と。なるほど。うちは今は使用していないが、暖房用のガス管が1ヵ所だけ2階まで通っている部分がある。あそこを通ったのかも。大人のハクビシンは無理でも、子供ならパイプの脇を通って天井裏まで行けたのじゃないかなーと思い、やはり「ネズミでは?」というのには納得できない私。

ところで、ベニヤ板でふさいだ通気口だけど、「このままで大丈夫でしょうか?」と聞いたら、通気量はたいしたことないので1ヵ所くらい完全にふさいでしまっても、他に数か所あいているなら大丈夫。ベニヤ板だけど、あれでしばらくはもつでしょう。」と言ってもらえて安心した。心配なら金網や金属製の格子を付けるといいと、参考資料のプリントをくれた。保健所は施工まではやってくれないので、近所の工務店にでも頼んで下さい、とのことだった。

ともかく何はともあれ、それ以降、何者かの侵入はない様子なので、ほんとに一安心。保健所の人にもいろいろ教えてもらえたし、偶然にも隣の奥さんからハクビシンの目撃情報と写真まで見せてもらって、何かと納得できたので、ほんとによかった。

さて、それでは、これでもどなたかの参考になるかと、うちの通気口の写真をば。
このように、地面とちょっと出っ張った壁の間にうまい具合にベニヤ板をはめこんだので、逆にはずそうと思ってももう簡単には取れなくなっている。
150303換気口2

そして、下は本来の通気口(これはお隣さんの通気口)。うちもこれと同じ形の通気口があるのだけど、この写真で見ると格子ががっちりはまっているのに、うちのは1ヵ所だけ格子がなくて、ぽーんと開いた状態だったわけ。
150303換気口1

「早く気がついて対処できてよかったね」と言われるのだけど、あの物音だと気がつかないわけにいかないよ。田舎の古い家で育ってネズミの足音には慣れているオットも「これはネズミではないだろう」と言うほどの激しさだった。やっぱり私は「ハクビシンだった」とあくまでも思っている。

天井裏に何かいる!

ちょっと困ったことが、まだ他にもあった。でももう解決済だけど。

ちょうど旅行に出かける3日前だった。
雨が降って寒かった日の午前中、1階の天井裏で明らかに何か生き物が動く音がした。天井のこっちからあっちへ、移動していく足音。下から棒で天井を「どん!」とつついたら、ガサガサッと動いた。1階の天井と2階の床の間に「何かいる!」

近所の友達で、エアコンを新しく設置したか何かで工事をした時に、穴をきちんとふさがなかったら、とたんにネズミに入られたという人が以前いた。ネズミ取りを仕掛けたら、見事にネズミが捕れたんだそうな。だからこの近辺にネズミがいることは知っている。ネズミなのか?ただ、音が異様に大きいので、なんだかネズミではないような気がした。ネットでいろいろ調べたところ、「ハクビシンではないか?」という疑いが浮上。

その生き物は明らかに夜行性で、夜になると大暴れしだした。ネズミみたいな「タタタッ」とかいう音ではなく、もっと激しい。2匹いて相撲でもとっているのじゃないかと思うくらい「どすん!」という音がする。夜中、家族が寝静まった後に一人で1階にいて、その音を聞いていたら、心臓がどきどきして、もう一日も耐えられない気がしてきた。そのうちには「ちょろちょろちょろ」と水が流れる音が!「オシッコしていやがる!!!」 時々ザザーっと何かをひきづる音もする。「キューキュー」という鳴き声もかすかに聴こえた。その夜はほとんど眠れなかった。

とにかく一刻も早く出ていってもらわないと、このまま天井裏でオシッコをされ続けて天井にシミでもできたらかなわない。うちはリフォームしてまだ3年、天井に貼られた壁紙はまだ真っ白なのに!
ネットで最初は駆除業者を検索していたのだけど、ハクビシンだとしたら捕獲するには自治体の許可がいるということだったので、区のHPも見てみた。そうしたらネズミとかハクビシンがいた場合、保健所で相談にのってくれることがわかった。

さっそく保健所に電話。まずは侵入口がどこなのかを特定するため、家の外側を調べに行きますとのことだった(この場合、家の中を調べてもどうにもならなくて、外側を見ないとダメなんだそう)。しかしあさってには旅行に出発することになっている。息子達が留守番でいるにはいるが、彼らに対応を任せるのはどうも心もとないし、そもそも昼間は出かけるので保健所対応は無理。仕方ないので旅行から帰ってから調査に来てもらうよう予約した。

何者かは、時々家の外に出ていくらしかった。静かになっているので「もういなくなったのかな?」と思っていると、また帰ってきたのか音がしてガッカリ。そんなことを繰り返しているうちに、振り続いていた雨が上がった。保健所の人が来てくれるとはいうものの、自分でも調べてみようと思い、家の周囲をぐるりと見て回っていたら、全部の通気口に格子がついているはずなのに、なぜか1ヵ所だけ何も付いていないところがあった。縦10センチ、横20センチくらいの穴がぽっかり開いている状態。侵入口はここだ!(なぜここだけ格子がついていないのかは不明)

ちょうどその時、何者かはお出かけ中のようだったので、穴をふさぐなら今だ!ベニヤ板の切れ端でちょうどいい大きさのものがあったので、地面を少し掘ってベニヤ板の下辺を数センチ埋めるようにして穴をふさいだ。うまい具合にガッチリはまって固定された。
このベニヤ板は家のリフォーム前に小さい棚を自作した時に棚板として使っていたもの。これらのベニヤ板や木切れを捨てずにとっておいたのを、「これも断捨離した方がいいのかな」なんて思っていたけど、やっぱり捨てなくてよかったよ。

こうして穴をふさいだ後は、何者かが戻ってきた気配はなかったので、ひとまず安心して旅行に行けることになった。念のため、時々1階にいて天井裏で不審な音がしないか確認するよう息子たちに頼んで、旅行へ出発した。

さてこの後の顛末は、長くなったので次回に持ち越し。つづく。

「椅子のくつ下」をはずれなくする方法

いつか書こうと思って画像をとっておいたネタ。今は“冬眠中”でブログに書くネタがないので、今こそと思い出して書いてみます。

去年の夏に娘宅に滞在中のこと。食卓椅子に履かせている「椅子のくつ下」が一度洗濯したら伸びてしまい、輪ゴムでとめてもすぐにすべって取れてしまう、と娘が困っていた。
「椅子のくつ下」には床に傷がつくのを防ぐという用途のほかに、階下に椅子を引く音が響くのを防ぐという目的のためにも必須のものなのだそうな。

よくわからないけど、パンダの絵なのだ。
P1090410.jpg

そこで100均で買ってきた「滑り止めシート」を細く切って、椅子の足に巻き
P1090412.jpg

その上に「椅子のくつ下」を履かせる。
P1090411.jpg

念のためにさらに輪ゴムで止める。これでもう「椅子のくつ下」は脱げなくなった。
P1090413.jpg

いかがでしょうか。全く脱げなくなったので、これは使えるワザです。お試しあれ。
(「滑り止めシート」は玄関マットやキッチンマットがすべって動かないように、マットの下に敷くもの。)

私が一連の作業をしながら写真を撮っていたら、孫ちゃんが自分のおもちゃカメラを持ってきて、真似して撮影していた。おもちゃだけど、液晶画面があるし、撮った画像データはカメラ内に保存されるという優れもの。これで撮影の腕を磨けるといいね。

P1090409.jpg

にほんブログ村 トラコミュ 家事が楽しくなるモノ・工夫へ
家事が楽しくなるモノ・工夫

ズボラな掃除嫌いには必須条件=「取り外して丸洗い可能」

先日のお休みの日に、ふと思い立ってキッチンのグリルの掃除。

家の全面リフォームをした時に、キッチンには念願のIHクッキングヒーターを入れた。IHについては「電磁波がどうのこうの」とか「やっぱりガスの火力には及ばない」とかいろいろ言われているが、そんなことは無視してでも、どうしてもIHにしたかったのは、ただただ「掃除が楽だから!」に尽きる。ガス台と違って五徳がないので、サッと拭くだけできれいになって、ほんと楽。私にとっては「掃除が楽」は何ごとにも代えがたい、無敵の評価ポイント。

しかし本日はIHクッキングヒーターの掃除の話ではなくて、その下についているグリルの話。ここはいわゆる「魚焼きグリル」というものかと思うが、私はここで魚を焼いたことは一度もない。(ちなみに以前のガス台にも「魚焼きグリル」があったが、そこでも魚は焼いたことがなかった。)魚は塩サバでもブリの照り焼きでも、なんでもフライパンで焼くから。サンマだって半分に切ってフライパンで焼いちゃう。フライパンにフタをすれば煙も出ないし、フライパンに「油なしでもくっつかない魚焼きホイル」を敷けば焦げ付かないから。

いやいや、だから魚焼きの話じゃなくて、グリルの話だった。
ではグリルで何を焼くのかというと、グラタンとか(高さがギリギリではあるが、なんとかグラタン皿も入る)なんだけど、うちで一番よく焼くのはトーストですな。食パンなら一度に4枚並べられる。それでオーブントースターは要らないじゃないかということになり、キッチンが新しくなった時にオーブントースターも買い替えるつもりだったところを購入を取りやめた。

そういうわけで、普段はパンくらいしか焼かない(魚は絶対焼かない)ので、それほどグリルが汚れることもないのだけど、たまには掃除しようかと思ったわけ。それでグリルのガラス扉を裏からしげしげと見ていたら、どうやら取り外しができるのでは?と気がついた。もちろん取扱説明書を読めば、当然取り外し方とかもちゃんと書いてあるのだろうが、取説はほとんど読まない。でも読まなくてもわかったわ。ってことで扉をはずして、中が丸見えになった状態がこちら↓

130429グリル-1

扉はじゃぶじゃぶ丸洗いして、乾かして元に戻した。

130429グリル-2
ピカピカ~! レンジ周りのごちゃごちゃには目をつぶってね~

うちでは、電気保温ポットのフタもパカッとはずして洗える仕様。そういえば、買うつもりだったオーブントースターも『扉が丸ごとはずして洗えます』というところが気に入って購入予定にしていたっけ。「取り外して丸洗い」は最高だね!

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(施主)へ

«  | ホーム | 

【楽天】へGO!

にほんブログ村へのリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

ブログ村新着記事

【amazon】へGO!

QRコード

QRコード

タグ一覧

多肉 着物 カフェ 寄せ植え 渋谷駅 断捨離 着付け セダム 五十肩 ミニバラ タイトゴメ ブロンズ姫 エアプランツ 火祭り 虹の玉 エケベリア ラミュウム 花うらら ハムシー ツルニチニチソウ ニチニチソウ  冬美人 中目黒 白牡丹 半幅帯 桜吹雪 微紋玉 ブーゲンビリア 七宝樹 植え替え 緑内障 アーモンドネックレス 花見 青雲の舞 ジェットビズ ロゲルシー ポロックス 七福神 ヒューケラ テラリウム リメイク 駒込 巣鴨 オレンジX セスキ 収納 無印良品 恵比寿ガーデンプレイス シマトネリコ ハイビスカス コピア ビオラ リメ缶 ポリゴナム アボカド シンプルライフ ミニマリスト 持たない暮らし 京童子 重曹 飛蚊症 マンエングサ ゴールドビューティー キッチン ドライアイ ペパーミント ホームメード 舞台観劇 コンサート クリスマス 引き出し 子宝草 浴衣 果実酒 ポーチュラカ 銀座 お土産 紅茶 エメラルドウェーブ 介護 梅酒 インド ハンドメイド 朝ドラ マンネングサ 十二の巻 メキシコマンネングサ カネノナルキ センペルビウム エスニック料理 舞台 ガーデンシクラメン クエン酸 セスキ炭酸ソーダ オーロラ ペチュニア 恵比寿 リーディンググラス 胡蝶の舞 月の王子 浅草 サンバースト アイビー タイ料理 アジアン料理 エスニック 目黒川 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...